かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学1年)」の父(55歳)です。

2006年12月

Fyuy9sjy
2006/12/31予讃線松山〜三津浜間16M

28日夕方に家族の忘年会があって、JR松山駅において帰った自転車。
29日は雪中のかずくん倶楽部で結局そのまま。
昨日30日に、自転車を回収に行ったものの、そのまま義父母宅の忘年会に突入したので、置いて帰ることに・・・
で、本日、ようやく自転車が我が家に戻ってきました。

その時の帰りに撮影した1枚。

今年は本当に良くも悪くも大当たりの年でした。
が、私のクジ運からすれば、1月の年賀状は120枚が全滅!
夏のジャンボ宝くじは1枚買って末等当選!
そして、最後のジャンボ宝くじは2枚買ったものの撃沈!

まあ、そのほうが幸せかもしれない。

Ywoskycm
多客期だけ、松山まで延伸してくるサンライズ瀬戸だが、だんだんと延伸期間が短くなってきているような気がする。

まあ、確かに松山到着10時55分では、既設特急には邪魔以外なにものでもないし、事実21D今治発はサンライズ運転中は2分遅発であった。
にもかかわらず、松山到着が同時刻ということはどういうこと?

で、最近のサンライズは松山発が早くなって、17Mを待たずに出発し、17Mとは三津浜で退避するようになった。
だから、サンライズの松山発は1番ホームになったのである。

Vgocsvc1
2006/12/29予讃線伊予中山駅1068D
(それにしても、まともに撮れてませんな)

予讃線は多度津以西が全て単線です。
通常、単線区間では1つの閉鎖区間に1列車しか入れません。
したがって、向井原〜伊予中山間10.2キロは全く退避設備がないうえに、向井原も退避設備はない(ホーム1本の駅西側で分岐)ため、特に伊予市中山間12.7キロ(2000系上りの伊予中山通過列車で約7分、32系下りで約18分)は退避ができないわけです。

が、実際には向井原〜伊予中山間のちょうど中間点に中継信号があって、(対向することは絶対にできないが)同方向へは、先行列車がその信号を越えれば後続列車が出発できます。
この1058Dは伊予中山に停車し、4652Dをここで追い抜くわけですが、伊予中山駅を1058D16時52分、4652D16時57分と、1058Dが伊予大平を過ぎたあたりで4652Dが出発しています。

このシステムを知ったのは、昭和59年に当時の大学鉄道研究会で高松駅にある司令室に見学に行ったとき、高徳線吉成〜佐古間で初めて(同じシステムを)見て「目から鱗」状態になったことが思い出されます。ちなみに、同区間には四国三郎吉野川があって、4.9キロがネックになっているようです。

Slw6nbar
2006/12/29予讃線伊予中山〜伊予立川間9D

基本編成4両×2編成のアンパンマン列車が、なぜか今回の年末年始輸送は、アンパンマン塗装が5両、3両という変則で運用されております。
まあ、見た目だけの話で、運用上は何の問題もありませんが・・・

この編成を見ると、4号車が2150型ですなあ。
個人的には、どーせ一般塗装車なのだから3号車に2150型をもってくれば、トイレの配置が編成中均等に振り分けられていいのになあ、と思ったりもします。
こーゆーところは、JRのこだわりというか、(塗装はどーでもいいが)やっぱり4号車に増結車を入れなければならない何かがあるのでしょうか。

ちなみに、1本前の1062D(4連)2号車は、多客期にしてはまだまだという混雑で、帰りの1068D5号車はがらがら(10人乗っていなかった)でした。

Lhymlth6
2006/12/29内子線内子駅西側22D

5両ともがアンパンマン列車になっています。
今日はかずまるの都合で出発が2時間遅れました。
結果は、我々を待っていたかのように、伊予立川到着と同時に雪が降り始め、結局伊予中山までずっと雪中行軍となりました。

帰りは、昨日同様伊予中山から1068Dでの帰宅。

F9b94siv


予讃線アンパンマン列車は合計11両あり、内訳は
2000型2両、2100型4両、2150型1両、2200型4両となっています。
つまり、運転台、トイレ無の2200型は通常2、3号車にはいって
2000+2200+2200+2100の基本編成を構成します。。

従って、多客期の基本編成5連の場合は、間に2200型が入るため、通常は2編成にそれぞれ1両ずつの2200型一般塗装車が入っております。
が、昨日のアンパンマン列車1068Dは画像のとおりでした。

Ilkt8juh

2号車「どんぶりまんトリオ」、3号車「ジャムおじさん」、4号車「おむすびまんトリオ」となっております。
ということは、もう1編成は、2200型一般塗装車が2両?

そり正体を調べるために、本日貫歩同行編を予定はしているのですが、天気がイマイチで現在検討中。

Vornb_mw
2006/12/23予讃線伊予大平付近1064D

結局2時間休暇をとって、1068Dアンパンマン列車5号車最前列で帰りました。
途中から睡魔との闘いが始まり、
いかん!こーんなパラダイスで眠るわけにはいかないんだ!!
と思っていたのだが、結局は犬寄Tの出口の光が見えたところで、気づいたら北伊予駅手前でした。

さて、今回の年末年始輸送は、
アンパンマン列車5連化、TSE4連化、
あと、一般2000系2編成のうちの1編成が、今日の午後から5連化しました。
1070Dがそれで、1072Dは4連のため、今日の早退の原因となりました。
ただ、今日の1070D、1076Dが5連となると、明日は1051Dが5連?その場合、1054Dとの退避は下宇和でなくて卯之町?と想像は広がるのですが、明日から年末休暇のため、その実態はわかりません。

ただ、1070Dとなる1063Dは4号車が2200型ではなく、4、5号車とも2100型だけに、ひょっとすると、明日1051Dは再び4連で運用し、午後の1059Dから5連化するのかも知れない。
また、今日の1068Dアンパンマン列車は中2200型3両が全てアンパンマン列車であった。これは実に珍しい。
ということは、あと1編成は2200型3両の内2両が一般塗装車?

そのあたり、明日貫歩同行編決行すれば、ある程度はわかるかもしれないが、明日は荒天のため、現在未定となっている。

↑このページのトップヘ