DSCN1528


第1Linux機にSolydX、第2Linux機にUbuntu16・04LTSを導入したものの、星の数ほどにもあるLinuxのディスリビュートのインストールにも興味がある。

このため、Gpartedというソフトを使用して、第2Linux機のパーティションを分割しようとした。
が、直接第2Linux機にインストールした場合は、パーティションの変更ができない。

そこで、指南書に従い、isoディスクにGpartedをインストールしたところ、無事パーティションの分割に成功した。

だが、注意書きにはあったものの、パーティション分割はできたものの、元のファイルを破壊したらしく、Ubuntu16・04LTSが起動しなくなった。

Gpartedの導入は失敗。

というわけで、昨夜から再びUbuntu14・04LTSをインストールし、延々3時間かけて、元のUbuntu16・04LTSに戻したという始末。