F9b94siv


予讃線アンパンマン列車は合計11両あり、内訳は
2000型2両、2100型4両、2150型1両、2200型4両となっています。
つまり、運転台、トイレ無の2200型は通常2、3号車にはいって
2000+2200+2200+2100の基本編成を構成します。。

従って、多客期の基本編成5連の場合は、間に2200型が入るため、通常は2編成にそれぞれ1両ずつの2200型一般塗装車が入っております。
が、昨日のアンパンマン列車1068Dは画像のとおりでした。

Ilkt8juh

2号車「どんぶりまんトリオ」、3号車「ジャムおじさん」、4号車「おむすびまんトリオ」となっております。
ということは、もう1編成は、2200型一般塗装車が2両?

そり正体を調べるために、本日貫歩同行編を予定はしているのですが、天気がイマイチで現在検討中。