かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学3年)」の父(57歳)です。

2018年01月

9488037d


「@IT」サイトを見ていると、そういう記事が出ていた。(昨年12月22日の記事)

「なお、5GBまで無料でAmazon Driveが利用できるサービスが復活している(Unlimitedストレージプランと3カ月の無料体験の提供開始が行われたことで、5GBまでの無料プランは一時終了していた)。またAmazonプライムの会員になると、写真を容量無制限で保存できるプライムフォトが利用できる。」

この記事は、過去「うーん」と言わざる得ない「前歴」があるから、まともに信じてよいのかしらん、というところもあるのだが、まあ、先日の「旧パソコンを使ったNAS構築」では、一応最後のアクセス権のところまで行けたしなあ。

しかしながら、そこで(ランニングタイムになったため)一度パソコンをシャットダウンしたら、HDDからのブートができず、CDを入れたら「完璧に上書き」してしまったなあ、って、全く関係ないか。

とはいえ、私の場合は、例のKindle Fireの購入分による「5GB無料サービス」が継続していたため、結局のところ「復活の確認」はできない。

まあ、「いつの間にか消されてないか?」という不安はなくなっただけマシなのかもしれない。

2018-01-29


(上:専門天気図(左2/3正午、右2/4正午)、右:気象人サイト・2017年2月12日の気圧配置)

予想天気については、昨日と全く同じなので、今日は省略。

今日は大会当日の風について述べてみる。

実は、昨日「SunnySpot」サイトでは、土曜日の予想気圧配置で、秋田あたりに低気圧があるのが気になっていたのだが、あえて書かなかった。
だから、「後だしじゃんけん」で申し訳ないが、今日になって「専門天気図」土曜日の予想気圧配置に低気圧の「L」マークが出たので、ありゃと思ったものだ。

ちなみに、気象人サイトは、昨年の大会当日の気圧配置なのだが、なんとなく、予想気圧配置が似ているような気がしないでもない。

ということは、昨年と同様の大会になるとも考えられる。

ただ、違うところは次の2点。

(1)昨年の大会は、10時の気温5・4度、15時の気温8・3度だから、昨年よりは確実に寒くなる。

(2)高気圧と低気圧の位置が微妙に違う。昨年はこの気圧配置で、概ね西北西の風だったが、この向きだと、概ね「北~北西」になる。もっとも、いっそ「北北西の風の方が後半追い風になりやすい(完全には追い風にはならない)」ということはある。

※これは全く関係ないが、昨年の大会は私はDNSだったから、昨年の大会の要ははよく解らない。

ともかく、気温が低いことは事実だろうが、風は「弱くはないが、想定の範囲内」というところか。

ともかく、もう少し様子を見ようか。

61zyqKMFV9L__SX346_BO1,204,203,200_


買うのを忘れた私が悪いとはいえ、1月26日に発売になった時刻表が、自宅近くの書店では、今日既に売り切れ。

確かに、今月号は、3月ダイヤ改正の「特急列車等の時刻表の先行掲載」ではあるのだが、最近、書店そのものがやる気ないようにも思う。

というわけで、運送会社の方には誠に申し訳ないが、通信販売で購入されていただいた。

2018-01-28 (2)

(グーグルマップ)

愛媛マラソン4週間前に「こにしさん」から「肩甲骨が使われていない」という指摘を受けた。

既に大会の4週間前でもあり、当然「リスク」もあるのだが、次の理由からできる限りの矯正をしてみることにした。

●私の走りは「下を向いて走る」ことが多く、肩甲骨を意識する限り、上半身が起き上がる。これは、少なくとも「走りを変えるリスク」よりも「上半身を起こすことによるメリット」の方が遥かに大きい。

●私の初マラソンの時に読んだ「All Aboutサイトの谷中氏(更新日:2008年01月09日)」のコラムで「直前1ヶ月間にやってほしい準備といえば2つ。1つは絶対風邪をひかないこと、もう1つ即効性が期待できる筋トレです。」と書かれている。つまり、4週間前だったから、少なくとも、ストレッチは間に合うと考えたわけである。

●肩甲骨を使って走ることにより、骨盤が連動して、歩幅が伸びる。だが、今となっては、「それに伴う着地のダメージがどうか?」というリスクを伴うことは事実。

さて、最近の暴走であるが、昨日最終10キロ試走をしたときに気づいたことがある。

上の画像は、自宅からおよそ1キロ過ぎの県道和気衣山線であり、ここは、過去2回の試走会で走った場所である。

だが、通常私は、その左側の「くねくねしている農道」を走っている。(コースが複雑になるから、試走会では県道を走ったのだ)

で、その農道では、規則的に「鉄板(グレーチング)」が置かれていることが解ると思う。

このグレーチングは、昨日のような雨が降った時には「すべる」可能性があるから避けたいのだが、どうしても8歩目にひっかかる。

それが昨日は、7歩でグレーチングを通過する。

そこで、計算してみた。

単純計算として、今まで7・5歩かかっていたのが7歩で到達したと仮定する。

昨日のガーミンの記録では、1キロあたりの歩数187歩、1歩あたりの歩幅1・14メートルと計測されている。

7歩あたり、歩幅1・14メートルの半分である0・57メートル延びたとする。
7歩ということは、1キロあたり26・7回通過するから、その度に0・57メートル延びたとすると、1キロあたり1・5%ペースアップしたことになる。

これをキロ4分50秒の走りに当てはめると、キロ当たり5秒速くなるという計算になる。

一方、昨年12月16日の30キロ試走2時間23分51秒(キロ4分47・5秒)と、今年1月13日の30キロ試走2時間21分45秒(キロ4分43・5秒)の速度比は、なんと1・48%。

あらら・・・なんと見事な平城京。

ということは、2年前の第54回愛媛マラソンでは25キロまで、見事にキロ4分52~53秒を刻んだものだが、その計算で行けば、キロ4分48秒で、30キロ2時間24分、フルマラソンではネットタイム3時間22分台という計算になる。

ともかく、気象状態とは相談しなければならないが、体調管理に努めて、なんとか頑張りたいものである。

7465e35c

第56回愛媛マラソンのすべての試走が終わって、ふと思うこと・・・

51週間前の今日、かずまるの受験に付き合い、東京から帰ってきて、翌日インフルエンザを発症し、第55回愛媛マラソンDNS。

そして、第56回大会へ向けて、万全の練習をしてきた。

体調も今のところ、多少胃腸の不安があるが、今週中に対処しよう。

ただ、肝心の天候が、まさに「天が味方をしてくれない」状況にある。

もはや、「寒さ対策を考える練習」もできないし、運動負荷を減らした分だけは食事量も落とさなければならないが、この低温状態では、食事量は落とせないし、なによりも飲酒も節制となる。

1年で一番「イライラする時期」に「天候のイライラ」が増えたわけだ。

一方で、かずまるは第56回大会の翌々日に帰省してくる。

大会当日は、「ここで頑張れば、かずまるに大きな顔ができる!」と思いながら走るか?

まあ、ただ、それだけではあるが・・・

20180128_131015

Linux機のNAS化計画が失敗し、元のShaletOSへ戻したことから、Win8機に(HDD換装)Ubuntu16・04LTSをインストールする必要性もなくなった。

このため、元のWindows8・1へ戻そうとHDDを換装したら、なんと「響き渡る恐怖のビープ音!」

普通そこでは「HDDの換装を繰り返したことによる不具合」と思うわな。

だから、HDDあたりを必死で検証したが、なしのつぶて。

一時は、破棄も考えた。

だが、ビープ音の回数から検索すると、どうも「メモリの不具合」らしい。

そこで、ディスプレイ共有状態では確認ができないこともあり、かずまる室の元メイン機に接続したところ、やはりメモリの不具合。

しかも、昨年6月に秋葉原で購入した「DDR2 PC-5300の2GB、800円」が不具合を起こしてしまったのであった。

20180128_131333

仕方がないから、元の(純正?)メモリ(1GB)を装着することに。

とりあえず、メモリは元の2GBになってしまったが、無事に起動したし、とりあえず、2023年までは活躍してくれることであろう。

20180128_161252


2018/01/28予讃線伊予和気~三津浜間13M

今日は、愛媛マラソン1週間前の10キロ試走。
これは、過去9回全て走っており、まあ、イベントとなっている。

今日は、昼前後が「雨」とされていたのだが、15時には雨も上がり、15時45分に行軍開始。

距離:10キロ、風:ほとんど無風、体調:やや風邪気味、心肺:普通、胃:普通、腸:普通、大腿部:左がやや気になる、膝:普通、腰:普通、右腓骨:気にならなかった

  14:470:04,47
  24:330:09,20
  34:390:14,00
  44:410:18,41
  54:390:23,200:23:20
  64:390:27,59
  74:440:32,44
  84:460:37,30
  94:390:42,10
  104:290:46,390:23:19

今日が最後の試走である。

一応、水曜日あたりに帰宅後ランを考えてはいるが、このあたりは仕事の都合もあるし。

さて、今日の反省をしてみると、やっぱり、暴走しているようである。

7~8キロで一旦キロ4分40秒台に落ちているのは、意識的にピッチを落ちしてみた結果である。

ただ、これがどのような作用をもたらすのか?(最近、歩幅が伸びたことでペースが上がったが、そのダメージはどうか?そして、ピッチを下げることで、ペースが元に戻ったとしても、そのダメージを回収できるか?)それを検証する時間はない。

それを考えれば、いっそ「無理してブレーキをかけなくても、先日の30キロ試走とまではいかないが、とっとと走って、終盤の失速に耐えれる貯金をするのが良いのではないか?」という考えもないではない。

そのあたりは、残された時間で考えよう。

↑このページのトップヘ