かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学4年)」の父(57歳)です。

2008年12月

Imgp2189

予讃線伊予横田~北伊予間1066D

いよいよ今年の馬車馬ストーリーも最終回となった。といいながら、今日も3時間休暇をとって、1066Dで帰宅した。

では、1072Dは新年までないのかといえば、実は年末の自転車特攻隊宇和島~窪川間2回行程で、一度は4825D~1072D乗り継ぎを計画している。

この4825Dは江川崎で30分も停車する。今年の3月までは宇和島では1070Dに接続していたのだが、多分その関係で遅くなったのだろう。だから窪川~宇和島間実に2時間49分もかかるのである。で、その江川崎での30分停車というと、計算上は我々の行程で半家~江川崎間所要時間21分としているから、同時に出発したとしても、自転車の積込作業をしても間に合うことになる。だが、多分、そうなったら焦るのだろうなあと思う。

さて、松山駅では、今夜から年末年始体制の編成になるらしい。松山駅の編成表によると、今日の22D(つまり1057D)から5両となり、もう1編成は今日の1073Dから5両、TSEは今日の1071Dから4両となっているが、今日の1057D、22D、1071Dの確認はしていない。

といいながら、かずまるの体調であるが、今日は朝から元気で、両親が共に仕事に出かけても、一人で遊んでいたらしい。このままならば、出撃は可能だと思う。

Imgp2115

予讃線伊予横田~北伊予間630D

今日は627Dが八幡浜側から185+185+32で、当然ながら1072Dでは八幡浜駅に留置されているのを見かけた。また、松山駅編成表では、1001Dと1034Dが5両編成であった。

一方、今日の1072Dであるが、運転士、車掌ともに、3月27日唯一の定時到着を達成した最強コンビであった。車掌の方もうるさいくらい、駅を出発するたびに新規客への改札をするから、停車時間が短い。内子発が19時03分18秒頃、伊予立川通過が同07分28秒頃、犬寄T突入が同10分49秒頃、Tを出たのが同14分10秒頃だったが、伊予大平では減速を余儀なくされ、これまでか・・・というところ、伊予大平を通過したあたり、同14分48秒頃に青になり、伊予市着が同08分48秒頃、同駅発同09分43秒頃、そして、松山到着は19時27分03秒頃であった。

今日は私の体調がよろしくないと思ったいたのだが、帰宅したら、かずまるが寝込んでいた。

現在まだ36・9度だが、寒いといっているから、これから熱が上がるのかもしれない。

危うし!自転車特攻隊!

さて、自転車特攻隊の問題点といえば、改正道路交通法に関する自転車の取り扱いである。

自転車が車道を走るべきなのは、理解はしているものの、こんな危ない車社会の中で、自転車だけがルールを守ったって、はねられて痛いのはこっちだ!といいたいところがある。

かずまるの場合は特例で歩道を走れるのだろうが、歩道が片側しかない場合、その歩道が右側にある場合、かずまるだけが歩道を走れて、私は左を走らなければならないのか?

というわけで、先日テスト走行してみたのだが、時速12キロ程度でも、走行中はなかなかかずまるに指示をするのは困難である。まして、道路を挟んで、その中を車が走っている状態ではまず無理だろう。この場合、児童保護の観点から私が歩道を走るのは、特例になるのだろうか?(車道又は交通の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため歩道を通行することがやむを得ないと認められるときは歩道を走ることができる)ただし、走っていて、警察にダメだと言われたら、速やかに車道を走れということになっている。(が、そんなことで、万一事故を起こされたら、当然警察に対しても賠償を求める覚悟である!)

それにしても、自転車は車だ!だから車道を走れ!と言われながら、愛媛県内にやたら多い「歩車分離信号」や「スクランブル交差点」では歩行者と同じだというのは納得いかない。

というより、交差点で不自然な走りをしなければならないから、大変危険であると思う。

Nec_20004

2008/12/22予讃線宇和島駅21D

今日も3時間休暇をとって1066D帰宅した。明日は定時だが、最終26日も1066D又は1068D帰宅を予定している。

さて、それにしても、最近列車の中ではよく眠れる。特に、帰りについては、多分暖房がほどよく効いているから、仕事疲れにぴったりということなのだろう。

一方で、いよいよ自転車特攻隊が近づいてきている。同行編第1回目は12月28日(日)を予定しているが、天候の都合では(29日が雨予報)前日に強行するかもしれない。

かずまるの自転車のシートを今日買いなおしてきたが、果たして2台も持って駅構内の移動は可能だろうか。少々心配ではある。が、それが無事終われば、案外松山~今治間の自転車特攻隊が始まるかもしれない。

Nec_20004_1

近くのDIY店で購入してきました。

なんとも、いわゆる簡易包装になってしまいました。

というわけで、2000円位の本格的ビニルシートを買ってこようかと思います。あと、荷造り紐を数本。

なお、画面では見えませんが、一応前輪とサドルを固定して、ハンドルが廻らないように縛ってあります。

で、これで、JRに乗れるのか?

乗れたとして、2台の自転車を持てるのか?

Imgp2752

いよいよ今年も最終週となった。今日は飛石連休の中日ということで、1051Dは空いているかと思ったが、それは甘い考えであった。世のおじさん方には飛石連休の中日は関係ないらしい。

さて、10月のダイヤ改正以来、632Dと927Dが減車になったため、日中八幡浜駅で47系2両が留置されているのを見るようになった。

今日は、我が家の忘年会ということで、1068Dで帰宅したのだが、927Dは八幡浜側から47+185の組み合わせてあった。

Imgp2950

これは、予讃線伊予出石の伊予白滝側にある旧トンネルである。

手前にあるのが、現在の予讃線(といっても、現在は普通列車しか走らない・・・)

この現在で言う伊予長浜~伊予大洲・内子間は、かつて愛媛鉄道が走っていたところである。

また、あの、松本零士氏も一時大洲市に居住されていたこともあり、氏の作品には、時折この付近の地名が出ていたりする。また、「銀河鉄道999」のイメージも実はこのあたりを走っていた蒸気機関車に牽かれた客車ということも考えられる。

が、当時は、多分肱川の水防の関係で、このようにトンネルを掘る必要があったのかもしれない。現在の八多喜付近にも古いトンネルが3箇所もあるのは周知の事実である。

↑このページのトップヘ