Jdksi0py
日本博学倶楽部 編

通常、私は古本屋で売っている105円以下の本しか読んでいない。
が、旅行や出張で宿泊する時には、思わず、寝る時用の新書を買ってしまう。つまり、この本は、元々北海道旅行用の本であった。
しかし、地名ひとつにも色々と由来があるものである。しかも、遠く離れていても、同じような地名が同じような由来である場合があるのが大変面白い。
ちぢ、中には、地名で、その場所には土砂災害が起こる可能性があることを教えてくれる場合もあるというのが気にかかる。