Dcim0010

2013/12/29予讃線伊予和気駅13M

右足の違和感であるが、昨日の25キロの影響も特にない。

で、年末大掃除は明日30日になりそうなので、今日も25キロ試走に決めた。

コースは、昨日と全く同じ。14時47分出撃。昨日同様ガチガチにテーピング。これは1回あたり500円以上かかっている。

で、その結果は5キロ23分50秒、10キロ46分50秒(5-10は23分00秒)。5~10キロというば、7・5キロから平田の上り坂から始まって、堀江のアップダウンのあるところ。昨日よりも1分50秒速いが、コースは昨日と全く同じ。違うのは、昨日は向かい風だったのが、今日は追い風だったこと。

だから、13・7キロあたりの粟井川で折り返すと、当然ながら向かい風になる。が、昨日の往路ほどの風でもない。

というわけで、15キロ1時間11分00秒(10-15は24分10秒)、20キロ1時間34分40秒(15-20は23分40秒)は昨日よりもちょうど2分00秒速い。

で、21・1キロ1時間39分50秒位、ラストはさすがに昨日ほどはペースが上げられず、というよりも脚の具合を考慮し、無理にペースを上げず1時間58分15秒(20-25は23分35秒)であった。

結果として、気になっていた腓骨付近は全く問題なし。問題のあったのは、右足5指外側のいつもの痛みだけ。

そういえば、ここはランニングを始める前から、冬場は痺れを感じるところでもあったことを思い出した。要するにスジが怒っている感じ。脚のどこかに原因があるはずだから、諦めずに対処していこう。

それと、今日は一番気になる腓骨関係は全く違和感すらも感じなかったのだが、これはむしろ、人間のいい加減な神経で、あるところに痛みを感じると、他の痛みが気にならないということもある。

だから、今日全く違和感を感じなかったとはいえ、安心は禁物だろう。とりあえず、明日はランニングを控えよう。