うむ、懐かしい。

流氷といえば、大学3年(S58年4月とS59年3月)、大学4年(S60年3月)、社会人2年目(S62年2月)、社会人3年目(S63年2月)の計5回見に行ったものである。

あれからもう26年かあ。

昭和50年代といえば、まだ「流氷を見に来ました」という様相を見せると、逆に嫌な顔をされたものだ。

昭和60年3月に紋別で流氷のイベントがあったが、そのとき主催者の方が「流氷が観光資源になるかもしれない」とおっしゃられていたくらいである。

遠い時代だ。