76537027

そもそも私がLinuxへ舵をとったのは、平成17年頃。

ちょうど、Windows2000が2005年(平成17年)6月に、さらにWindowsMeが2006年(平成18)7月サポート切れで、我が家で大量のパソコンが余る結果となった頃である。

Linuxは通常はインストールすることに対して費用が発生しないこと、これが「窓社帝国エクソダス」の第一歩として、大量に余るパソコン対策だった。

で、その記念すべき最初のLinuxディストリビューションがVineLinux4だったわけだ。

当時は、今のように自分でミラーサイトからダウンロードする技術もなく、たまたま目についた書籍のおまけだったCDを利用したものだったが、Windowsとの共有まではいたらず。

その後、RedHatLinux9の分厚い(CD2枚付き)書籍を購入して、Linux側のデータをブラウザで確認できるまでには資質向上(?)

で、2013年にUbuntu10.04LTSを(これまた中古パソコン誌のCDを)購入、ここでようやくWindows側との共有ができるようになったものだ。(実に8年かかっている。)

さらに、見た目Windowsに似ているLinuxMintへの移行をしたものの、そのころ同ディストリビューションをインストールしたパソコン2台が立て続けに壊れるという「黒歴史」が発生する。

というわけでもないのだが、実はまだこの段階で「かな変換」ができなかったことがLinuxMintとの決別の理由でもある。

そして、行き着いたのが「SolydX」。

これは本当に使いやすかったのだが、いかんせん「あまりにマイナー」なディストリビューションだっため、ディストロウォッチサイトでも一時期「休眠中」となっていたこともあり、常に「次のディストリビューションを探す」という癖がついてしまったのかもしれない。

ただ、このSolydXは、バージョン9となったところで、Windows7並みのスペックを必要とするようになった。具体的には起動時のメモリ使用量が1GBで、メモリ4GBのパソコンだから特に問題はなかったものの、マイナーなことも含め将来的な不安があったことも事実。

実際には「Lubuntu」をインストールすれば良いのだろうが、当時のLinux機(AMD)ではUbuntu系のディストリビューションがインストールできないということもあり、結局Linux機(AMD)終焉まで稼働したものだ。

その後のLinux機は「DellOptiPlex330」としたため、この段階でめでたくLubuntuをインストール。

こちらは、近くリリースされるであろうバージョン20.04LTSにアップグレードすることになるのだろう。

一方、Linuxノート機。

こちらは、一応Windows10へのアップグレードの実績もあるし、あと1枚プロダクトキーもあるから、現在でもWIndows7経由での稼働もできないことはないが、いまさら・・・でもある。事実、現Win8機(こちらはメモリ4GB)もWindows8.1サポート期限後はWindows10へ戻さず、Linux機とすることにしている。(注釈として、前述のWindows7のプロダクトキーの残る1枚は現Win8機用としてHDD換装させており、宙ぶらりんの状態だから、このHDDを初期化すれば、ノート機へのインストールは理屈上可能)

さて、このLinuxノート機のやっかいなことは、32bitディストリビューションでなければインストールできないこと。

Windowsのサポート切れを狙った新規Linuxディストリビューションは多く出回っているが、最近のLinuxは64bitのみということが多く、なかなか32bit系のディストリビューションはない。

その中で、2024年4月までサポート期限のあるKonaLinux5と出会うことができたのは幸運であり、さすがにこのLinuxノート機も2024年まで稼働できれば「お疲れ様」の域だろう。

というわけで、我が家では、先日来「2024年問題」をうんちく述べてきたわけだが、今後は我が家のパソコン群が「緩やかな終焉」を迎える、これが我が家の2024年問題だということはLinux側からもいえることなのだろう。