Photo

昨日、後輩が午後から休暇をとったときは

上司「体調は大丈夫?」

後輩「いえ、子供の個別懇談なので・・・」だったが、今日私が休暇願いを出したときは

上司「走るの?」であった。

とりあえず、「中3日休養していたため、体が大変軽いので、体を一度疲労させたいのです」と答えた。

まあ、こんなことで休暇をとれる今の職場というのも恵まれているが、とりあえず午後から休暇をとり、17キロ試走することにした。

今日の目標は、大会当日のペースで走り、平田の坂での腕の振りを再確認する、12キロ以降の体調をチェックする。

というより、先週土曜日の25キロ試走で、前半13キロは軽かったのに、復路に入って急に体が重くなり、それが行軍後も引きずったことに対する不安から敢行をきめたのだ。

  1 4:46 0:04,46
  2 4:44 0:09,30
  3 4:42 0:14,12
  4 4:46 0:18,58
  5 4:38 0:23,36 0:23:36
  6 5:03 0:28,39
  7 4:30 0:33,09
  8 4:50 0:37,59
  9 4:41 0:42,40
 10 4:51 0:47,31 0:23:55
 11 4:48 0:52,19
 12 4:48 0:57,07
 13 4:51 1:01,58
 14 4:54 1:06,52
 15 4:49 1:11,41 0:24:10
 16 4:48 1:16,29
 17 4:47 1:21,16

確かに、今日が大会当日でも良い体調ではあった。

今日は42キロ走れる体力があるだろうな、と思っていたが、確かにそのとおりであった。

その一方で、5キロまでは速すぎると感じた。今まで、私は大会当日の1~7キロは(この時期は一般的に)追い風で、かつ40メートル近く下ることから、無理をしてブレーキをかける必要はないと考えているが、今日の場合はやはり全体的にキロ5秒程度は速い。

このあたり、大会で自重できるかどうかがポイントになる。

あと、17キロ走った後、何事もない体調であるのは幸いだが、やはり重い疲労感は感じる。

これは、17キロ走ったのだから当然なのか?それとも体調不良か?それとも年齢か?

そのあたりは、明後日の20キロ最終試走で考えてみようか。

それから、今年も連呼しよう。

あと10日、インフルエンザお断り!