かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(55歳)です。

20180527_172017


2018/05/27予讃線伊予和気~三津浜間15M

4月以降、先週を除き実母の見舞いで今治へ出かけているわけだが、たとえ片道1時間でも運転すると、それなりに疲れる。

しかも、よく考えると、日曜日にランニングをしたのは、実に5週間ぶりであった。

その間雨というのが多かったのだが、実のところ、それを理由に昼寝をしたということもあったものだ。

というわけで、今日のところは、さすがに10キロというのはまずいが、伊予和気駅までの11キロだろうと、運転免許センターへの道路までの13キロだろうと、和気浜までの15キロだろうと、同じだろうと考えてしまい、結局11キロを選択してしまった。(10キロと11キロのどこが違うのだろうか?というのはナイショで・・・)

距離:11キロ、気温24・8度、風:微風、体調:かなり重い、心肺:普通、胃:やや重い、腸:普通、大腿部:普通、膝:普通、腰:普通、左腸脛靭帯:やや悪い

  15:040:05,05
  24:570:10,02
  34:580:15,00
  44:510:19,52
  54:460:24,380:24:38
  64:460:29,25
  74:470:34,13
  84:540:39,08
  94:420:43,50
  104:380:48,280:23:50
  114:250:52,54

月間走行距離は273キロで、ここまでくれば、今日の場合、昨日のランと、今日の運転の疲れを考えると、確かに4キロは「誤差」と思ってしまう自分が情けないものである。

ただ、これで、今月の今週平日4日間で3日走れば月間走行距離300キロ超となり、2日走れば2か月の走行距離が600キロ超となる。

3週間後に迫ったリレーマラソンに向けて、まあ、一体何をしているのか?ということもあるのだが、「走ることへの不安だけはありませんよ」ということが救いか?

vinelinux


結論からいえば、これでLinuxインストール3連敗。

VineLinuxといえば、Linuxの世界に入った時、最初にインストールしたのがVineLinux4だった。

ただ、結局Windowsとの共有ができずお蔵入りとなった後、何度か導入を試みたものの、結局Windowsとの共有に加え、mp3、mp4を認識しないという問題があり、現在のLinuxディストリビューション評価に「mp4」があるのは、その名残である。

というわけで、少々抵抗はあったものの、「VineLinux6・5」をインストールしてみた。

・・・なのだが、インストール途中で「フリーズ」

普通ならば、ここでいろいろと不具合の状況を確認するものだが、過去の「不具合」を考えると、そのような「労力」さえも、ムダと思い、結局「退場」となったのであった。

20180430_151230


8600系E3編成が納車されたときは、「JR西日本・伯備線381系後継車のテスト用としての貸出対策」かな?と思っていた。

実際、昨年夏には、8600系が伯備線で試走していたわけだし、3編成目が製造されるとなれば、(時期的に)当然ながらそう思うわな。

だが、そうではなく、E3編成の投入とともに、8000系S1編成が運用を外れたらしく、近く廃車になるらしい。

S1編成は、8101+8101+8501で、S編成唯一(3両編成の場合)2M1T(他は1M2T)だったわけで、ひょっとすると、この編成に何らかの問題が発生したことで、8600系E3編成を増備するということになったのかもしれない。

そうならば、1093M、1092Mが平日8000系L編成5連で運用されること、6Mからの運用が1往復8000系だったのが全日8600系運用となったこと、そして、多客期に1編成8600系(G車2両)運用となったことも理由がつく。

一方で、(仮称)2700系気動車の製造も始まったという情報もあるが、JR四国は経営の厳しい中で、ぎりぎりの運用をしているものだなあ、と思う。

20180526_151314


2018/05/26予讃線伊予和気~三津浜間13M

2週間ぶりの土曜日長距離ラン、というより、2週間前と同じコース。

そして、5月の走行距離は262キロ。

今日の場合、気温は16時現在で23・9度と高くはなかったのだが、なんとなく蒸し暑い中でのラン。

距離:25キロ、気温23・9度、風:微風、体調:普通、心肺:普通、胃:普通、腸:普通、大腿部:普通、膝:普通、腰:普通、左腸脛靭帯:普通

  15:080:05,08
  24:570:10,05
  35:070:15,13
  45:060:20,19
  54:560:25,160:25:16
  65:060:30,22
  75:000:35,22
  85:040:40,26
  94:480:45,15
  105:030:50,180:25:02
  115:070:55,25
  125:051:00,31
  135:051:05,36
  145:061:10,42
  155:011:15,430:25:25
  165:061:20,49
  174:581:25,48
  184:521:30,40
  195:061:35,47
  204:351:40,230:24:40
  214:561:45,19
  224:491:50,09
  234:481:54,57
  244:441:59,42
  254:272:04,090:23:47

結果として、あの「あの5年前に多用したお遊びの25キロは何だったのか?」という思いが大きい。

とはいえ、「特にどこが悪い」ということもないのだが、なんとなく体が重いということも事実。

体調が悪いのか?気候が悪いのか?よく解らないが、まあ、終盤ペースが上げられたということで、悲観的になることもないのであろう。

mx17


MX Linuxは「クロの思考ノート」サイトでは、次のとおり評価されている。

Debianベースの軽量ディストリビューションであるantiXと同じくDebianベースのMEPISのコミュニティが協力して生み出したDebianベースのディストリビューションです。このプロジェクトはエレガントで効率的なデスクトップ環境を持ちシンプルかつ安定性のある中量級のOSを提供することです。

というわけで、インストールしてみた。

インストールして、起動後のメモリ使用量は0・3GBと、かなり軽量である。

ただ、日本語化に問題発生。

「mozc」をインストールしても、日本語化できない。

このため、「例の5行挿入」をするべく起動したら、今度はネット接続できない。

このネット問題は、「マシンによるものか」「OSによるものか」「たまたまか?」全く解らない。

というところで、しばらくすると、ネット接続されたため、例の「5行入力」をしたところ、これまたプロテクトされているため、更に次のコマンドを入力。

$ chmod 777 /etc/profile

ところが、このコマンドを受け付けてくれない。

昨夜は、「Lxde化」後でも珍しく、アイコンで終了できるため、「これは使える」と思ったわけで、「日本語化」問題で悩んでいる中、更に「ネット問題」が起こる状況では、当然ながら「退場」となってしまったのである。

20e17d06

(えひめ5時間リレーマラソン大会サイト)

ま、実際のところ、「深刻な話」ではないので、念のため。

つまり、今は、体調の関係で、「スピードを無視する」走りに甘んじているのだが、例の「えひめ5時間リレーマラソン」まであと3週間になった。

昼休みのウォーキング中、同大会に(同チームとして)出場される元上司(フルマラソン5時間)と「1回のランが1キロ少々だったら、我々のような高齢者は苦しい」という会話をしたものだ。

要するに、我々のような高齢者は、1キロ少々のランニングの場合、最初からハイペースで走ることは「苦しい」のだ。

まあ、そうであっても、別にキロ5分で走ることは不可能ではないし、その程度のペースでも「ブーイングは出ない」と思うから、気にする必要もないのだが、「それはそれ」走る以上は、「プライド」が邪魔するわけだ。

pinguy

今回は、PinguyOS17・04LTSに挑戦。

OS以降の表示のとおり、Ubuntuをベースとしたディストリビューションなのだが、「重量級」という評価が並ぶ。

さらに、パッケージ管理方法が「dev」ということなのだが、「$sudo apt-get・・・」でなく、「$sudo apt update」で稼働するのだが、「$sudo apt-get install・・・」と入力すると、言うことを聞いてくれない。

極めつけは、「setting > language・・・」で日本語化しようとすると、フリーズ!!!

というわけで、ブチ切れて「退場」としてしまったのであった。

↑このページのトップヘ