2018-01-31 (1)


(上:専門天気図(左2/3、右2/4)、下:気象人サイト)

今日になって、大会当日の最高気温が1度上がったが、とりあえず「低温」であることには違いないので、今回は「風」について考察してみた。

気象人サイトは、昨年の大会当日の気圧配置である。

そうしてみると、なんとなく、前回第55回大会と「ほぼ同じ」気圧配置の可能性はある。

同大会「私はDNS」だったので、よくは解らないが、基本的に「横風」だったのではないか?あるいは、往路「若干の追い風、復路横風」だったのではないか?という気がしないでもない。

いずれにしても、「石橋を叩いて渡るほど神経質な私」でさえ、往路追い風だったら「復路は向かい風に違いない」という気持ちで自重することが「既に負けている」と考える。

もちろん暴走はいけないが、追い風状態で「無理をしてブレーキをかける走り」に関しては否定したいと思う。

というわけで、引き続き、大会当日の「風」について考察を続けたいと思います。