かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学1年)」の父(55歳)です。

2009年02月

Imgp3316

2009/02/28予讃線松山駅1053D、12M

昨日の続きになるが、現在の19M~1032M~(翌日)1003M~12Mの運用中、1032M~1003Mがダイヤ改正後は8連から5連に減車となる。当然S編成がカットされるだろうから、1032M出発時は1036MのようにS編成を残して出発していくのであろう。

で、興味があるのは1003M~12Mの増結作業である。画像は1053D出発直前の1番ホームである。問題の増結されるS編成は間に挟まれている。一体どのような作業がされるのか?大変興味がある。

現行の流れを時系列で行くと、

8時36分・・・1003M松山駅(1番ホーム)到着(この頃1053Dは松山駅北側引上線に引き上げられている)

8時42分・・・4633D(3番ホーム)出発の後を追うように1053Dが3番ホームを通過し、松山駅南側引上線に引き上げられる。

8時49分・・・1053D(1番ホーム南側)入線

9時01分・・・1053D出発

9時16分・・・12M出発

一体どのタイミングでS編成が1番ホームに留置されるのだろう。ここで、ポケット版時刻表の松山駅入線時刻が参考になる。1003M松山着が8時36分、12M入線時刻が9時39分、1053D入線時刻が8時50分(現行8時49分)となっている。参考までに、現在511M松山着は6時21分、折り返し512M入線時刻は6時27分となっている。これは1両増結作業後の時刻ということであろう。

ということは、同様に1003M入線時にS編成は松山駅南側引上線に入線していて、1003M到着するとすぐに1番ホームに入線して増結する。一方、1053Dは現行どおり4633D出発後、追うように3番ホームを通過し、松山駅南側引上線に引き上げて、1番ホームに入線する。なんだ、なんにも面白くないではないか。1053DとS編成が同じ引上線にいるところを想像していたのだが・・・

で、昨日の補足を・・・1003M自由席は3~7号車ということで、自由席の数は変わらないと昨日記載したが、厳密に言えば、3号車(運転席有、トイレ有)と6号車(運転席無、トイレ有)の差だけ座席が増えることになる。もっとも、普通車指定席に限れば激減することになるが、あえてJR四国がそれに踏み切っても差し支えないくらい、通常利用者がいないのであろう。

Imgp3303

暮らしの達人研究班 編

普段なにげなく見ているような、まさにマイナーなものに対して敬意を表する本。

たとえば、見かけは悪いが、白い砂浜を守る「ナマコ」はエライッ!という感じである。

ちなみに、同じ雑学でも、こういうタッチの本は読んでいて、大変心が温かくなる。

Vfsh80003

早いもので、平日としては2月最後の馬車馬ストーリーになる。

今日のニュースと言えば、松山駅の編成表で、1001Dが6両編成ということであった。結局それを確認できなかったのだが、当初、今日は1001D~1068Dの出張予定だっただけに残念であった。(ちなみに、今日は1051D~1060D~1068D出勤であった。)

さて、今日JR四国のポケット時刻表が発売されたので、3冊買って帰った。そこで気づいたのだが(後で確認すれば3月号大型時刻表でもそうだったが)、1032Mと1003Mが5連(現行8連)になることに気づいた。1032Mは4~6号車自由席、1003Mは4~7号車自由席となっている。

まあ、いつも1072Dから見ていて、1032Mの空席の多さは知っていたものの、1003Mの混雑を考えれば・・・と思ったら、結局1003Mに関しては自由席の数は変わらないということか・・・、3月ダイヤ改正後は1032M出発時に後部3両を切り離して出発するシーンを見ることができる。あの瞬間は(以前は1036Mで見ていたが)何時見ても素晴らしい!と思ってしまう。

Imgp3301

ユーモア人間倶楽部

文字通り、我慢を重ねて、キレてしまった人々のお話。

ちなみに、男女どちらが拷問に耐えられるかであるが、やはり女性の方が耐えられるものらしい。

これは納得する。

Imgp2939

昨日の不安をよそに、今日は平常どおりの運行、通常通りの編成であった。(厳密に言うと、一般車2編成が逆、つまり昨日、今日ともに1051D1号車が2157)

今日の愛媛新聞を読んでいると、昨夜午後10時頃に作業終了と書かれていたから、その後随時運ばれたのであろう。あるいは、JR四国サイトでは「終日」とあったが、午後10時以降の列車は旅客扱いのまま運転したのかもしれない。そうでないと、1076Dが運休し、1078Dが八幡浜止まりのバス代行して段落ちしたら伊予大洲から先の便がない。しかも、その1078Dの編成はそのまま松山へ回送というのも、あるいは、代行輸送した後に同じ編成に再乗車というのも間抜けである。ただ、それはあくまで私が推測していることであり、真相はわからない。

また、同新聞では「午前5時50分頃・・・4両編成・・・運転席の窓が割れ」、ヤフーニュース(地方版)では「現場で20分ほど停車・・・」と書かれている。

ということは、当該列車は912Dとなるのだが、その10分ほど前の4620Dは何事もなく走り抜けたことになる。そういえば、4620Dは昨日伊予市で見かけたような気がする。

で、今日の1072D犬寄T突入は19時11分27秒頃、伊予大平で減速を余儀なくされ、解除したのが19時15分20秒頃、松山到着は19時27分47秒頃であった。

明日も雨の予報となっている。昨日のようなことが起こらないよう祈るのみである。

Imgp3305

秘情報取材班 編

マスメディアから発せられる情報は、本当に正確なのか?という本。

たとえば、1991年の湾岸戦争なども、相当情報操作されていたという。

そういう、今流れているニュース、それは正確か?偏っていないか?ということを冷静に判断しようと言う、考えてみると結構恐ろしい本である。

Nec_0002

2009/02/25予讃線伊予大洲駅1070D

今日は三崎(四国最西端の集落、伊方町正野)に出張することになっていたので、1060Dに乗車した。が、よくぞ、1060Dに乗ったものだった。午前9時頃から再び、伊予平野~千丈間不通となり、1060D(多分朝の1051Dと同じ編成)4連は八幡浜止まりであるという。JR四国サイトでは10時20分頃から代行バスが運転されるとあったが、車内の段階では、下車後に八幡浜駅で指示を仰ぐように案内があった。

私自身は、八幡浜で下車するので問題はなかったのだが、実は佐田岬は濃霧で時速40キロ以下ののろのろ運転を余儀なくされた場所が多く、必要以上に神経を消耗したのであった。

しかも、昨日、愛南町の果ての果て、旧西海町の武者泊までいったという疲れも残っているという満身創痍の私に待っていたのは、結局今日は終日伊予大洲~八幡浜間代行バスという現実であった。

八幡浜駅到着は16時15分過ぎ、つまり既に(2時間に1本の運転である)1063Dは出発した後であるので、その段階で、宇和島の職場ではなく、自宅への直帰が許される。だが、1068Dは運休しているのだが、代行バスは1068D八幡浜発の時刻で出発すると言う。

つまり、頭から伊予大洲発の1068Dには間に合わないのはわかっているし、代行バスが16時34分発になるというのも判りきっている。が、朝からの一連の状態を考えると、なんとなく、この怒りをどこかへぶつけたい!と思うままバスに乗り込む。(その矛先は夕飯の暴飲暴食を試みたのだが、なんと夕飯はカレーであって、それさえかなわなかった。ただ、今日3月号時刻表が発売されたので、それを見て憂さを晴らしている。)

その代行バスであるが、実は出発時刻は1068D発の16時34分ではなくて、928Dの出発時刻である16時42分になるのでは?と思っていたら、案の定そのようになった。だが、予想以上に学生が多く、バスが満員になって、結局16時42分に後続のバスを出すと言うことで、16時30分頃に八幡浜を出発する。つまり、この代行バスは各駅停車と同じ(特急の代行は途中駅前には停車しない代わりに特急料金が必要)である。だから、伊予大洲で下車したときに、八幡浜駅で松山までの運賃と特急料金を払わされた乗客が伊予大洲駅員にくってかかっていた。それは、八幡浜駅のミス(特急料金を払わせたのであれば、特急料金を持っていない客を乗せて各駅停車とすべきでない。16時42分発に決めた段階で特急料金を返すべきである。1,150円-510円の損をしたことになるが、その後の顛末はしらない。)

だが、今日はここだけでなく、予讃線壬生川~伊予三芳間でも信号トラブルが発生し、伊予西条~今治間でも代行バスが運行されていた。15時20分頃運転再開したとなっているが、そもそも今日は大学入試で20M、22D、24Mは多客期輸送でなかったか?

その影響があって、928D伊予大洲以東は54系単行で定刻17時06分発だったが、1065D伊予大洲到着は18分遅れ。車両はTSE3連。1号車1~4番が指定席だと言っていたが、1065D~1070Dは本来2000系一般塗装4連、代行バスで段落ちして急に指定席を変えても困るだけだから、本来は全車自由席とすべきである。それをこういう体制にしても、誰も困らないだろうというのが、松山以南の指定席事情を物語っているようにも思うが、まあ、そのあたりは深追いするまい。以下、1070Dを箇条書きで・・・

17時54分、伊予大洲発

17時59分、新谷運転停車したが、18時01分にそのまま発車

18時07分、内子着、1067D同時に進入、ただし、出発時点では寝ていて不明。

18時16分、伊予中山運転停車、47系2連(657D?)退避して、18時26分発

18時34分、伊予市着で、で、松山到着は18時43分であった。

ただ、もし、今日出張がなかったらどうなっていただろうか。もちろん、机上の推測であるので、明日同僚にたずねてみるしかない。

八幡浜以南は特急が1編成しかない、つまり、1068D運休ということは、1072Dも運休となり、1074Dで八幡浜19時32分着。代行バス段落ちで、1076D伊予大洲20時57分で松山着が21時31分というシナリオになる。

さらに、明日の編成も気になる。今日は終日代行バスとなっている。まず、明日復旧するかどうかという問題があり、この場合は、宇和島到着が1001Dになるが、伊予大洲~八幡浜間の混雑は想像したくない。

次に運転されるとして、どのような編成になるかということもある。また、本来宇和島駐留されるべき列車はどこで一夜を過ごすのか?夜間に回送してくれれば問題ないが、そうでない場合、そして今日の1034Dが2000系一般車4連だった場合、そのときは、明日の1051DはTSE3連かアンパンマン列車4連(あるいは5連?)となる。5連なら問題ないが、4連だったら、やはり相当な混雑となる。

↑このページのトップヘ