Imgp6454

2010/05/29予讃線光洋台~堀江間13M

昨年、一昨年と今の時期に体重が極端に落ちている・・・のだが、どうも今年はその気配がない。(一昨年は7/19に66・0キロ、昨年は6/26に65・2キロ、今年は今日現在67・4キロ)とはいえ、前2年間の記録はいずれも単に脱水症状であるので、あまり自慢はできない。

というわけで、(半分はそれも期待して)今日も先週同様28キロ走をしてきた。結果は、5キロ29分50秒、10キロ1時間01分30秒、15キロ1時間30分50秒、20キロ2時間00分50秒、25キロ2時間31分10秒で、28キロは2時間48分50秒であった。

仮想3キロ地点がマラソン6キロ地点で、そこから17キロ地点手前の信号を左折し、旧国道196号~堀江から和気~県道和気衣山線で帰ってきた。ということは、5キロ地点がちょうど平田の坂の上、なのになぜか5~10キロだけが失速している。多分、これが惰性走行の限界というわけなのだろう。LSDを維持するならば、速度を落としてでも惰性に徹するべきだろうし、惰性の速度を落とさないようにするには、もう少しスピードをつけるべきなのだろう。そういえば、堀江あたりで、非常にゆっくりとしたスピードで走っていた人は、なんと両手にダンベルを持って走っていたっけ。

いずれにしても、言えることは、次からもう少し、距離を短くしよう。