344ae9b1

我が家のLinux機のスペックは次のとおり。

DellOptiPlex330(2007.09販売開始、2013.06中古購入)WindowsXp→Windows8・1pro32bit→Lubuntu18・04(64bit)、PentiumDualCore(E2180)2・0GHz、メモリ4GB(PC2-6400・2スロットMAX4)、HDD160G

2015年11月のWIndows10大型更新時のネット障害で、WIndows10群が利用できない中で、当時WIndows8・1だった同機が大車輪の活躍をしてくれたものだ。

だから、その後Windows10への督促をする「田マーク」が出てもひたすら、WIndows8・1を貫いたものだ。

時代は下り、同機と現Win8のどちらを「窓社機」として残すか考えた末、結局CPUスコアの高い(実際にはどんぐりの背比べともいう)現Win8機(FMV-ESPRIMO D5260)を選んだ。

つまり、現Linux機もおそらく、今Windows10クリーンインストールはできるのではないか?という気もする。

実際、WIndows7のライセンスがあと1台残っているから、不可能ではないとは思うものの、やはり現実的にはこのままLinuix機として稼働続けることになるのだろう。

いずれにしても、Windows8・1をインストールし、サブ機として、一時はこのマシンが壊れたら困るという時代もあったわけで、販売開始後既に11年半を経過し、いまだLinux機として活躍する同機に感謝するものである。