wattos1


WattOSはR8はDebian系だったのが、R9からはUbubtuベースとなった。

そこで、インストールしてみることに。

インストールしたのは、R9でUbuntu14・04LTSベースとなっているから、早いうちにR10にアップグレードする必要があるのかもしれない。

現時点の評価は次のとおり。


(1)iso媒体・・・DVD-R(iso744MB、残念ながらCDには収まらない)
(2)インストール・・・英語のままインストールだが、特に問題なし
(3)sudo命令・・・普通に可能
(4)デスクトップ・・・実にWindows風、また、アイコンが下側にあるため、頭上のディスプレイでも操作可能
(5)ブラウザ・・・Firefoxが最初からインストール
(6)Windows共有・・・普通に可能
(7)mp4・・・clemeitineで視聴可能
(8)日本語化・・・困難、さらに日本語入力ができない

日本語化については、「setting(設定)」→「language(言語)」で日本語をインストールして、一番上へ設定することで、なんとか可能。

一方、日本語入力であるが、「fcitx-mozc」をインストールしたものの、オフィスでは日本語入力ができない。

このため、「/etc/profile」に例の呪文5行を入力。

export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
exec ibus-daemon -dx &
ibus-daemon -r -d -x

ところが、このファイルが保存できない。

再び、指南書とにらめっこというわけで、しばし、ここで中断ということになった。