かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学4年)」の父(57歳)です。

20200711_120530

レイアウトを作成する場合、避けて通れないのが「パラスト」問題。

以前、実際にバラストを敷いたりしたのだが、道床付レールの普及とともに、「ベニヤ平原」をどうするか?との闘いでもあった。

かつて、数十年前「鉄道模型趣味」で、プロのデザイナーの作成した「下地を全て黒としたレイアウト」を見てから、それを参考としたレイアウトを模索し、さらに、他の方々のベースを参考にしたりして、最終的に行きついたのが「サンドペーパー」を使用した「疑似バラスト」。

とりあえず、「費用対効果」「労働力対効果」を考えると、これで良いのではないかと考えている。

20200711_130239

そして、以前から「貧弱」だった、中央駅入口の線路。

今後は、車両留置線側を押さえて、壁を「らしく」作ることですな。

20200711_130454

これで、中央駅そのものは、「それらしく」できたような気がします。

今後は、「生活感」を出すことなのだろうが、それは、多分もう少し先?

20200711_130637

その前にすることが、壁面の線路の情景。

新幹線の線路をそれらしく見せることと同時に、その下を走る線路を「隠しながらも万一の時に脱出させる必要がある」わけで、このようなストラクチャーを並べることになるのだろう。

で、その間の道路は「既製品」を購入しても、あまり目立たないことから、「印刷」の方策を模索。

多分、4車線よりは2車線に「道路を狭く見せる」が良いのだろう。

具体的には、手前の駅側の線路→手前の駅側にあるビル群→道路は2車線→上図(新幹線手前)のストラクチャー→高架・地平の2段線路までに隙間ができれば、その間に狭い路地を設置・・・ということになるのかもしれない。

そして、その後ろの壁には「富士山」が張られる予定。

「ビー、アンビシャス!」か?

20200711_140855

2020/07/11予讃線伊予和気~三津浜間9M

アンパンマンではなく、イッパンマン(=一般車両)列車でしたな。

L編成もS編成とも一般車両ということは、運用上の問題なのでしょうな。

さて、今日は「雨」の天気予想だったのだが、9時から16時頃までは雨が降らないようだったので、14時頃から出撃。

2020-07-11 (22)

また、気温が低いこともあり、速度を落として20キロ試走へ。

結果として、記録はともかく、今まで長距離試走ができなかった理由は「体調不良」や「体感上の問題(腰痛等)」ではなく、単に「心肺問題」ということが分かったのが今日の収穫。

2020-07-11 (23)

ただ、先日木曜日もそうだったのだが、特に今日のガーミンの心拍数は「完璧に壊れている」ようですな。

これが一時的なものなのか?それとも「修理を要する」ものなのか?とりあえず、明日の行軍の様子を見ましょうか。

ちなみに、上図心拍数が「新幹線」に見えるのは私だけ?

16:190:06,20123128
26:000:12,20130132
35:540:18,14128135
46:140:24,29136138
56:090:30,380:30,38140142
66:040:36,43144145
76:010:42,45145145
86:110:48,56145145
96:060:55,03143145
105:531:00,560:30,18145145
115:501:06,47145145
126:061:12,53145145
136:041:18,58142145
145:521:24,51145145
155:471:30,390:29,43145145
165:521:36,31145145
175:481:42,20145145
185:551:48,15145145
195:221:53,38145145
204:501:58,280:27,49145145
20.10:591:59,28140145

さて、ようやくこれで20キロ試走ができたわけだが、これではまだまだですな。

とはいえ、(失礼ながら)やんやんさんも、2年前の7月7日20.3キロ試走で2時間5分58秒で走られておられるわけで、まだ悲観する域ではないと思うことにしよう。

ac33ae3b

2020年7月第2週のパソコン価格

●ノートパソコン(価格コムを参考)
対象パソコン:FMV LIFEBOOK AH77/D3(2019年10月発売分)
CPU:Core i7 9750H(Coffee Lake Refresh)2.6GHz/6コア
メモリ:8GB(DDR4 PC4-21333)
ストレージ:HDD:1TB+SSD:256GB
OS:Windows 10 Home 64bit
オフィス:Microsoft Office Home and Business 2019
光学ドライブ:ブルーレイ

価格:147,918円(税・送料込、前週148,257円)

ここへきて、ようやく14万円台で落ち着くようになりましたな。

なお、現在の妻専用機(HpCompaq dc6300デスクトップ)に支障が出た場合は、この機種を参考に購入することになりそうなので、ノートパソコンの相場を知るという意味で、しばらく続けようか。

●デスクトップパソコン(パソコン工房を参考)
対象パソコン:STYLE-M1B7-i5-UHS(ミニタワー)
CPU:インテル(R) Core i5-9400 プロセッサー (2.9-4.1GHz/6コア/6スレッド/9MBキャッシュ/TDP65W)
メモリ:16GB DDR4 SDRAM(DDR4-2666 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB) )
ストレージ:HDD:2TB、SSD:240GB
OS:Windows 10 Home 64ビット
オフィス:なし
グラボ:NVIDIA(R) GeForce GT 1030 [HDMI×1・DisplayPort×1]
価格:107,373円(税別・送料込・3年保障込)前回108,559円

先週より下がったが、先々週よりは高い。これは、パソコン構成が毎週変わっていることもあり、まあ誤差の範囲だろう。

次回メイン機は3年の保証期間が過ぎ、現在3年3か月で、現在の物色は、2023年3月の退職前にメイン機が壊れた時のものを予定。

もっとも、2023年4月以降になると、多分Core i7を購入し、SSDは480GB、オフィスはWPSにして13万円台になるのだろう。

さて、中古パソコンの部。

対象パソコン:富士通 ESPRIMO D583/H(2014年10月出荷開始)
【CPU】Core i3 4130 3.40GHz
【メモリ】4GB(PC3-12800、4ソケット、MAX16GB)
【ストレージ】HDD1TB
【出荷時OS】Windows10 home 64bit
【ドライブ】DVD-ROM
【価格】9,800円(税込・送料無)前週9,800円(税込・送料無)

先週と同額。まあ中古の場合そんなものだろうし、価格そのものも悪くはない。

最近、ジャンクワールドサイトがリニューアルされ、その間にamazonサイトと併用したことがあるのだが、送料が同社とamazonで異なることと(後者は送料無料の商品もある)、後者はキャッシュレス割引があるから、当面は送料無で掲載。

単純比較ならば、amazonの方が安くはなるが、前者はパソコン無料引取りもあるし、一方で今の時代は別の引取業者もあるし・・・でいろいろな選択肢はある。

まあ、当面購入予定はないから、これはこれで問題なし。

ちなみに、現在D583が2014年10月出荷、D586が2015年10月出荷になっている。

もっとも、Windows10対応を考えれば、D586のリース切れまで、あと最低1年後というところか。

実際には、2024年4月頃、新パソコン購入を機に、古いパソコンで無料処分するため、上記の中古パソコンを購入して、引取伝票を送ってもらうことになるのだろう。

で、メモリの部。

価格は、PC4-21300の8GB、PC3-12800の4GBともに「価格コム(税・送料込)」を参考にする。

●PC4-21300:8GB 3,620円(前週3,390円、税・送料込)

●PC3-12800:8GB 4,056円(前週4,056円、税・送料込)

●PC3-12800:4GB 2,170円(前週2,170円、税・送料込)

今は「買う時期ではない」ようですな。

個人的には「ノーブランド」で十分なのだが、PC4-21300については、どちらかと言えば、ショップで直接買う方が無難かもしれない。

まあ、当分秋葉原へ出かける予定はないのだが・・・というより、出かけられないのだが・・・

つまり、メイン機のメモリ増設(12→16GB)の場合は、直接ショップ物色、メイン機に万一のことがあって、急きょ元メイン機を稼働させる場合は、ノーブランド製品で8→12GB又は16GBへの増設ということになるのだろう。

DSCN1960

先日ポチした中央駅のホームが到着。

というわけで、早速設置したわけだが、183系1000番台の9両編成は、こうしてみると、かなり長く感じますな。

DSCN1962

エンド方向。

実は、新幹線ホームの向こう側は「お茶を濁し」ている。

というのも、どのみち16両編成のN700系A新幹線は収まるはずがないし、E5系はエンド部分の「壁」を切らないと、車両が衝突するため、トミックスの(狭い)ホームにしている。

それにしても、新幹線ホームは既成のホームでは、どうやっても長さが合わないのはなぜ?

DSCN1963

在来線3編成を並べてみました。

9両編成だと余裕で収まるのだが、10両は・・・というところ。

まあ、前述のとおり、我が家の鉄道模型は基本9両編成までに収まる購入をしているから、特に問題はなかろう。(問題がありそうなのは、153系の10両、583系の10両、ブルートレインを含む客車列車、但し、ブルートレインは機関車を含み8両編成を想定した購入をしている。)

さて、明日からの週末は、線路に疑似バラストを敷くことですかな。

20200709_155508

最近雨が多いですなあ。

今週末は土日とも雨の天気予想ではあるが、そういう昨日も「雨」と言っておきながら、夕方は普通に走れたわけだから、週末も「隙あらば」走るだろうし、走れなければ普通にジムトレという方法もある。


さて、昨日はなんとなく疲れていたこともあり、1キロ減の、1キロジョグ+6キロラン。

そして、3-4キロ、4-5キロをキロ4分ペースで走って、ラスト1キロはインターバル走。

15:540:05,551201275:35
25:240:11,191311375:08
35:090:16,291381434:57
44:380:21,071441484:34
54:410:25,490:25,491471514:37
65:530:31,420:25,471361644:12
6.11:190:33,01129144

結果として、ようやく1キロ4分40秒を切れたなあ。

長かったなあ。

でも、この程度でぜいぜいでは、まだまだだなあ。

でも、まだ時間はあるなあ・・・と思う今日この頃。

そして、来週月曜日は、心臓の通院日で、昼から休暇。

20200705_145754

最近64bitディストリビューションの対応ができるようになったため、Debian系を中心にインストールをしている。

KDE neonは、英国産のDebian、Ubuntu(LTS)系ディストリビューション。

(1)パッケージ管理方法・・・DEB
(2)デスククトップ環境・・・KDE Plasma
(3)バージョン:20200702(2020年7月2日リリース)
(4)インストーラー・・・グラフィック

Debian、Ubuntu系で、なおかつグラフィックインストーラー、そして、最初の段階で言語選択の中に日本語が存在する。

ただ、今までの経験上、KDE Plasmaといえば「もっさり感」というイメージだけが残る。

具体的にいえば、起動時のメモリ使用量は0.5GB程度だったら、普通は軽快に稼働するが、多分グラボの方に依存しているというイメージがある。

だから、SolydXKの場合もKDEであるSolydKは見向きもせずXfceであるSolydXを稼働させていたくらいだ。

ただ、本家KDE neonはそこまでの「もっさり感」は感じず、案外使えるディストリビューションのような気がする。

もし、LinuxMint20のインストールに失敗したならば、検討余地のあるディストリビューションになりそうだ。

DSCN1949

中央駅のポイントを整備したところで、実際に183系1000番台電車で運用してみます。

まずは、車両留置線から中央駅1番ホームへ回送。これは外回り線内側のパワーパックからの通電。

DSCN1958

ホーム向こう側へ出発。

DSCN1952

途中、中間駅で103系とE231系500番台が待機。前者ならば35年以上前の情景、後者はさすがにあり得ないか。

DSCN1954

外回り線を一周して、ダブルクロスを渡り、外側3番ホームへ到着。この場合は、内側と外側のパワーパックの調整が必要。以前のようなデュアルキャブコンは複雑になるのでやりません。

一方、E217系は、その間に外側を一周して4番通過線へ移動。

DSCN1955

外側を一周して、再び3番ホームへ到着した後、再び内側と外側のパワーパックの調整をして、向こう側、つまり再び内側エンドレスへ移動。

DSCN1959

183系が一周する間に、E217系も外側を一周して、再び元の場所へ到着。

これで、183系1000番台は運用終了。

なお、この場合183系1000番台が3番ホームへ到着後、内側はもう1列車走らせることができます。

というわけで、簡易な配線ながらも、結構楽しめるようになりました。

↑このページのトップヘ