かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学1年)」の父(55歳)です。

2013年02月

Imgp9847

2013/02/28予讃線三津浜~伊予和気間24M

今日は明後日の振替休日である。先週は平日5日間とも行事で拘束され、結局「土曜日出勤は超勤で対応せよ」という、ありがたいやら(私にとっては)ありがたくないやらだったのだが、とりあえず、今日は25キロ走って、月間走行距離200キロ超となった。

とはいえ、なんで200キロ超でこんなに苦労するねん?

さて、昨年のこの時期の記録をみていると、気がつくことがある。

昨年の今頃はネットタイム3時間30分をめざし、1キロ4分55秒のランニングを続けている。

具体的には、3月10日の30キロ平均タイムキロ4分55秒、その後は5月4日までずらりと25キロ試走10回で4分50~55秒を並べている。そして、5月12日の32キロ試走で2時間37分10秒(キロ4分55秒)で自信をつけたものだ。

今年はというと、先日の25キロ走で終盤までキロ4分42秒だった。

このペースで走れば、42・195キロ3時間18分前後となる。

昨日、3時間25分に壁があると申し上げたが、ひょっとすると、3時間20分は不可能な数値ではないのか?という希望の灯が遠くに見えている。

そうだ。今年は暑くなるまでキロ4分45秒のロング走をしてみよう!

このペースで走りきれば、3時間20分26秒。そして、平田の上り坂等、その速度では走れない区間、そしてグロスロスタイムとトイレロスタイム、さらに終盤のペースアップを考慮すると、大体3時間22分が目標となる。

3時間22分か!がんばろうではないか!

そんなことを考えながら、今日の25キロ試走は15時08分に24M補足を目標として出撃。

コースは、先日日曜日と同じだが、光洋台~粟井川間を逆に走る25キロ。

その結果は、5キロ23分10秒。先ほどの目標と全然関係ないトップスピードとなった。

これは、今日のところは25キロ事故自己記録を狙うことで許してやろう!

10キロ46分40秒(5-10は23分30秒)、15キロ1時間10分20秒(10-15は23分40秒)、20キロ1時間33分30秒(15-20は23分10秒)、21・1キロは1時間38分30秒。

が、20キロ以降、自分でも信じられないくらいペースが上がっていた。

ゴール25キロ1時間55分00秒(20-25は21分30秒)と前回よりもさらに1分30秒記録を更新したのだ。

どうりで、22キロあたりで苦しかったはずだ。

来週あたり、いよいよ30キロ試走を予定しているが、次こそはキロ4分45秒でどの程度持つのか、試してみたいものだ。

Imgp9468

1キロ4分55秒で走りとおした場合、42・195キロでは大体3時間27分30秒となる。

私が第51回愛媛マラソンで目標としたペースである。

前回は、ラスト5キロで失速してしまったが、逆にペースアップできれば、ネットタイム3時間25分台も不可能ではない。

逆に、1キロ4分50秒で走りとおせば、42・195キロは大体3時間24分00秒となる。

グロスタイムでもなんとか3時間25分切りが狙えるペースなのだが、愛媛マラソンのコースを考えた場合、そのペースで走りとおせない箇所があるのも事実だ。

なんとなく、10キロ43分弱、21・1キロ96分弱という私の記録を考えた場合、3時間25分あたりに壁があるような気がする。

それを超えるには、キロ4分50秒でハーフまで走り、その後もキロ5分を超えないペースを維持でき、ラスト5キロでペースアップできることが大前提となる。

が、今回の練習では、試走のラスト5キロを(42・2キロ試走でも)かなりのペースアップする練習を続けてきたにもかかわらず、本番ではラスト5キロで失速したということが、今でも脳裏をかすめることがある。

ともあれ、これから梅雨時期までは、なるべく愛媛マラソンコースを頻繁には走らないことにしている。

理由は簡単。年中走っていると、飽きてしまうからだ。また、夏場は給水の問題で自販機や公園の少ない同コースで長距離走ることは、まさに自殺行為だ。

というわけで、どこか良いコースはないかしらん。

Imgp9837

私は膝に爆弾を抱えているため、連続してマラソン大会に出走することはできない。

だから、そうじゃ吉備路マラソンにエントリーする場合は、愛媛マラソンに落選したことをさす。

さらに、来年に関しては、「アスリートエントリー枠が削除されたか基準が引き上げられた」「アスリートエントリーの応募で落選した(昨年は全員エントリー)」「(結果通常の)エントリー合戦に敗北」「大会当日事情で走れない」という条件がつく。

ただ、職場の上司が、早朝松山を出て参加したのに、自己記録がでたらしく、その意味では大変興味がある。

もっとも、公認コースでないのが玉にキズ。

さて、このそうじゃ吉備路マラソンのコースであるが、見事なまでの周回コースである。

基本的に2周するのだが、1周目だけは半周したところでさらにその内側を1周する。

実は、私は試走での場合だが、往復か、1周のみの周回コースが得意であり、周回コースを苦手としている。1周目の終盤、つまりスタートゴール地点に近くなったところでペースが上がってしまい、2周目に心が折れてしまうのだ。

あと、ワンウェイも苦手としているが、こちらは走っていて楽しいものの、なぜかペースが遅くなる。

だから、そうじゃ吉備路マラソンのコースを走ってみると、どうなるのか見当もつかない。

というわけで、気分を変える意味で、近く、擬似周回コースを設定してみよう。

コースは、先週日曜日の21・1キロコースを利用し、光洋台まで行って、一度和気まで戻り、もう一度光洋台まで行ってくる、だいたい30キロ程度のコース。

明後日が振替休日なのだが、今月はロクに走っておらず、明後日25キロ走ればかろうじて200キロ超となる程度。

だから、いまさら月間202キロも207キロも同じだから、明後日30キロ走るのはもったいない。

今週末は土曜出勤、日曜かずまるの部活大会同行で週末ロクに走れないようだから、来週あたり決行してみようか。

って、私は一体何を考えて走っているのだろうか?

実は昨年走ってみたかったのだが、第51回愛媛マラソンで3時間30分を切るという目標があったため、あえムリをしなかったのだ。

で、今日防府読売マラソンのサイトを見ていたら、2月21日に今年の12月の大会概要が掲載されていた。

な、なんと!募集定員が減っている!

具体的には、3時間15分以内のタイムを持つ者は無条件、3時間15~45分の男子1000人、3時間45分~4時間00分の男子300人でいずれも先着順、女性は4時間以内のタイムを持てば無条件になっている。

この3時間15分以内の者がどの程度いるかはわからないが、昨年は男子だけで2660人エントリーしたことを考えると、私にとっては、かなり狭き門になりそうだ。

少なくとも、前回のように愛媛マラソン抽選の部の結果を待って・・・という悠長なことはできまい。(昨年の場合、防府へ行かせぬかのように、抽選発表が直前になって延期され、確か抽選発表と防府の募集最終日が同時だったはず)

うーん、それなら、やっぱり今年は神戸か大阪へエントリーしてみようかしらん。(一昨年は双方落選、昨年は無視)

Imgp9821

衣山方面から北条方面へ行こうとして、伊予鉄バスに乗り、和気駅前バス停~伊予和気駅と乗り継ごうと思うと、嫌がらせをしているかのようなダイヤになっている。

具体的に言うと、伊予鉄道和気駅前バス停到着は、平日日中毎時10分と40分。

対する、JR伊予和気駅発は、10時以降、10時08分、10時39分、11時10分、11時35分、12時09分、12時39分、13時15分、13時41分、14時40分、15時06分と続く。

13時15分以外全く使い物にならない。

しかも、この13時15分の乗換えは過去2度やったが、いずれもバスが遅れ気味で、相当気をもんだ挙句、最後は駅へ飛び込んだものだ。

が、この3月ダイヤ改正で、JR12時09分の便が12時17分になるのである。

これは、なんとか使えそうだ。

で、なんでこうなったかというと、次の12時39分伊予北条行きが廃止になるため、前後の列車間隔を調整したのではないかと思われる。

しかも、松山始発は6分遅くなり、三津浜で推定8分停車して5Mを退避して14分遅くなり、伊予北条着は12分遅くなるものの、同駅発は3分遅いだけで、今治着は変わらない。

まあ、単線だから、ダイヤが乱れたときの対策として、余裕を持たせていたわけですな。

ただ、それにしても、松山~伊予北条間にしても、松山発12時01分の次が13時04分に減便。

S編成2連化といい、なんとも景気のよろしくない話である。

Imgp9842

JTB時刻表2013年3月号

JTBの時刻表は極めて誤植の少ない雑誌だとされている。

が、特急ミッドナイトEXP松山の編成に矛盾があるのを見つけた。

時刻表にはグリーン車のマークがあるが、編成表にはない。

とまあ、(JR時刻表を見たわけではないが)実際には編成表の方が正しいのではないかと思う。

現在は

L編成:松山(1092M)新居浜(回送)伊予西条(2M)岡山

S編成:松山(1092M出発後に回送)新居浜(9091M)松山

となっているのが、改正後は

L編成:松山(4時00分頃発の回送)今治(2M)岡山

S編成:松山(1092M)新居浜(9091M)松山

ということになるのではないだろうか。

今治始発が4時38分と、とてつもなく早くなるものの、実際に松山発(回送)は4時00分頃になる。

それなら、松山から客扱いしてくれよ!と言いたいが、これは松山駅職員等の人的配置の問題だろう。

一方で、今治駅はそれをクリアしたわけだから、松山駅も・・・と思うのは、仕方がないだろう。

思うだけなら自由だ。

もっとも、2Mが松山始発になったら、そうじゃ吉備路マラソンが日帰りできるというメリットだけだから、それ以上つっこむのはやめようか。

(追記)

JRの時刻表を確認したところ、1092MはS編成2連でした。

Imgp9833

2013/02/24予讃線光洋台~堀江間11M

この時期は案外スピードがでることが多い。

ただ、愛媛マラソン前夜もそうだったが、最近腰が痛い。

が、とりあえず走れないこともないが、終盤のペースアップで踏ん張れない。

ひょっとすると、先日の愛媛マラソンの終盤で失速したのは、この影響もあったかもしれない。

さて、今日はいよいよ25キロ走である。コースは愛媛マラソン2週間前と同じだが、復路平田の坂を越えずに内宮・和気方面へと流れる。

記録は5キロ23分30秒、10キロ47分00秒、15キロ1時間10分30秒とみごとに5キロ23分30秒。さらに20キロ1時間33分55秒(15-20は23分25秒)、21・1キロ1時間39分00秒位で、ゴール25キロは1時間56分30秒(20-25は22分35秒)と、自己記録を2分更新したのであった。

これは、どうも毎年のことらしい。

この時期に愛媛マラソン練習コースを走ると記録が出るが、調子に乗って、どこかへ行きたいなと思って、ワンウェイで走ると撃沈するのだ。

↑このページのトップヘ