かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(55歳)です。

linuxfx1

これで4勝目というところ。(一体何十敗してたっけ?)

LinuxFxは、ブラジル産のDebian, Ubuntu系ディストリビューション。


(1)パッケージ管理方法・・・DEB(sudo apt-get可能)

(2)デスククトップ環境・・・KDE

(3)最新バージョン:9・1(2018年5月)

(4)インストーラー・・・グラフィック

(5)多言語対応・・・アジア圏は不明

というわけで、インストール。


linuxfx2

インストーラーの段階で、既に日本語選択が可能で、mozc設定から、とっとと日本語化及び日本語入力が可能。


(1)インストールメディア・・・DVD-R(1・9GB)

(2)起動時のメモリ使用量・・・0・6GBであるから、私の判断で言えば「軽量」

(3)日本語化・・・mozcをインストールすることにより、可能。

(4)ブラウザ・・・Firefoxインストール可能

(5)Windows共有・・・可能

(6)mp4・・・clemeitineで視聴可能

そういえば、ウインドウ終了「×」ボタンが、以前左側にあって「アクが強い」と思ったものだが、こちらはWindows同様にウインドウ右上に「×」ボタンがある。

まあ、Ubuntuがそうだから仕方ないだろうし、むしろ、右上にある方が「Windowsに似せた」ということになるのかもしれない。

ただ、メモリ使用量は少ないのだが、なんとなく「重い」感じがするのはなぜだろう。

というわけで、なんとなく、後継者となりにくい感じがする。

20180811_172059

2018/08/11予讃線伊予和気~三津浜間547M

この電車、よく見ると、高松からの直通列車ですな。

とりあえず、今日で月間走行距離は110キロ。

さて、今日は「一時は雨」と言っていたし、今日は「曇で所により雨」と予想されていたが、要するに台風が南海上にあって、高知県から雨雲が北上する場合は、「たいてい晴れ」という経験論の如く、今日は「晴れ、しかも、暑いだけではなく、蒸し暑い」という、最低最悪の条件であった。

距離:勝岡15キロ、気温32・0度、不快指数84、風:北風少しあり、体調:特に問題なし

  15:460:05,46
  25:340:11,21
  35:390:17,00
  45:450:22,45
  55:340:28,200:28:20
  65:390:33,59
  75:380:39,38
  85:420:45,21
  95:350:50,56
  105:370:56,330:28:13
  115:431:02,17
  125:191:07,36
  135:051:12,41
  144:561:17,37
  154:461:22,230:25:50

今日のところは、義兄が帰省するということで、その時刻を綿密に計算し、ぎりぎりのところで出撃。

その結果は、10分でも遅く出撃すれば、命が守られる。

その一方で、現状予讃線は「お盆」と「被災鉄橋の徐行で遅延が発生しやすい」ということを全く無視した走りとなったのであった。

まあ、ここまでくれば、JRなぞを気にして「倒れる」方がバカだろうな。

linuxbbq

現在は「distrowatchサイト」に掲載されているLinuxディストリビューションをisoに焼いて、次々とWin8機(HDDは換装)にインストールしている。

だが、今回のLinuxBBQを例にとれば、6月9日にisoをDVD-Rに焼いたものの、今現在同サイトに掲載されていないというものも、過去にはあった。

逆に、この「アホな企画」が終わった時には、新たなディスリビューションが掲載されていることも予想されるが、それはもはや「相手にしない」方針ではある。

というわけで、LinuxBBQをインストールしようしたのだが、いきなり「(Windowsでいえば)ドスプロンプトが点滅する状態」で停止している。

こうなったら、既に「distrowatchサイト」から「破門?」されているディストリビューションを相手にする気力もなく、とりあえず「保留扱い」としたのであった。

20180803_182222

筑波大学鍋倉教授のコラム「楽しく走ってステップアップ第201回」で次のような記事がある。

「今回、ランニングの前に、高強度の運動を行なうと、30㎞走などの距離走と同程度に、脂質代謝が活発になることが解っているが、2~5㎞の速いランニング+10㎞ジョグなどでも十分に距離走の代替として効果的」というものである。

で、その速いランニングとは、ビルドアップで最後は全速力で走るというものなのだが、その「速いランニング」とは、自転車でも代用可能というものである。

研究では、さらに30秒の自転車による全速力の後、数分休んで走り始めるという場合でも十分な効果があるとされている。

だったら、スピード欠乏症と思われる今の自分にだって十分対応できるのではないか?

というより、帰宅後ランが想像以上にダメージを受けて走れない、という事象は、ひょっとすると、これが原因かもしれない。

ということは、交通安全には努めなければならないが、帰宅後ランをする場合は、帰宅段階から、既にトレーニングが始まっていると考えることもできるわけだ。

KXStadio

結果として、KXStadioは少々アクが強いので、次期インストール対象としては、少々難がある。

KXStadioは、ポルトガル産のDebian、Ubuntu系ディストリビューションである。


(1)パッケージ管理方法・・・DEB(sudo apt-get可能)
(2)デスククトップ環境・・・KDE
(3)最新バージョン:14・04・6(14・04・5は2017年6月更新)
(4)インストーラー・・・グラフィック
(5)多言語対応・・・不明


というわけで、インストール。

インストーラーの段階で、既に日本語選択が可能であり、期待ができる。

(1)インストールメディア・・・DVD-R(1・7GB)
(2)起動時のメモリ使用量(KDE)・・・0・4GBであるから、私の判断で言えばKDEとしては「軽量」
(3)日本語化・・・簡単、というより、最初から完璧に日本語化しており、何の苦労もない。
(4)ブラウザ・・・Firefoxインストール可能
(5)Windows共有・・・なぜかメイン機への接続器拒否されるが、NASへの接続は可能だから、特に問題なし。
(6)mp4・・・clemeitineで視聴可能

ただ、難点を言えば、Ubuntuがそうなのだが、キャンセルキー「×」が、右側ではなく左側にあるため、少々使いにくいということ。

まあ、これを難点というつもりはないのだが、「次期Linuxディストリビューション候補」とするならば、ランクが下がってしまうわけだ。

ただ、使えるディストリビューションであることは解ったのであった。

20180809_162307

2018/08/09予讃線伊予和気~三津浜間13M

今日は、実家の都合で休暇をとったわけで、休暇とはいえ、走れないことも想定していたのだが、幸い用事が早く終わったため(実弟が、台風の影響で、航空機が唯一まともに飛ぶ便で帰るため、1便早まったことで)、まあ、帰宅後走れることになったわけである。

とはいえ、昼前後は風もあり、ある程度涼しいとも思ったのだが、夕方になって、暑くなった。

しかも、かずまるがボランティアで宇和島市に出かけていることもあり、その帰宅直後には夕飯を作っておくべきでもあり、最終的に16時に走り始めたのが致命傷ではあった。

距離:和気10キロ、気温33・0度、不快指数83、風:北風少しあり、体調:途中左股関節に違和感あり

  15:360:05,37
  25:340:11,12
  35:340:16,46
  45:250:22,12
  55:210:27,330:27:33
  65:200:32,53
  75:100:38,04
  85:100:43,14
  94:480:48,03
  104:320:52,350:25:02

走り初めの段階では、時間的なこともあり、13キロを想定していたのだが、走り始めた後、このまま走ったら倒れるのではないか?ということから、10キロに縮小。

まあ、そういう勇気も必要なのかもしれない。

明日は、懇親会のため、土曜日に走ることになるのだろうが、今度は義兄の帰省ということで、またまた走る時間帯が早まることが想定される。

現時点では、気象庁は雨、WNIは晴れとしているわけだが、走れる環境であってほしいものである。

20180809_162316

2018/08/09予讃線伊予和気~三津浜間13M

予讃線本山~観音寺間の橋梁被災から、本日(仮橋梁での)開通し、その間運休していた13Mも今日から復活した。

お帰りやっしゃー!!

ちなみに、ひとつ気になることと言えば、今日の13Mは8分遅れていたこと。

被災の橋梁は徐行運転していたわけで、それからいえば、遅延は当然のこと。

ただ、平成16年災害の場合は、徐行区間が長かったこともあり、上り便は岡山で通常よりも20分後の新幹線への乗り継ぎとしていたし、このときは、しばらくの間13Mと14Mが運休していた。

それを考えると・・・と思うが、まあ、盆ということもあるし・・・なのだが、慢性的に遅延するならば・・・というところではある。

↑このページのトップヘ