かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(56歳)です。

カテゴリ: JR四国みたまま

20180818_182052

2018/08/18予讃線三津浜~松山間

ちょうど伊予鉄道西衣山駅から自宅に帰るところ。

18時24分発の電車を待っていたため、17Mが通過するのかな?と思っていると、2000系が1両で通過していった。

2150形かな?2100形かな?私には、そこまで解らん。

ちなみに、17Mの直前にそのスジがあることは、今治通勤時からわかっているため、帰宅後ランで見ることもある。(もっとも、時間的にはかなり難しい・・・また、平成16年頃は、この列車を菊間駅で追い抜いていたが、そのうち17Mが遅くなったため、結局17Mの直前を走るようになった。)

ただ、そういう状況ということは、予讃線は10分近く遅れていたことになる。

20180809_162316

2018/08/09予讃線伊予和気~三津浜間13M

予讃線本山~観音寺間の橋梁被災から、本日(仮橋梁での)開通し、その間運休していた13Mも今日から復活した。

お帰りやっしゃー!!

ちなみに、ひとつ気になることと言えば、今日の13Mは8分遅れていたこと。

被災の橋梁は徐行運転していたわけで、それからいえば、遅延は当然のこと。

ただ、平成16年災害の場合は、徐行区間が長かったこともあり、上り便は岡山で通常よりも20分後の新幹線への乗り継ぎとしていたし、このときは、しばらくの間13Mと14Mが運休していた。

それを考えると・・・と思うが、まあ、盆ということもあるし・・・なのだが、慢性的に遅延するならば・・・というところではある。

20180622_172135

2018/06/22予讃線伊予和気~三津浜間15M

今日の15Mと28MはL編成のみの5両編成で運転されていた。

かつて、電力不足の時は、意図的にそういう編成を見ることはあったが、特に28Mは松山始発時は夕方の通勤・通学ラッシュであるから、そういうことを意図的にするとは思えないから、やっぱり、なんらかの不具合があったのかもしれない。

20180609_153226


2018/06/09予讃線三津浜~伊予和気間24M

G車2両の8両編成ですな。

さて、来週土曜日が「えひめ5時間リレーマラソン」なのだが、ここでは必要以上のスピードよりも「5時間の間に走れる体力の方が必要」と思い、今日のところは「ゆっくりと」走ってきたのであった。

距離:20キロ、気温28・7度、風:微風、体調:やや重い、心肺:普通、胃:普通、腸:普通、大腿部:普通、膝:普通、腰:普通、左腸脛靭帯:普通

  15:100:05,11
  25:170:10,28
  35:210:15,49
  45:160:21,06
  55:080:26,140:26:14
  65:260:31,41
  75:200:37,01
  85:060:42,08
  95:200:47,28
  105:160:52,450:26:31
  115:150:58,00
  125:111:03,11
  135:101:08,22
  145:141:13,37
  155:011:18,380:25:53
  165:091:23,47
  174:561:28,43
  184:481:33,31
  194:461:38,18
  204:291:42,470:24:09

まあ、体が「やや重い」というのは、今日の天候によるのだろう。

気温28・7度、不快指数78・2は、まだまだ灼熱のそれではないのだが、とにかく蒸し暑かった。

むしろ、この時期はまだ暑さに慣れていないことから、過去何度か倒れたこともあるため、今日のところは「安全運転」。

まあ、とりあえず、キロ4分50秒では走れるでしょう、というところか。

20180603_153314 - コピー


2018/06/03予讃線三津浜~伊予和気間24M

最近の帰宅後ランでは17Mに8600系3両+2両+3両の編成を見るのだが、今日は24Mで同編成を見かけた。

まあ、6Mから始まる運用の場合は17Mが同編成となり、12Mから始まる運用ならば24Mが同編成となる。

しかし、12Mの場合は、その前段として1043Mの編成がどうだったのか?ということになる。

つまり、1043Mで高松から送りこまれてくるわけであるから、あるいは、日曜日は12Mから始まる編成に組み込まれ、明日の6Mから始まる編成に充当されるということか?

そのあたりは、明日の17Mを確認すれば解ることかもしれない。

それにしても、複雑な運用だし、乗客も困るのではないか?という気がしないでもない。

20180530_182630

2018/05/30予讃線伊予和気~三津浜間17M

G車2両の8両編成が続いておりますな。

さて、昨夜は土曜日から5日連続試走なのだが、ともかく、昨日は水曜日ということで、定時帰宅が簡単ということもあり、とっとと帰って10キロ走り、これで月間走行距離は303キロと、この2か月の走行距離は611キロとなった。

  15:020:05,02
  24:450:09,47
  34:420:14,30
  44:420:19,13
  54:460:24,000:24:00
  64:440:28,44
  74:400:33,24
  84:330:37,57
  94:280:42,26
  104:250:46,510:22:52

ちなみに、今日と明日は休養で、明後日の土曜日から再びランニングを開始する予定。

とりあえず、今シーズンは、6月以降も月間走行距離280キロをめざして走ろうと考えている。

そして、7月は、うち2週間(第2週と第4週)が東京での研修施設入所で、なおかつ、研修施設周囲がランニングコースになっていることもあり、天候の問題はあるが、できれば夕方ランができれば・・・と考えている。

20180430_151230


8600系E3編成が納車されたときは、「JR西日本・伯備線381系後継車のテスト用としての貸出対策」かな?と思っていた。

実際、昨年夏には、8600系が伯備線で試走していたわけだし、3編成目が製造されるとなれば、(時期的に)当然ながらそう思うわな。

だが、そうではなく、E3編成の投入とともに、8000系S1編成が運用を外れたらしく、近く廃車になるらしい。

S1編成は、8101+8101+8501で、S編成唯一(3両編成の場合)2M1T(他は1M2T)だったわけで、ひょっとすると、この編成に何らかの問題が発生したことで、8600系E3編成を増備するということになったのかもしれない。

そうならば、1093M、1092Mが平日8000系L編成5連で運用されること、6Mからの運用が1往復8000系だったのが全日8600系運用となったこと、そして、多客期に1編成8600系(G車2両)運用となったことも理由がつく。

一方で、(仮称)2700系気動車の製造も始まったという情報もあるが、JR四国は経営の厳しい中で、ぎりぎりの運用をしているものだなあ、と思う。

↑このページのトップヘ