かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(56歳)です。

2011年12月

Imgp8799

2011/12/24予讃線三津浜~伊予和気間24M

走りこみの時期ではあるが、長距離を走った翌日は、前日との合計距離が42・195キロを超えないようにはしている。理由は簡単。体が壊れたら困るからである。

ということは、今日の走行距離は7キロになる。

仕方がないから、午後3時10分に出走し、24M補足を決める。

が、家を出てまもなく雪が降り始める。確かに、今日はだんだんと天気が悪くなることは判っていたが、相変わらずのタイミングであるものだ。

記録は、4'50、4'45、4'40、4'40、4'45の5キロ23分40秒、その後も4'30、4'25の7キロ32分35秒であった。

この時期としては、まずまずか。

Imgp8796

2011/12/23予讃線光洋台~粟井間20M

35キロを3時間07分!

これは、第47回愛媛マラソンの35キロ関門である。当時の制限時間は4時間00分だったから、サブ4なら・・・と思うのは間違いである。

実際、サブ4・・・特に私のように後半ペースを上げる者には過酷な35キロ関門である。

前回愛媛マラソンで3時間55分を出したときの35キロは3時間16分21秒。今年11月30日の42・2キロ試走で3時間49分50秒だったときの35キロは3時間12分15秒。

愛媛マラソンの、サブ4って何?

その意味でも、次の目標は3時間50分切りではあるが、その先には35キロ3時間07分がある。

それともかくとして、いよいよ年末年始の走りこみが始まった。

というわけで、今日は35キロ走。

が、膝の調子はもとより、親子3人、風邪からくるお腹の調子が悪いという状態である。が、膝に関しては、テーピングをガチガチにしての出撃。

今日のコースは、愛媛マラソン(以下「E」という)4キロ地点からE25キロ手前の折り返しをそのまま直進し、E29キロ地点へショートカットし、E28キロ地点過ぎからコースを外れて、後4キロを調整する35キロである。

最初の5キロは25分40秒は、坊っちゃんマラソン後の最高タイム。10キロ52分15秒(5-10は26分35秒)、15キロ(E19キロ)1時間18分10秒(10-15は25分55秒)は12月3日の21・1キロを除く25キロ以上試走では最高タイム。

というより、完全にオーバーペースであることは判っている。が、このペースで走ってどうなるのか?という答えを知りたいことと、35キロの壁の具合というのも知りたい。

さて、今日はとにかくランナーが多かった。特に前半は、ちょうど愛媛マラソンスタート時刻をめどに試走されたと思われる方々で、視界からランナーが消えることがない程であった。

20キロ(E24キロ)1時間45分30秒(15-20は27分20秒)。今日の15キロはE19キロである。某ブログへ「立岩川の上りは、視覚的なものと基本的に追い風の可能性が高いことで、あまり上りとという意識を持たない方がいいですよ」というコメントを(最近)送ったことがある。が、現実はどうか。実は、確かに上りという意識は、風景としてあまり感じられないのだが、確かにペースは落ちている。立岩川の上りは延々2キロ続くのだが、この2キロで実に11分20秒かかっているのである。このあたりは、前回大会の先頭集団で優勝候補がこのあたりで脚に異常が生じてリタイヤしたということも、一応はとどめておかなければならないのかもしれない。

ハーフを1時間51分20秒で通過。このE25キロあたりであるが、第2折り返しをそのまま直進し、そのままショートカットでE29キロ地点へと向かう。25キロ(E32キロ)2時間12分10秒(20-25は26分40秒)と多少ペースアップ。

このあたり、左膝下付近が若干麻痺しているような感触を覚える。今日のペースは今までと比べると、尋常なペースではない。あるいは、今日は35キロの壁(といってもそれはゴールだが)があるかもしれない。しかし、それを経験するのもよかろう。第一、今現在ペースは落ちていない。

E35-36キロ平田の坂を5分30秒でクリアし、E36-37キロ平田バス停はなんと4分50秒でクリア。そのE37キロである30キロは2時間38分30秒(25-30は26分20秒)。

31キロ(E38キロ地点)を過ぎた谷町交差点で愛媛マラソンコースをはずれて、自宅までの距離調整に入る。31キロは2時間43分30秒と、前回マラソン同様に惰性の速度を維持している。32キロ(えひめ飲料工場前)は2時間48分50秒となるが、タイムよりも問題は、あと10キロをどのようなペースで走れるかどうかである。おそらく、過去2回のような終盤のペースアップはできないだろう。だが、32キロでペースが落ちたとはいえ、まだイーブンペースには違いない。

結局のところ、ゴール35キロは3時間04分20秒(30-35は25分50秒)と最後の5キロはペースが上がっていた。

このタイムで、あと7・295キロを54分程度で走れば、グロスサブ4、つまり第47回愛媛マラソン(終盤に強烈な上り坂あり)をクリアすることができたことになる。

というより、30-35キロを終盤ペースアップがなかったもの、つまり26分30秒だったとすると、3時間05分00秒。そこから平田の坂が始まり(記録上は平田の坂が重複するがそれは考えない)、多分あの体調では遅くとも1キロ6分00秒では走れただろうと思うし、下り坂もペースアップは可能だったと思うから、40キロを27分00秒として3時間32分00秒。そうすると、ゴールは3時間44分00秒、グロスタイム(ネットにも含まれるトイレロス等を含め)3時間47分では走れるだろうという結論になる。

愛媛マラソン当日、このペースで走るかどうかはともかくとして、現在の走りこみ時期に色々と調整すれば、一応グロス3時間50分切りは可能ではないか。

ただ、私の潜在体力的限界もこのあたりにあるような気がする。

Imgp8783

明日から、連続飛石行軍が始まる。

とはいえ、膝の具合もよろしくないし、風邪のせいか腹具合もよろしくない。

あまけに、明日からの3連休は荒天と予想されている。

今のところ、明日は33キロ走を予定している。

が、その後は「連続飛石行軍」とは言いながら、かずまるが12月31日完全フリーである以上、大掃除をしなければならないだろうから、前日30日に再び35キロ超走を予定している。となると、31日休暇、1日10キロ程度、2日休暇、3日21キロ程度と計画が立つのだが、逆に、29日までの行軍をどうしようか思案中。

膝の具合もよろしくないし。

Imgp8467

今日は職場の忘年会であった。その場所は、職場から500メートルほどの場所だったのだが、その間に3回ほど膝の関節が外れるような感触に襲われた。

一方、どうも今日は体調が悪いようだ。

職場では、現在インフルエンザが複数発生している。インフルエンザの予防接種をして、現在が最大の抵抗力を持っている時だから、簡単には発症しないとは思うが、気をつけなければならない。

ちなみに、今日の昼行軍、5キロ走最後の1キロが3分50秒だったのだが、どうも体調が悪い。

明後日、荒天の中での行軍が気になるところである。

Imgp8430

実際のところ、本番が大荒れの天気ということもありえるから、そういう中での練習も必要といえば、必要である。

が、昨年の12月21日(代休)の時のように、この時期ある程度の雨が降る中では、とても走れたものじゃない。

一方で、時折氷雨の降る中、ということであれば、ビニール合羽持参で走るということも考えられる。

天気予想は、気象庁では、金曜:曇一時雨か雪、土曜:曇、日曜:曇時々晴れ

WNIでは、金曜:曇、土曜:曇時々雨、日曜曇、となっている。

要するに、この3日間は冬型の気圧配置ですよ!北西の季節風が強く、愛媛マラソンコースの場合、雨か雪の恐れがありますよ!ということだろう。

一方で、WNIと専門天気図の週間予想天気図を見ると、大荒れにはなっても、大雨にはならないだろう、という気圧配置になっている。

まあ、防寒対策をして走れないこともないのであろう。

Imgp8788

今日は接骨院の通院日。施術師によると、膝にかなりのズレがみられるらしい。ただ、走ることを中止せよ!ということではないので、まあ、黄信号ということだろう。

というより、やはり最近の寒さが原因であることは間違いない。というより、今週末は、いわゆる「クリスマス寒波」の模様である。

さしあたり、今日は胃検診で、下剤を飲んでいることと、週明けということもあり、昼休みは全く外出しなかった。

22日(木)が雨模様らしいので、明日、明後日の昼行軍は敢行しなければならない。

昨年の今頃・・・そう!「グロスサブ4」を念仏のごとく唱えていた頃、某塾の方々の愛媛マラソン挑戦のブログを見つけた

塾のオーナーが自らを「船長」と称する、あのブログである。登場人物全てが「あだ名」で称されており、これは、「夏目漱石・坊っちゃん」に通じるものがある。というより、見ていて飽きないブログである。

当時はかずまるも中学受験中。塾は違うが、なんとなく「塾」と「愛媛マラソン」という言葉にひかれて、訪問していた。

現在も、(前述のとおり)内容が面白いから毎日見ているが、さすがに部外者なので、コメントは控えている。

さて、今日、そのブログからリンクされている別のブログ:その塾の関係者で、現在松山市内某国立大学院生のブログを見ていてのお話。

その方の出身地が阪神地方ということで、帰省中に撮影した駅(というより、駅の電気式時刻表)を撮影され、「この駅はどこでしょうか?」というのがあった。

まあ、時刻表を調べれば、判るのだが、その時刻表を見て、「三ノ宮」「宝塚・福知山」そして、少々見にくいが「北新地」の文字があれば一目瞭然である。

答えは、尼崎駅だ!

ただ、私は部外者だから、コメントは控えよう。

↑このページのトップヘ