かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(56歳)です。

20190120_151238

2019/01/20予讃線伊予和気駅540M

というより、11Mのシャッターを切り損ねたわけですな。

さて、今日はジムトレの後の試走。

「いずれも軽負荷で、1セット当たり20回で」腹筋を6セット、背中を6セット、大腿部を6セット。

次回愛媛マラソンが終わったら、徐々に負荷をかけていこうか。

で、その後は地面でのランニングで、往路は平田の坂を迂回し、堀江で愛媛マラソンコースに出て、ちょうど距離的に愛媛マラソン34キロ地点が行軍9キロだったので、そこで折り返して、愛媛マラソン37キロ地点からいつものランニングコースで戻ってくる計17キロ。

  14:560:04,57
  24:500:09,47
  34:470:14,34
  44:520:19,26
  54:500:24,160:24:16
  64:500:29,06
  74:520:33,58
  84:530:38,52
  94:540:43,46
  104:440:48,310:24:15
  114:450:53,16
  124:330:57,49
  134:551:02,45
  144:511:07,37
  154:511:12,280:23:58
  164:471:17,15
  174:401:21,55

途中、愛媛マラソン10キロ地点(の対面)で「お山の方々」とすれ違い、その後折り返した後の34・9キロ堀江小学校前私設エイドで「お山の方々」とお話をさせていただきました。

さて、今日の結果。

実際のところ、過去の経験から、今日は少なくとも前半はキロ5分を切ることはできないものと考え、だから、往路愛媛マラソンコースを避けたわけである。

だが、キロ4分50秒台連発とはいえ、昨日のダメージを考えると、「実は走れている?」とも思う。

人生に「if」を考えたら、今の自分がいないわけだから、考えたくはないが、ひょっとして、昨日は体調不良を認識して休養し、(昨日の段階で今日の午後には雨が上がることは解っていたのだから)今日30キロ試走をすれば・・・という気がしないでもない。

もっとも、それは(今更)考えてはいけないことだが・・・

ただ、いずれにしても、昨日の25キロ以降の失速は、「今の私にキロ4分40秒台で走る能力がない」のではなく、「単に体調的に走れなかった」ということは解った。

でなければ、昨日のダメージを考えると、今日いきなり1キロからキロ5分を切れるわけはなく、実際、今日もラスト5キロのペースが落ちていることを考えると、やはり体調不良(風邪)によるものだと認識できたことが今日のランの収穫であった。

さて、今週は「休養」を軸に、水曜日に「地面ラン」をする以外は、ジムで筋トレはしても、ランニングマシンでの走りは自重し、今週末土曜日の25キロ(あるいはラスト1キロ減の24キロ)試走で「1週間遅れの」最終調整走をすることになるのだろう。

いずれにしても、昨日の「うつうつとした結果」は払拭できるものと信じている。

2019-01-20

(AccuWeatherサイト)

どこをどうすれば、「日本の都市ごとに、3か月前からの天気が予想できるのか?」は解らないが、ともかく、同サイトでは3か月先までの天気が予想されている。

というわけで、私は同サイトを「米天気劇場」と称しているわけだが、同サイトで第57回愛媛マラソンの天気がどのようなっているかというと、上図のとおりである。

多分、明日から、ころころと「天気劇場」のごとく変わるのだが、案外3週間前の天気予想がよく当たるので、毎年掲載している。

詳細は、当ブログ1月14日を見ていただければ解るが、天気に関しては、ここ3年間(54~56回)は当たっている。ただし、最高気温に関しては、昨年は2桁レベルで外している。

ただ、個人的見解では、案外この天気予想は当たるかもしれないと考える。

根拠というものはないが、あくまで現時点での情報からの見解。

(1)まずは、当ブログ1月14日に書いたとおりで、まさに現時点では嵐の前の静けさ、そしてサイクルが狂うと、暴風の大会の可能性もある。

大会翌日から松山地方は、いわゆる「椿まつり」が始まるのが気になる。
松山地方は、この時期が最も寒いと言われているし、数年前に椿まつりが水~金だった時、翌土曜日(大会前日)が「大雪」で、大混乱したのが思い出される。
その意味では、(個人的には)嵐の前の静けさの大会となるか?それとも「暴風雨」の大会となるのか?どちらかのような気がしてならない。

(2)今日11時の気象台の天気予想では、向こう1週間(1月27日まで) ずらりと晴れになっているが、1月27日はやや気温が下がっている。

(3)先週のヤフー記事では、今週末(1月26日頃)までは気温が高く、その後急激に気温が下がる。
そして、翌2月3日(愛媛マラソン前週)あたりからは小康状態とはなるが、温かくはならないと書かれていた。

ただ、現時点では、風具合が全く解らないが、翌日に「雨・雪」と書かれているだけに、無風ということはないのだろう。

いずれにしても、暑すぎない良い天気であってほしいものである。

8be9c442

これは、2015年12月09日の当ブログ。
3年の時を経て、もう一度再掲してみた。(一部補正)
なお、現在は「eonst」サイトはリンク切れとなっているため、「http」を「ttp」に変更している。

利用画像 「ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画onweb」(リンク:ttp://mangaonweb.com/) 出典:eoマラソン(ttp://eonet.jp/marathon/ )


ものすごく納得。

私自身、第53回愛媛マラソンで42キロを過ぎて、西堀端への左折で前のランナーと接触し、私だけが転倒。

その時に同様の絶望感を味わった。

だからものすごくわかる。

20190116_122429

自転車で通勤していて、特に感じること。

次の2項目は、「言い方」を変えてほしいと思う。

それが、道路交通法に定められた法令用語だというのであれば、法令用語を改正してほしいと思う。

(1)「軽自動車」と「軽車両」

宇和島勤務時代、事務所の隣に、「一方通行路(軽車両を除く)」という道路があるのだが、ここを逆走する高齢者を度々見かけたものだ。
で、注意をする方に対して「この自動車は「軽」だろう」と逆切れしている、高齢者を見かけたこともある。

私が調べた限りでは、軽自動車というのは、道路運送車両法に定められた名称であって、道路交通法では特に規程がない(多分、普通自動車ならびに自動二輪車に相当)と思う。

だから、双方が他法令だから・・・ということになるのが、一般的には「軽自動車」という使い方が圧倒的に多いと重いから、ここは道路交通法の方が用語変更すべきと考える。

「軽車両」を「低レベル車両」にでもすれば?と思う。

(2)「原動機付自転車」と「自転車」

原動機付自転車に乗って、「これは自転車でしょ」と言いながら、堂々と歩道を走る「おばちゃん」を(松山市内では)近所の中央通りや旧空港通りでよく見かける。

これまた、自転車の道路交通法上の扱いは「軽車両」だから、やはり、「原動機付自転車」の方を法令用語変更するべきと考える。

「低レベル自動二輪車」とかにでも変更し、原付運転者に対しては「自転車」ではなく、「バイク」の一派だということを「もっと」認識させるべきと思う。

まあ、昨今自動車専用道での「逆走」が問題になっているが、そもそも論として、「わかりにくい用語」を道路上に連発していることも、その「一因」ではないか?という気がしないでもないが・・・

0c8d6df0

1月の定例更新を忘れていたので、昨日ようやく更新。

さて、先日、ステック機で「不要なファイルを削除してストレージを確保」処理をしたところ、15GBのストレージ容量を確保できたため、大型更新で必要な「10GB確保できない場合は、USBメモリを作成して・・・」という書をしなくて良くなるのかな?ということを書いた。

ところが、先日「ソフトアンテナブログ」を見ていると、「Windows 10 19H1では7GBの予約済み記憶域が必要となる」という記事があった。

この「7GB」の意味だが、単に「大型更新の場合はストレージ10GBが必要だが、そのうち7GBをあらかじめ記憶域として確保しますよ」というのか?はたまた「大型更新に必要なストレージ10GBに加えて更に7GB必要」なのか?

この差は、現時点で15GBしか空ストレージがない以上、大きな問題である。

さらに、この「記憶域7GBは、大型更新後、ある期間を経過すれば、現状どおり、削除することが可能なのか?」ということも問題になる。

さすがに、後者は「そんなことをしたら、大型更新ごとに7GBずつストレージを食いつぶすことになる」から、あり得ないとは思うが、「窓社」のやることだから、なにをしでかすか解らないという不安もある。

まあ、そうなったら、Windows8・1を模索することになるのだろうなあ。

20190119_140835

2019/01/19予讃線伊予和気~三津浜間9M

3週間前の試走について、2016年1月16日の当ブログで次のように書いている。

-------------------------------------------------
52週間前の当ブログを見ると「最終長距離試走は、これで5年連続の風邪気味での出撃。」と書かれている。

へ!?

実は、先週は喉が痛い状態で走り、もう治るだろうと思った今週は、さらにこじらせ、咳が止まらない状態での出撃となった。


まあ、発熱さえなければ、最初に無理をせず、体が温まった状態になれば、とりあえず無理をしなければ大丈夫とは考えている。
-------------------------------------------------

ちなみに、一昨年、昨年は体調がそこそこ良かったようなのだが、今回はどうも体調不良が続いている。

とはいえ、今日は走らないわけにいかないから、30キロ試走を強行。

ちなみに復路35キロ地点の堀江小付近で、「お、あの「お山」マークは?」とおもったら、、今日はこの付近を走っておられるとは思っていたが、「サリーさん」でした。

お互い、ベストを尽くしましょう。

距離:30キロ、風:南風やや強い、体調:若干風邪気味、心肺:やや重い、胃:やや重い、腸:普通、大腿部:ずっと違和感あり、膝:普通、腰:普通、右腓骨:気にならなかった、その他:左足底に痛みあり

  14:450:04,46
  24:370:09,23
  34:430:14,06
  44:420:18,48
  54:480:23,370:23:37
  64:500:28,27
  74:470:33,14
  84:540:38,08
  94:400:42,49
  104:430:47,320:23:56
  114:430:52,16
  124:490:57,05
  134:441:01,49
  144:441:06,34
  154:431:11,170:23:44
  164:351:15,52
  174:461:20,39
  184:481:25,28
  194:451:30,13
  204:471:35,010:23:44
  214:471:39,49
  224:471:44,37
  234:471:49,25
  244:561:54,21
  254:411:59,030:24:02
  264:512:03,54
  274:522:08,46
  284:472:13,34
  294:502:18,24
  304:402:23,050:24:02


とりあえず、年末の30キロ試走と同程度、前回の3週間前の記録より1分20秒遅い結果となった。

まずは、今日の反省。

●キロ4分50秒を切り続けることができるか?・・・形上はできている。

●12キロとなる光洋台では、ダメージを感じずに走れているか?・・・心配は問題なかったが、左大腿直筋が違和感というほどのものではないが、ずっと重かった。

●今までの試走とは異なり、本番を想定して、復路平田の坂ではペースを落とし、さらに、ラスト5キロでのペースアップはしない予定だが、それであと12キロ走れる体力が残っているか?

問題はこれ。

風邪気味ということは解っていたが、序盤から妙にぜいぜい状態だったこと、そして、後半強烈な向かい風もあって、復路平田の坂はともかくとして、ラスト5キロは無理をせずにペースを落としたのではなく、失速したのではないか?という疑念がある。

つまり、今日がもし大会だった場合、後半失速したのではないか?という不安要素がある。

というわけで、今日の30キロ最終試走は「失敗」と言わざる得なく、来週土曜日にもう一度25キロ(ラスト1キロ減の24キロ)試走ということになりそうだ。


4eab3a32

これは、2015年12月08日の当ブログ。
3年の時を経て、もう一度再掲してみた。
一応「11編」あるので、これから、1日1編ずつ、11日間掲載してみたいと思う。
なお、現在は「eonst」サイトはリンク切れとなっているため、「http」を「ttp」に変更している。

利用画像 「ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画onweb」(リンク:ttp://mangaonweb.com/) 出典:eoマラソン(ttp://eonet.jp/marathon/ )

これは、以前のプロバイダである「eonet」サイトにあるマラソン記事である。

あまりに面白いので、画像を引用させていただきたいとお願いしたところ、次のような回答が得られた。

「確認いたしましたところ、お客様のブログに画像を使用していただいても問題ございません。なお、画像をご使用の際には下記(上記)クレジットの表記をお願いいたします。」

「元のマンガ」のセリフをマラソン用に転用しても、こうまで合うのかと、ほとんど「腹筋全壊状態」であった。

さて、画像による突っ込みである。

実際の体重に影響する「脂質」は1キログラム当たり7000キロカロリーを必要とすることは承知なのだが、我々としてはどうしてもその場その場(つまり水分による体重変動)に一喜一憂してしまうわけだ。

事実、キロ5分で走っていれば、「メッツ指数」により、10分間当たり147キロカロリーを消費することになる。

これをまともにとらえると、脂質1キロを消費しようとすると、フルマラソン2回やっても元が取れない計算になる。(3時間30分で3087キロカロリー)

一方で、糖質70%オフのビール(発泡酒)500ミリリットルのカロリーは130キロカロリー程度。

つまり、20キロ(100分)走れば、10本飲んでも消費カロリーはマイナスという計算になる。

まあ、そんなに飲めるわけないから、実質的には20キロ走れば、ビールによる消費カロリーを気にする必要は全くなくなる。

だが、そんなこんなで、月曜日の体重は結局のところ「プラスマイナスゼロ」となるわけだ。

フルマラソンを2回やっても1キロの脂質を消費できないのに、20キロ走ればいくらビールを飲んでも消費カロリーはマイナスとなる。

しかし、体重はプラスマイナスゼロ。

この摩訶不思議な現実を延々と繰り返している自分って何?と思ってしまうわけだ。

↑このページのトップヘ