かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学1年)」の父(55歳)です。

2008年01月

Lyzlwvdh
予讃線伊予中山〜伊予立川間

昨年末頃に週休3日を続けたせいで、週5日出勤は結構疲れる。
列車に乗る前に斜腕立50回と乗車後ストレッチ200回、それを1日2回しているわけだが、最近は(雨も多いが)昼休みに丸山までを2往復、約5キロを40分で走破している。

明日は3時間休暇をとって、宇和島市内を約12キロほど歩いて1070D帰宅をしようと思っている。

で、今日の1072D犬寄T突入は19時10分00秒頃、松山到着は19時26分00秒頃であった。
今日の1069Dは先に内子へ到着していただけに残念である。

Roqeusku
まず、昨日の車両運用から
512Dは下り側にキハ58連結の3両編成で、松山で切り離し
そのあおりで、1051Dの入線が遅れるが、1号車は2151から2156に変更されていた。

今日の627Dは写真のとおり、国鉄色であった。

で、今日の1072D犬寄T突入は19時10分20秒頃、松山到着は19時25分50秒頃であった。
せっかく速いペースで走っていたのに、1069D内子到着が遅れたのが痛かった。

Jqw_c9q4
予讃線伊予和気〜三津浜間

最近駅等で見かけるようになった「8000系特急で岡山〜松山間最速2時間32分」という広告
現在は28Mがその所要時間で走っているわけだが、ダイヤ改正後は伊予北条に停車することもあって、実に2時間38分になるが、やっぱり最速である。
ちなみに下りでは7Mが2時間39分で走る。

が、すでに昨年12月のダイヤ改正速報の段階で、時刻はある程度固まっているわけだから、最速が2時間32分でなくなることが判ってから、このポスターを掲示するのは

詐欺である!!

特に今の時期に掲示するということは、利用者にとって見れば、

おおっ!ダイヤ改正後は2時間32分になるんだ!
という誤解を招くことを意図的にやっているとしか思えない。

というわけで、最近JRのポスターは、自己防衛もあって、見ないことにしている。(今日は見てしまったが・・・)

で、今日の1072D犬寄T突入は19時09分20秒頃、松山到着は19時25分50秒頃であった。

Mrejpukt
2008/01/27予讃線伊予和気駅1M

月曜日の1051Dは特に混雑が酷い。
3月のダイヤ改正が待ち遠しいが、今日も8Dに座った煙草散男のような奴が増えるだろうし、それを文句言えなくなるというのも気になる。
1051Dにマスクは外せない。

で、1072D犬寄T突入は19時10分50秒頃、松山到着は19時27分10秒頃であった。
1067D、1069Dは遅れる傾向にあるが、ダイヤ改正後はどうなるのだろうか。

実際乗車してみると、車内がかなり劣化していることもあり、引退は止むを得ないとしても、そうだと思うと少々寂しい気がします。
特に国鉄色があるからかも知れませんが・・・

さて、それで気になるのが、その後の車両の配置。
185系代走はどうなるのか?松山〜八幡浜間1往復はどう対処するのか?松山以東は7000系対応だろうが、車両はあるのか?
JR四国サイトでは、なんだか土讃線に車両投入するような書き方になっているが、予讃線はどうなるのか?気になるところである。

7gkkycry
予讃線伊予市駅9D

全体的に朝の時刻に変更はなく、松山発10時台以降の便から徐々に後ろへずれるため、その時間帯の上り列車の所要時間が延びるという悪しきパターンを繰り返しておりますな。

例えば、1056Dは元々遅い85分から88分、1058Dは79分から81分、つまりは下り列車が遅くなる影響で、それだけ運転停車が増えるということである。
内子で見れば、日中は約7分後ろへずれて特急退避する後、夕方の1070Dからの時刻ズレでは、1054Dが1070Dと下宇和での運転停車が卯之町退避となり、所要時間が80分から75分に短縮されるが、1072D退避を停車駅でしていた1067Dと1069Dが運転停車となり、1067Dが80分から82分、1069Dが78分から83分と所要時間が延びる。しかも、1067Dにいたっては、新谷で1070Dを退避させた後に伊予大洲で謎の2分停車があるが、どうも改正後も解消されていない。

昨日も申し上げたが、高速道残る宇和〜宇和島間(実際には更に南の津島まで)の開通は2年後である。
宇和島からの朝便、松山からの夕方便は現在でも30分ヘッドでバス便が運転されている。しかも、バスの運賃は回数券を使えばJRSきっぷ(4枚綴ではなく往復タイプ)の半額なのである。
こんな状態で所要時間を延ばしていたら、純粋に宇和島から松山市駅(JR松山駅ではない)までの所要時間は変わらなくなってしまうということにJRは危機意識を持つべきだと思う。

もっとも、そのときには、少なくとも私は馬車馬ストーリーから離脱していたいが・・・(首が痛くてたまらん)

6w9zzj_1
現在の1072Dは、18時06分宇和島発後は
卯之町で1067D退避の3分停車、
内子での1069D退避は双方同時進入となっているが、しばしばどちらかが遅れているのは周知のとおり。
その後松山到着が19時25分となっている。

これが、ダイヤ改正後は、宇和島発18時10分
1067Dとは伊予石城退避(18時32分頃、1067Dが運転停車)
1069Dとは伊予立川退避(19時07分頃、1069Dが運転停車)
松山到着が19時27分となる。
殿様列車となるわけだが、1075Dが1時間14分で走破することを考えると、なんで1時間17分もかかるの?という気がしないでもない。もっともこの差のうち2分は卯之町〜宇和島間だから、急坂の問題があるのかもしれない。

が、(できない理由があるからそうしているのは承知の上で)個人的見解をいえば、1069Dとの退避は伊予中山でできないものかと思う。
要するに1069Dの松山出発時刻を7分遅らせればよいわけで、伊予中山停車、伊予立川運転停車、内子停車で、内子まで31分もかかっていては、そのうち高速バスにやられるような気がする。

↑このページのトップヘ