かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学1年)」の父(55歳)です。

2012年05月

Imgp9368

2012年5月走行距離:311・0キロ、2012年走行距離:1403・3キロ

5月になって、ようやく(それも最終日に)月間走行距離が300キロを超えた。

去年の場合でも、5月ら303キロ走った後は10月まで延々200キロ台が続いたものだ。

さて、昨日寝た子を起こしたような痛みの続いた左肩であったが、なんと今朝になって痛みが引いていた。

なんで?不明・・・ま、悪いことではない。

しかも、昨日鎮痛剤の注射をしたうえに、消炎鎮痛剤を夜朝と投与している。

私しゃ、昔は、膝が痛くて消炎鎮痛剤を投与したら、膝にきくものだと思っていた。

が、そんな器用なことはできない。当然ながら、膝にもきいているはずだ。

だから、今日は5月最終日ということもあり、昼行軍5キロに加え、帰宅後も7キロを32分20秒で走ってきた。膝の具合は悪くはない。

さあ、明日から6月だ。

Imgp9389

2012年5月走行距離:299・0キロ

明日、昼行軍をすれば、今年初めての月間300キロを達成する。

1、3、4月が280キロ台、2月が227・0キロ。これは昨年より少ないのだが、年齢を考えると、当然だ!と思う反面、3時間30分切りを考えると複雑なところでもある。

さて、左肩の痛みであるが、昨日のヒアルロン酸注射(昨日の記載は誤りでした)で、なんらかの変化が出てきたのは事実である。

ただ、今まで痛かった動作の痛みが和らいだところがある一方で、寝た子を起こした部分も出できたのである。

一番厄介なのは、少しでも動かしたときに痛くなる現象が出たこと。

だから、ついに、肩サポータと腕吊りの出番となったのである。

ま、走る分には、あんまり問題ないし。

と思ったら、実は今年4月の駅トレで、リュックを担いで走ったとき、左肩が抜けるような痛みと言うより、痺れを感じたのも事実である。

これで、駅トレ・ザ・サードは全滅とあいなったことになる。

仕方がないから、地道に近場を走ろうか。

どーせ、これから、公園のはしご行軍が始まることだし。

Imgp9380

ランニングをするうえで、今の私に足りないもの。

多分、腹筋だと思う。

千葉真子さんが大櫛エリカさんを指導したとき、「腹筋が足りないため、状態が後ろへ反る」ということをおっしゃっておられた。

だから、意識はしているのだが、これだけは時間の経過とともに苦しくなる。

だから、フルマラソン3時間30分のためには、腹筋が必要なのだろう。

さて、4月1日に勝岡から太山寺まで尾根沿いトレイルランニングをしていて、下りのペースが上がっていたところで、根っこに脚を引っ掛け一回転して左肩を殴打、結果2ヶ月が経過しようとしているうのに、逆に痛みが増すため、意を決して2度目の整形外科へ行ってみた。

その結果、肩に異状ありと診断されてしまった。

骨折などというものではなく、いわゆる肩がズレてしまい、別の骨と接触しているわけですな。

しばらくは、ブロック注射とお付き合い。だから、昨日行った接骨院は、肩の治療を中止しなければならない。

P5190031

愛媛県内でもう一箇所フルマラソン大会があればいーな!と思う今日この頃。

これから述べることは、某所から聞いた話であり、何の根拠もない。

というのは、第47回以前の愛媛マラソンの頃(総合運動公園発着の頃)、コースがあまりに厳しいし、折り返しも多いため、時の西条市内の権威ある人(西条市長の可能性もある)が、「西条市内でコースを提供しよう」という話を持ちかけた。

一方で、それではメンツがつぶれてしまう松山市内の権威ある方々が、市民マラソンを提案したという話がある。

実際、市民マラソンとして松山市中心部移転を最初に提案したときは、まだまともな協議ができていなかったため、関係者は慌てたという。

そんなわけだから、いっそ、西条市内でもフルマラソンを開催してくれればいーなー!と思う今日この頃。

P5260045

2012/05/26伊予鉄道西衣山~衣山間

ここ数ヶ月は、休日の翌日はランニングを休む日と決めている。

とはいえ、1年前のこの時期と比べて、明らかに2キロ以上体重が増加しているのも事実である。具体的に言うと、通常1週間の最低体重となる土曜日は1年前は大体66キロ中ごろなのが、今年は68キロ後半である。しかも、昨年は6月下旬に一度64キロ台に突入しているのだ。

これは、通常冬場(正月に原因があるかもしれない)は夏場よりも2キロ程度に体重が増加する。そに中でフルマラソンに突入し、暑くなるとやはり2キロ程度減少するということを繰り返してきた。が、今年はなぜか減るどころか、増加傾向にあり、5月下旬になってようやく1キロ減ったものの、まだ2キロ以上の減量が必要な状況にある。

だから、月曜日というのは、いろいろと考える、あるいは妄想することが多い。

次回愛媛マラソンに適用される予定の「3時間30分以内の記録を持つ者の優遇措置」

正直なところ、かつての制限時間であった「3時間40分」にならなくてよかったと思っている。もしそうなったら、泣くに泣けない状況になる。高橋尚子さんとスタート時でのハイタッチをせんがために費やした15秒のロスタイム。これがなかったら、多分あと100メートル地点で時計を見て、猛然とスパートをすれば、あるいはグロスタイム3時間39分59秒という記録が出たかもしれないのだ。

まあ、過去を考えても仕方がない。前を見よう。

で、今日の妄想内容。

実際にはそんなことはないだろう。でも、あったら面白いもの。

「過去何年間かで3時間30分以内の記録を持つ者を優先する。」に追加して、

「3時間30分優遇措置に自己申告制を用いることも認める。但しこの場合は、達成できなかったら、次回(第52回)大会の出場を認めない。」

こーんなことになったら、私だったらどうしよう。

今私は、1キロ4分55秒でのイーブンペースの練習をしている。そのまま走りきれば、3時間27分40秒になる。それに、グロスロスタイム50秒とトイレロスタイム60秒を加算すると、3時間29分30秒になる。とりあえず、32キロまでは大丈夫だ。が、その先はわからない。

というより、35キロの壁って何?

ただ、昨年の6月は25キロ走で5キロ27分以上かかっていた。これは気温が違うとはいえ、その前の愛媛マラソン並である。今の25キロ走より10分遅い。

暑い夏をハーフマラソン1時間52分前後の練習を続けた。夏と冬ではハーフマラソンでは7分の差がでるという某サイトを信じて走り続けた。その結果、昨年9月下旬には5キロ25分50秒程度までペースを上げることに成功し、そのまま今治シティマラソンの前半をクリアした。さらに、その4ヶ月後にはほぼそのペースで第50回愛媛マラソンを走りきったわけである。

さあ、妄想はこれくらいにして、今年の夏に向き合うことにしようか。

Imgp9387

2012/05/27予讃線伊予和気~三津浜間13M

日曜日は15キロ程度とは言うものの、たいてい前日のダメージを引きずっているから、ほとんど気合の行軍となる。

今日も出撃当時で気温25度超。まだまだ夏の暑さではないとは言いながらも、やはり暑さを感じながらの出撃。

その結果は、5キロ23分35秒、10キロ47分15秒(5-10は23分40秒)、ゴール15キロは1時間10分00秒(10-15は22分45秒)であった。

ほとんど気合の世界なのであるが、その割には体重はほとんど減っていなかった。

ああ、気合も空回り・・・かな?

Imgp9381

2012/05/26予讃線光洋台~堀江間9D

今日は当初22D捕捉の28キロを考えていたのであるが、かずまるが今日1ヶ月に1回程度の土曜休日、しかも部活練習試合で午後3時過ぎには帰るであろうということで、出撃時刻を1時間早めた。

が、そのタイミングが問題である。予讃線の特急は一応1時間に1本走っているのではあるが、厳密にいうと5分程度の前後はある。が、私の走るスケジュールからいえば、この2~3分というのが致命傷になり、22D捕捉後の11Mならば、もう少しマシな撮影ができるところ、20M捕捉後の9Dはこのような結果になってしまった。

とはいえ、今日の場合、撮影は二の次。問題は、今日28キロを走れるかどうかである。

朝は濃霧ということもあり、気温が低かったが、昼前からどんどん気温が上昇する。しかも、湿度がいやに高い。だから、洗濯物が乾かない。実際、6時間でバスタオルが乾かなかったのである。

そのような緊張感の中での今日の結果。コースは、勝岡から堀江海岸を抜け、光洋台付近をいつもより1キロ長く設定し、国道196号の山手道路を走って、粟井川から国道196号へ入り、堀江からはいつものコースより1キロ長くする計28キロである。

5キロ24分40秒、10キロ(堀江)49分20秒(5-10は24分40秒)、15キロ(光洋台・三好整形外科北)1時間14分05秒(10-15は24分45秒)、20キロ(堀江)1時間38分40秒(15-20は24分35秒)、21・1キロ1時間44分05秒は、フルマラソン3時間半には届かないが、一応この時期ではこんなものか?

で、結局25キロ2時間03分00秒(20-25は24分20秒)で、ゴール28キロは2時間17分20秒であった。

まあ、この時期としてはまずまずだろうが、とにかくビールが旨い。

↑このページのトップヘ