31291


JR四国の平成30年度事業計画の中で、「特急車両については、老朽化した2000系特急気動車の置き換えを行うため、新型特急気動車を新製し、利便性・快適性の向上を図る」「新型特急気動車4両を新製する」と書かれている。

で、気になるのが、その特急列車の形式番号である。

●2700系2700、2800、2900とするのか?(8600系の例)

●2700系2700、2800で納めてしまうか?(このあたりは中間車両が作成されるかどうかだろうなあ)

●新形式(例えば3000系)とするか?

そういえば、8600系の試作車4両ができた時は、8600と8750で、増備の際にG車8700とT車8800が運用についたが、2600系の場合は2600と2650で納めている。

電車と気動車の差はあるが、過去の命名例でいえば、2000系は2000がG車だったことを考えると、2700と2750、あるいは、8600系の例ならば2600と2750となることを考えると、ひょっとして、2600系が成功すればG車を2700とし、失敗したら振り子車両増備(?)を考慮して、できる限り「車両番号を空けておく」ことを考えたのか?という気がしないでもない。

いずれにしても、実に興味があるところではある。