Sscn0680_2

Windows10の発売に関して、我が家のパソコン群の対応策の青写真ができた。

だが、現時点での報道を見る限り、それが正しければ、我が家で最大4台をWindows10にアップグレードしたとしても、それは全て32ビット機になる。

その中で、現妻専用機だけは、リカバリディスクが32ビット/64ビット対応OSとなっていることから、これに白羽の矢を立てた。

しかも、幸か不幸か、現在妻専用機は調子が悪い。

具体的には、たまにデスクトップに全くアイコンが表示されなくなる。ただ、現在のところ、スリープした後に起動スイッチを押すと正常に起動する。これは、強制的にスリープ→再起動させても同様だ。

ただ、妻は相当イラついているらしい。

一方、かすまる専用機は、現在かずまるがスマホに(良いことではないが)没頭していることから、最近全く起動していない。

ということで、今日、妻専用機がこれ以上調子が悪くなった場合、あるいは現状でもうっとおしくなった場合は、かずまる専用機との交換について双方の同意をとることに成功した。

これで、Windows10の発売頃をめどに(妻専用機の調子が悪くなればそれまでに)、予定どおり、かずまる専用機→妻専用機、第2サブ機→かずまる専用機、妻専用機→第2サブ機へと三角トレードが可能となった。

すなわち、トレード後のかずまる専用機(32ビット)と第2サブ機(64ビット)をそれぞれWindows10にアップグレードすることが可能となることをさす。

しいていえば、現妻専用機は最大メモリ16MBとはいえ、本体価格2万円台という冗談みたいなショップブランド購入だから、CPUがセレロン、スリムデスクトップであるだけにビデオメモリ搭載ができないだけに、メモリを8GB程度にしたとしても64ビット本来の体感は難しいのだろうな、と思う。

というより、なんで、妻専用機(2年10ヶ月前購入、あと2ヶ月で長期保障が切れる)ですら、リカバリディスクが32ビット/64ビット対応OSなのに、現メイン機が32ビットのみなの?というところか。

まあ、今後もまだいろいろな選択肢がありそうだ。