かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学4年)」の父(57歳)です。

カテゴリ: かずまるの自己主張

20200209_150627

かずまるが大学生になって、「爆風」への搭乗回数が増えたわけだが、それにしても、閑散期は妻と2人で往復して3万円ちょいとという金額は、確かに激安ではある。

一方で、繁忙期の場合は、当初は3万円という「ふざけた」金額設定していながら、最終的に値段が下がったりする「訳の分からん」値段設定でもある。

だから、昨年GWの10連休では、結局「鶴」の早割の方が安かったという結果にもなっている。

また、時に「当該値段ではあと1席です」という記載があり、だったら、その「席」が予約されたら、「普通」値段が上がる・・・と思ったら、逆に値段が下がったりする「詐欺まがい」のような事例もあるし、次に見たら「5席」に増えていたり・・・ともかく訳の分からん航空会社ではある。

さて、そういう「爆星」への会員手続きを3年前にやったところ、今になって「誤り」が見つかった。

以前から、私の「英文字氏名」の前に「Ms」が表記されていて、おかしいなあ?とは思っていたが、その隣の姓名欄にはしっかりと「男」と書かれているから、まあいいのだろうと思っていた。

それが、今年2月の「爆星」利用時、カウンターの担当者に「怪訝な顔」をされ、「ん?」と思ったら、「あなたは、登録上「女性」になっているのですが、本当に女性ですか?」と言われた(笑)

「は?」ではあったが、心当たりもあるので、説明をすると、確かに登録内容が「上述のとおり」になっていることを確認していただき、最終的には「次の利用機会までに(チャットで)登録変更をしてください」。

そういうわけで、そのまま例の感染症問題や私の病歴問題で、利用することもなく半年近く「放置」していたのだが、ようやく昨日登録情報を修正。

でも、なんで3年も経過してから指摘されたのだろう?

この登録情報修正を「爆星のチャットシステム」で行うというのが面白いと思うのだが、過去の「昨年1月のかずまる成人式帰省直前のまさかの運休による払戻し」や「昨年10月の成田空港冠水による直前運休によるお見舞金支給」なども全て「チャットシステム」によって行われるわけだ。

というわけで、昨日私は無事「男」として登録されました・・・というお話。

20200708_163223

2020/07/08予讃線三津浜~伊予和気間26M

職場で7月~9月の間に夏季休暇が3日という制度と、その帰還に4日は有給休暇を取得せよというお達しがある。

今年は9月が忙しくなりそうなので、まずは今日、夏季休暇を取得。

まずは、朝7時頃からジムトレ。

「1セット当たり20回で」腹筋を12セット、胸を6セット、脇腹を6セット、お尻を6セット。

そして、以前から気になっていた整形外科に通院。

というのは、最近右3指に「ばね指現象」があって、曲げられない。(過去には「跳ね指」と書いたこともあったが、「ばね指」が正しい。なお、右2指は「第1関節全損」で、こちらは一生治らない。)

この整形外科は、かつて2012年9月に通院したところで、いわゆる「ペインクリニック」。

だが、最近は月~土まで開院しているのが午前中のみで、行こうとすれば土曜日だけなのだが、最近土曜日は雨が多いため、今日の「この時」を狙って通院。

その結果は、「関節がぐきっとなる現象がなくなった」わけで、医師によると、「2、3日すれば指が曲がるようになるが、調子が悪ければ来週あたりもう一度通院しなさい」ということだった。

ただ、局部麻酔の影響で、昼過ぎまで右手が麻痺しており、今日の行軍はどうしようか?

20200604_122547

昨夜、就寝時、とても眠かったのだが、「睡眠薬」を飲み忘れたため、無理して起きて服薬を・・・と書いたら、単なるギャグになる。

実際は、「睡眠薬」とは「副作用」の話で、「心臓の薬」である。

特に体調不良もなかったのだが、就寝時等心拍数が落ちてくるときに、不整脈が発生する可能性が最も高くなるから、飲まないわけにはいかず・・・

時に、心臓に「?」という感覚があるのがどうしても気になるのだが、幸い術後に「不整脈」が発生したことは一度もないのが救いである。

もっとも、医師は「成功して当たり前」とおっしゃっている。

そして、来週月曜日は通院日。

この日は検査はないらしいから、ここで医師の問診があって、あらためて検査日が設定されるのかもしれない。

ともかく、5月7日(木)のジョグ解禁から既に4週間が経過。

未だに、「ランニングの負荷半分」「ランニングの距離半分」「膝防護半分」の状態が続いているが、でも「走るンです」いや、「治るンです」となってほしいものである。

で、結局最後はギャグだったか。

20200422_123619

昨年10月31日にカテーテルアブレーションを勧められて実に176日。

今日が入院の日。

「復活の日」まで、あと1日。

2週間前に一度延期の打診を受け、更に昨今の状況により、一日一日がものすごく長く感じられた中、今日の日がやってくると、実は「手術に関する不安がちょいと出てきた」ことも事実。

でも、すべてを乗り越えて、絶対に次回愛媛マラソンで「サブ3.5」を達成するぞ!

とりあえず、今のところ36.3度。

そして、「臭覚」「味覚」ともに平常。

ただ、朝は絶食だけど・・・

ともかく、行ってきます。

20200417_121552

今日のところは、医療機関からの電話なし。

とりあえず、長い一日が終わった。

不整脈改善薬は今日の夜をもって中止。

入院まであと7日。

2020-04-17

さて、明日の天気であるが、先日の予想どおりの「天気予想」になりましたな。

「表記」だけを見れば「曇一時雨」だが、午前6時以降の降水確率はずっと10%。

「雨後曇」と表記できんのか?といつも思う。

063911082005

昨今の殺伐とした日々のなかで、とりあえず・・・

「三都物語」ではなく、「にゃんこ物語」。

なんともまあ、神経が伸びてしまいそうな風景だこと。

撮影は、2005年8月10日。

20190817_114548

こちらは、私のランニングコース上で、2019年8月17日撮影。

このにゃんこは、1か月位前にも再会。

20200409_123709

今日は、休暇をとって、8時30分に医療機関到着。

で、結論として、予定よりも1日遅れの4月25日ということで「決着」。

その後は、検査をしたり、入院当日の説明を受けたり、高額医療の説明を受けたり、投薬打ち切りの説明を受けたり・・・

さらに、予想どおり院長からは「どのように体調が悪いか?」という突っ込みが入った。

実は、4月7日の当ブログで「昨日の仕事中、仕事の内容ではないところで「ショッキング」なことがあって、それから帰宅後もずっと体調不良の兆しがあったこともある。」と書いたのだが、それ以降「発作(期外収縮)」が頻発し、さらに翌日(4月7日)には、久しぶりに心房細動が発生したことを説明。(※ブログをよく読めば、心房細動が発生したのは4月6日だった。まあ、今更いいや。)

心房細動について、院長は「1分くらいだろ」、私「いえ、10分位続きました」と説明。

院長の顔には「絶妙のタイミングだな」と書いていたような・・・

というわけで、昼過ぎには帰宅・・・というところで、院長から「それは新たな場所での心房細動が発生した恐れがある」ということで、24時間ホルター心電図を装着することに・・・

げげっ、それでは今日は走れない・・・

しかも、日曜日が「大雨」になった。

これは、日曜日は「念には念を入れた」状態で10キロ程度のランニングマシンになるのだろうが、明日土曜日に30キロ以上の行軍をしなければならなくなった。

まあ、次回愛媛マラソンの「光」が見えたのだから、そのくらいは我慢せよ・・・だろうな。

とはいえ、24時間ホルター心電図を装着したら、「今日はシャワーもダメだから、その範囲で運動をしてください」という「私にとっては訳の分からん」一日となる。

仕方がないから、とりあえず片道9キロ先にある「(なんとなくそのうち規制のかかりそうな)行きつけの理容室」へ「クロスバイク」で気合を入れて走らせてきた。

でも、明日は午後6時以降の降水確率30%だが、なんとなく15時を過ぎたら「いつ雨が降ってもおかしくない」ような「予想雨雲レーダ」のような感じなので、13時過ぎには出撃しよう。

だから、散髪の後、桜を見にウォーキングでもしようか、とも思ったが、どーせ走れないなら、明日の長距離試走に体力温存しておこうと自重。

これで、明日朝、午前7時頃に「がら空きだったら、ジムトレ」してから、ホルター心電図を外しに出かけましょうかな。

「復活の日」までは、1日延びて、あと15日。

↑このページのトップヘ