かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学1年)」の父(55歳)です。

2009年11月

Imgp5578

いよいよ明日から12月。

今日は昨日、一昨日のランニングのダメージが大きかったこともあって、昼休みは歩くことにした。途中、近くの本屋で「鉄道模型趣味」を買いにいったのだが、時既に遅く、売っていなかった。松山では、元々この本(月刊)はなかなか発売していないのだが、この最近できた本屋は、先月まで販売しているのを見ていただけに残念であった。

さて、現在、来年1月31日開催の愛媛マラソンに出場しようかどうか迷っている。郵便局からの申し込みは今日で終了だが、RUNNETからの申し込みは12月10日までとなっている。

このため、今週末にもう一度32~33キロ走をして、そのダメージの具合をみてから最終決定しようと考えている。

その後の2週間は週末に21・1キロ+15キロ走って、12月26日(土)あたりにもう一度30キロ走をしてみようかと考えている。

Imgp5708

今日は15・0キロを走ったのであるが、さすがに昨日の21・1キロのダメージは大きく、スピードが出なかった。

で、その結果であるが、5キロ26分45秒、10キロ53分00秒(5-10は26分15秒)、15キロ(ゴール)1時間19分20秒(10-15は26分20秒)とほとんど昨日並みの記録であった。

今週末に32キロほど走ってみて、自分の爆弾である膝と足の付け根(リンパ腺)の状況を見てから、愛媛マラソンに出場するかどうか決めたいと思う。

Imgp5558

今日は予定どおり22・1キロを走ってきた。昨日まで2日続けての懇親会で、少々内臓に不安を持っての行軍となった。

日中暖かかったこともあって、とりあえず出発時点では膝の心配はない。が、最初の3キロでは15分05秒というスタートダッシュをしてしまったのであった。以降

5キロ25分50秒、10キロ52分00秒(5-10は26分10秒)、中間点55分55秒、15キロ1時間19分45秒(10-15は27分45秒)と、5キロから13キロにかけて海岸近くの向かい風とはいえ、タイムは落ちていく一方。

20キロ1時間45分10秒(15-20は25分25秒)はさすがに最後の追い込みとあって、結果は1時間50分45秒と前回(10月12日)の記録よりも6分以上記録を短縮したのであった。

多分、1ヶ月前に比べると、スピードがついたから前半つっこんでしまったのだろうと思うが、やはりこの程度のスピードで走れば、心臓にとっては決して危険なスポーツではないと思ったのであった。あとは、膝と足の付根(リンパ腺)のダメージがどうかである。

来週再び32キロ程度を走ってから最終判断しようと思っている。

Imgp5577

今日の昼の行軍も22分45秒かかった。

今週月曜日の行軍以降体が重いのは自覚しているが、それではまるで、今年8月1日に32キロ走って以来スピードが出なかったのと同じではないか?と思う。

さて、最近先輩から毎日のように愛媛マラソンに出ないか?と誘われている。

確かに、今日の愛媛新聞に出ていた竹本先生の理論から言えば、走れないはずはないのだが、私には膝痛という爆弾がある。8月1日に32キロ走ったときも、じわじわと膝に痛みを感じたのを覚えている。

が、もう一度試してみる必要があるとも感じた。ただ、愛媛マラソンの通常の締切は11月30日、RUNNETならば12月10日だから、余裕がない。

だから、明日、まず22・1キロ走って、希望が持てれば、来週金曜日に休暇をとって、再び32キロ程度走ってみようかと考え始めた。(日曜日にかずまる初の空手の試合があるため、土曜日行軍は天候的に不安であり、土曜日に予備日を設けたいため。)

Imgp5572_2

日の昼休みの行軍は5キロ12分45秒であった。

げげっ!!先日の後半5キロ12分15秒の亡霊が居座っているようである。

明後日に21・1キロの行軍をする予定であるが、どうも気になるところである。 

Imgp5575

今日は坊っちゃん列車の1編成が運休であった。どうせなら、昨日の雨が今日だったら・・・と思うのはやめることにしよう。

また、この時期の道後温泉方面最終便は大街道16時00分発であるのだが、今日は16時30分頃に道後温泉方面へ坊っちゃん列車が走っているのを見かけた。はて?

さて、今日から昼休みのジョギングを再開したのだが、5キロを22分05秒もかかってしまった。それでは、一昨日の後半5キロと10秒しか違わないではないか?まだ、なんとなく体が重いのであった。

これからは、スピードとは一旦決別して、距離を伸ばす練習をすることにしている。明々後日の土曜日は21・1キロ行軍を予定しているのだが、少々不安が残るのであった。

Imgp3439

2009/03/20予讃線市坪~北伊予間(多分)1061D

昨日はこのような光景を期待しながら走ったのだが、唯一4628Mを見ただけであった。

昨年9月12日以来、雨の日も雪の日も、はたまた体調が悪いときも、ジョギング又は自転車特攻隊を欠かさずやってきたのだが、今日その記録が途絶えた。

早朝ジョギングは体調を考えて控えたが最後、昼は12時きっかりに雨が降り始め、夕方は帰宅500メートル手前で雨が強くなり、結局運動をあきらめた。

まあ、昨日のダメージが(不思議なことに今日になって)残っているし、職場の先輩からは「週に1~2日は休養すべし、土日はもっと負荷をかけるべし」というお言葉をいただいているので、今日は完全休養することに決めた。

さて、昨日の行軍であるが、昨日は、「10キロ男子40歳以上の部」206名と書いていたものの、それは申込者総数であって、完走者188名中27位であった。(老若男女を問わなければ705名中94位)これをハーフマラソンで出場したとして、10月12日の試走1時間57分で走ったとすると、、「ハーフマラソン男子40歳以上54歳以下の部」251名中176位であって、要するに私程度の体力があれば、みんなハーフを走ってしまうから、10キロの場合は必然的に私の成績がよくなるのである。

ちなみに、そういう方々は10月上旬の今治シティマラソンで10キロ、この大会でハーフ、そして愛媛マラソンに照準を合わせるのだそうだ。だから、47分30秒程度で今治の大会を走ったら、「10キロ40歳代の部」では109名中53位ということになってしまう。

つまり、昨日の大会は10キロに限ればレベルが低いということで、これをもって自信を持ちすぎてもいけないし、かといって最初で失敗しなかったのだから、それは大きな成果を得られたと言うことなのであろう。

それはともかく、今後はこれ以上のスピードアップは体力的に危険ではないかと思っている。今のスピードよりも遅い1キロ5分で走れば、ハーフマラソンは1時間45分、1キロ5分30秒で走ればフルマラソンは3時間52分で走れるのである。

今後は、やはりハーフマラソンを念頭に、当面は1キロ5分15秒、ハーフ1時間50分程度で走る訓練をしようと思う。そのほうが体にいいと思う。

↑このページのトップヘ