かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(56歳)です。

2017年01月


2017-01-31

(出典:JR四国サイト)

いよいよJR四国から2600系特急型気動車が発表された。

高松運転所に到着するのが2月15日ということで、どうせなら形式に合わせて2月6日に来れば・・・というサイトも見かけたものだ。

一方で「だるま特急」というサイトも見かけたものだ。
あと、最高速度120キロというのが意外ではある。
そもそも、N2000系との混結は無理だろうとは思うが、振子式最高速度130キロと今回の2600系とでは、どの程度の速度差がでるのか?気になるところではある。

さて、今日の朝日新聞で2600系の記事が掲載されていたが、JR四国サイトに書かれている内容以外はほとんど先日の徳島新聞のパクリではないか?と思ったのは私だけであろうか。

今後の試運転であるが、2月15日に納車があって、3月ダイヤ改正に全く出てこないところを見ると、まさか、2000系TSEの時のように、これからしばらくは走行テストというなのだろうか。

いずれにしても、2000系の後継車両ということは、今後8600系どころではない大量納車となるはずだから、これからJR四国も大きく変わっていくことになるのだろう。

2017-01-26


(出典:愛媛マラソンサイト・高低図)

今回は、愛媛マラソン序盤の走り方である。

愛媛マラソンの特徴としては、1キロ手前の峠を過ぎたら、7・5キロの平田の坂のでは一方的に約22メートル下る。

以前、高橋尚子さんが「7キロを過ぎたら体が軽くなってペースが上がる。それを悪魔のささやきと呼んでます」とおっしゃられていた記事を見たことがある。

ただ、愛媛マラソンの場合は、その7キロから往路平田の坂が始まるため、そこから「吹っ飛ばす方々」は非常に少ないのではないか?と思う。

さて、2月の松山地方の標準的な天候として、実は松山市中心部は午前中「南風」が吹くことが多い。
そして、6キロを過ぎて堀江の海岸部が近づいてくると、次第に北からの風(つまり向かい風)を受け始める。

つまり、愛媛マラソンは1キロから7キロまでは「下り坂、かつ、追い風」ということになることが多い。

3時間30分を目指す場合、キロ5分で走り続けたら3時間30分59秒となるため、ネットタイムで単純計算したら、「1キロから7キロまでキロ4分50秒で走り、その後キロ5分00秒で走り続けたら、3時間29分59秒になる」計算になる。

つまり、グロスタイムを考えると、とにかく1秒でも5分を切り続ければ、サブ3・5は可能という皮算用ができるわけだ。

ただ、この「追い風」というのは、最近の愛媛マラソンでは、だんだんと期待できなくなってきている。

というのは、愛媛マラソンが市民化した第48回大会のスタート時刻は午前9時だったが、それが9時30分により、現在では10時になっている。
つまり、松山地方の南風というのはあくまで午前中のお話で、昼に近くなるにつれて風が弱まって「北西」からの風にかわるから、「追い風の恩恵」はだんだんと受けにくくなってきている。

まあ、第一、そういう天候になるかどうか解らないし・・・というところではある。

2017-01-30 (9)


最近、「OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」というメールが、相当数送り込まれている。

昨今の大学受験は、すべてインターネットからのやり取りであるため、めずらしく毎日メールでのやり取りをしていたのだが、ようやくすべての処理が終わって、今朝から必要のなくなった宿のキャンセルや実弟に会おうとしてメールを開いたら、出るわ!出るわ!(パチンコか?)

ちなみに、我が家には12台のパソコンがあるが、マイクロソフトオフィスは1台もインストールしていない。

某互換性ソフトが4台、5台にOpenOffixe、Linux機2台(ディストリビューションは4台分)にLibreOfficeをインストールしている。スティック機にはそれさえインストールしていない。というより、インストールする余裕も必要性もない。

それにしても、なんで、こんなメールが来るのかね。

そういえば、2年くらい前には「マイクロソフトなんたらパートナー」とかいうところから「パソコンがクラッシュ寸前です」と、しつこいほどの広告がLinux機に出ていたなあ。

それにしても、困ったものである。


DCIM0011 (2)

ちなみに、画像は昨年のものである。

今日帰宅中、いよいよ堀之内東側にこのような看板が立っているのを見かけた。

いよいよ、愛媛マラソンが近づいてきた。
私は、今週末は東京に出かけるから、まだまだ先のような気分でいるが、来週末が大会なんだよなあ。


とはいえ、もう何をすることもできない。
今までの練習の成果で結果を出すしかない。
むしろ、疲れをとるということの方が大事である。

ちなみに、今週末は金曜日に17キロ、土曜日に10キロ、日曜日に10キロをレースペースで走り、最後の1キロだけペースアップする予定である。しかも、いつものコースではないし、金曜日なんぞは大東京のそれも東京駅真北の道路(歩道)を皇居から隅田川に向けてまっすぐに走るから、皇居ラン10キロの後は、隅田川までは停止の連続になるのであろう。

さあ、第55回愛媛マラソンのペースはどうしようか。

予定では、ざっくりと、上り区間(等)のある、7~8キロ、35~36キロを5分03秒、20~22キロと37キロ以降を5分00秒、それ以外はキロ4分54秒で走ればネットタイム3時間27分50秒程度、つまりグロスタイム3時間28分後半を考えている。

ちなみに、昨年は10キロまでに1分の借金(キロ5分で走れば3時間30分59秒となる59秒)を返済し、17キロで1分の貯金(とはいえグロスロスタイム)、26キロで2分の貯金をもったものの、ラスト5キロで1分以上の借金となってしまった。

今回は前回の37キロ以降の落ち込みを前回大会でスピード不足となったことから、復路平田の坂でペースを上げ、そのままラスト5キロをペースを維持して走るという練習を繰り返したことでスピードを得ることができたが、逆に、大会ではここでの無理がラスト5キロの落ち込みになったのではないか?という反省に立ってみることにしている。

だから、26キロまでは前回並みのペースで走ることを想定している。3週間前と4週間前の30キロ・32キロ試走では少なくとも37キロまでは前回同様で走れるだろうと確信している。

そこで、35キロからの復路平田の坂で無理をせずに走り、37キロ以降の落ち込みを防ぐこと、そして40キロ以降はペースを上げ、40キロ以降は初マラソン時のタイムが実は最も良いという事態からの脱却をめざしたいと考えている。

2017-01-30 (8)


(出典:気象庁)

くどいようだが、この時期の天候は通常6・5~7日周期となる。

だから、一度ある曜日に雨が降れば、しばらく同じ曜日に雨ということがあり得る。

ここ3週間は日曜日がそうだった。

そして、今週は日曜日から月曜日の朝にかけて雨が降った。

で、今週末はというと、やはり日曜日に天気が崩れそうである。

これは「専門天気図」サイトを見れば、確かに日曜日に低気圧が通過する。ただし、低気圧は日本の南沿いをあまり発達せずに通過しそうだから、今のところ雨という予想が出ていない。ちなみに、伊豆諸島では日曜日に雨という予想が出ている。

となると、来週末、つまり大会当日の天気を予想すると、どうしても、土曜日から日曜日にかけて次の低気圧が通過するといういうことになる。

今週末程度の低気圧が通過してくれればよいのだが・・・ということになる。

20170130195840


かずまるが今日から受験で東京へ出かけた。

私の時は、東京も神戸も徳島も一人で出かけたものだが、時代は変わったものだ。(ただし、神戸の場合は母親が姫路の友人に会うため往路だけ同行した。その夜腹減ったので、「さんちか」へパンでも買いに出かけたら、あわや補導されかかったっけ)

今日から3泊4日で妻が同行し、木曜日に帰宅。そして、私が木曜最終便で4泊5日の東京に出かける。

で、これがかずまるから送られてきた写真で、両国のホテル前から撮影したものだが、国技館の向こうに東京スカイツリーが見える。さらに、ホテルの部屋からはJR両国駅がよく見えるらしい。

これは楽しみだ。

って、私は一体何をしにいくのだろうか。

一応、2月3日(金)は、かずまるを大学まで連れて行ってから、土日の受験会場を下見。

その後、馬喰町から東京までJRで移動し、皇居ラン2周してから東京駅北側の道から隅田川経由で帰る約17キロほどのラン。

2月4日(土)は、かずまるを大学まで連れて行ってから、日暮里駅北側のJR見学ポイントから谷中~千駄木経由で町屋~三ノ輪間を都電荒川線に乗り、秋葉原で少々物色してから、14時半頃から両国~浅草・途中東京スカイツリーあたりを回る約10キロラン。

2月5日(日)は、かずまるを大学まで連れて行ってから、非常にマイナーな理由だが、昨年夏ポケモンでにぎわい、そのごみ集めで、地元の子供たちが掃除をしていたという祐天寺~「世田谷公園」~池尻大橋経由で両国へ帰る。(ちなみに私のスマホではポケモンのゲームはできない。)そして、、12時30分頃から、今度は越中島方面へ約10キロラン。再び16時頃かずまるを迎えに新宿方面へ出かけ、実弟と会うという予定となっている。

とりあえず、日曜日以外は天気はよさそうだから(日曜日は曇り)、もはや、気合を入れて走る時期でもないし、レーススピードで走り、ラスト1キロあたりでペースアップする程度でよいだろう。

って、私は一体何をしにいくのだろうか。

2017-01-29 (1)


(出典:気象庁)

愛媛マラソンまで2週間を切ったところで、気象庁の天気予想を元に、大会当日の天気を予想してみる。

正直なところ、土曜日から日曜日の間に一度は雨になるのではないか?と考えられる。

というのは、通常2月は天気が安定しているとされる。
それは、一時3月に開催されていた東京マラソン等の大規模マラソンが、軒並み2月に引っ越してきたことを考えても納得できる思う。

その安定ということは、要するにこの時期は基本的に6・5~7日周期となる。
だから、一度ある曜日で雨だったら、しばらく同じ曜日で雨になるとされている。

ということで、この3週間、見事に日曜日は雨または雪となった。
で、いつこれが土曜日に移動するのか?と思っていたら、今週も日~月に天気が崩れ、今週末も日曜日「曇」と天気が崩れそうな雰囲気である。

だから、これが今日の11時の天気予想で、月曜日に「雨」マークが出たら、これは、ちょいとまずいと考える。

ただ、そもそも論として、「松山地方で一番寒いといわれる椿まつり」である今週末の気温が16度(平年9・4度)というのがおかしいのであって、本当に今年の愛媛マラソンの気候は「正直さっぱりわからない」状態である。

というわけで、誠に申し訳ないが、結局のところ、気象庁が発表する来週の日曜日まで解らないということになりそうだ。

↑このページのトップヘ