Qtdc5iho
ここまでわかった幕末日本 下ノ巻
歴史の謎を探る会編

明智光秀から明治時代初頭までの色々な説を判りやすく書いている。
ただ、どことなく偏った考え方があるような気がしないでもない。
たとえば、忠臣蔵に関しては、綱吉のお犬様のおバカな世の中で、浅野の処分は正当なもので、赤穂浪士の一連の行動はテロ以外何者でもない、という書き方がなんとも面白い。