cd42396e

Windows10は「最後のOS」と言われながらも、ローリングリリースのように、定期的にバージョンを上げていかなければ、いずれはサポート期限を迎える。

現在解っているもので、次のとおり。

●バージョン1607・・・サポート期限2018/4/10

●バージョン1703・・・サポート期限2018/10/09

●バージョン1709・・・サポート期限2019/4/9

我が家のパソコン群は、かずまる宅の3台を含め、9台全てバージョン1709ではある。

ただ、この表を見ると、実際には、12か月ごと、つまり1バージョン飛ばしで対応したので良いということにもなる。

実際、我が職場は来年Windows10に切り替える際、そのような計画を持っているようだ。

つまり、かずまる宅のノート機やスティック機は、帰省時に持って帰ることも可能だが、かずまる専用機は、こちらが出かけた時でなければアップデートできない。

現時点では、かずまるが20歳になる今年6月第2週以降に出かけて、近くの「ビール園」へ出かける予定であり、その際は、当然ながら次期バージョンに更新する予定だが、実際には更に1年間放っておいても、サポート状態からいえば、問題はない。

ただ、かずまる専用機は、セキュリティソフトをトレンドマイクロからカスペルスキーに切り替える必要性もあるから、出かける必要性は残っている。

まあ、そのあたりをうまく利用して、今後のかずまる宅へ出かける「口実」にすることになるのだろう。