かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(55歳)です。

2007年08月

4dfeap_y
今日は休暇をとってます。
かずまるの夏休みの宿題の追い込み対策で、当初から予定していたのですが、別の事情ができてしまいました。
前に書いた「腰痛」である。
この状態で、松山〜宇和島間往復2時間40分は本当につらい。
来週末金曜日も今のところ休暇予定にしているが、現在のところ、週4日出勤が限界だと思う。
定期券は無事6ヶ月分を回収したし、場合によったら、週1回は宇和島宿泊を考えなければならないかもしれない。

Mcimtbsm
浜小清水駅に掲示されていたDMVの時刻表です。
一応、企画旅行扱いなので、あらかじめ予約をしてないと乗車できません。
もう少し、JR北海道のサイトを真面目に見ていたら・・・
せめて、前日網走駅隣のコンビにに行ったのだから、そのあと、駅に行っていたら・・・

9opvuig6
東ゆみこ監修、造事務所著

この本も、8月上旬の台風待機の時、万一ホテル泊になった場合用の1冊で、本屋で買ってきました。
ギリシャ神話からはじまって、北欧神話、ケルト神話と日本以外の全世界の神話が載っている。
ただ、あくまで、紹介であって、実際に神話にのめりこむならば、個々に買うべきだとも思う。
ちなみに、私は北欧神話が大好きで、かれこれ本を買っている。

Vbua4pf2
今日は松山駅で、キハ58系国鉄色を見なかった。
また、宇和島では、1051D到着時、3番ホーム、2番ホームともにキハ54系が停車していて、3番ホームの車両が翌日は2番ホームにいるというローテを組んでいる。
が、昨日、今日と何故か、3番ホームに車両はなく、2番ホームにキハ32がいるのである。なんで?
で、今日は懇親会があったので、1076Dで帰宅した。

Jdksi0py
日本博学倶楽部 編

通常、私は古本屋で売っている105円以下の本しか読んでいない。
が、旅行や出張で宿泊する時には、思わず、寝る時用の新書を買ってしまう。つまり、この本は、元々北海道旅行用の本であった。
しかし、地名ひとつにも色々と由来があるものである。しかも、遠く離れていても、同じような地名が同じような由来である場合があるのが大変面白い。
ちぢ、中には、地名で、その場所には土砂災害が起こる可能性があることを教えてくれる場合もあるというのが気にかかる。

Uogystkt
キハ58系の国鉄色の車番はキハ65-34+キハ58-293である。
が、今日は、松山駅奥でキハ58-293だけが留置されていた。

さて、1051Dは昨日から(一昨日は松山出張)冷房が緩くなって、シャツをもう1枚着る必要がなくなった。
が、どうも最近、腰痛が起こってきた。
だいたい列車に乗って、半分くらいのところで勃発する。
これは困ったものである。

で、今日の1072D犬寄T突入は19時10分0秒頃、松山到着は19時26分00秒頃であった。
明日は職場の懇親会、明後日は休暇の予定である。

5ghqlt8g
今日の627Dはキハ58系国鉄色であった。
その向こうには、8000系4号車と5号車が2連だけで留置されていた。
昨日の7M遅延と関係があるのだろうか。

さて、今日は18時50分頃から20時20分頃まで皆既月食だったので、1072Dから見えるかと思ったが、伊予市が近づいてもまだ西の空は明るい。結局、月食が見え始めたのは、家に着いた19時50分頃からであった。

で、1072D犬寄T突入は19時10分10秒頃、松山到着は19時26分50秒頃であった。
1032Mへ乗り継ぐ子供連れが多いようであった。

↑このページのトップヘ