144a9721

Linuxランキング(2019年1月第4週)

ディストロウオッチサイトに「ページヒットランキング」があるのだが、前1週間のランキングは次のとおり。

1 MX Linux 4405<

2 Manjaro 3620>

3 Mint 2315>

4 elementary 1740>

5 Debian 1719>

6 Ubuntu 1407>

7 Parrot 1236<

8 Solus 1068>

9 Fedora 980>

10 deepin 826


週間ランキングにすると、結構出入りが多くて、退屈しませんな。

というわけで、今回は8位のSolusの話題。

というより、ずっとランクインしているのに、ずっと無視してましたな。

Solusは、昨年怒涛のインストールの時に試しており、10月3日に「撃沈」の結果を聞いている。

Solusは、アイルランド産のRedHat系ディストリビューション。


(1)パッケージ管理方法・・・pisi

(2)デスククトップ環境・・・MATE他

(3)最新バージョン:3(2017年8月)

(4)インストーラー・・・グラフィック

(5)多言語対応・・・不明


というわけで、インストール。

「pisi」が気になったのだが、インストール途中で、フリーズ!!

ということで、結局これまた退場となった。