かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(55歳)です。

カテゴリ: お出かけ・旅

2018-07-29 (1)

昨日の東京から松山間の航空機欠航で、多大な労力を強いられたわけだが、さらに、「払い戻し」という作業が残っていた。

これらは、平時からそれなりの知識を持っていれば問題ないのだが、結局のところ、このようなバタバタしたときに電話をして「つながらない」ということになるのであろう。

で、昨日来、チケットの払い戻し方法についていろいろと模索したものの、昨夜の状況では、「払い戻し」の項目が出てこなかった。

それが、今朝になって「一度、松山空港へ行く必要があるのかなあ、台風近づいているし面倒だなあ」と思って、ふとサイトを見ると、なんと「払い戻し」の項目が出ている。

というわけで、無事「払い戻し」終了。

上図のとおり書かれているのだから、まさか、それ以上の引き落としがあるとも思えない。
ちなみに、過去の経験上、現時点で既に引き落とされている場合は、クレジット明細表ではなく、直接クレジット引き落とし通帳に入金されているようである。

これで、今後の「万一」の時も気が楽になる。

何しろ、次の出張は「210日」と言われ、台風が最もやってくることが多いと言われる「9月1日」だからなあ。

それにしても、7月のJALの欠航は2回3往復だと思うのだが、その2回とも「当事者」になったとは・・・

そして、次回が「210日」か。

今日午前のジェットスターが5時間遅れということだったが、それでも23時までに到着してくれれば何とかなるものの、今日の東京便は、その時刻だけ、JALもANAも霧のため到着できず、そのまま欠航。

ANAはとっとと東京へ引き返し、JALはしばらく旋回していたが、結局引き返し、ただ、同機と同じく旋回していた大阪便は、その後着陸したようだし、後続の後続便は着陸したから、結局私が乗ろうとした時間帯だけが、ダメだった。

さらに、後続便は全て満席。

まあ、今日、明日とかずまるはいないし、別に明日でも仕事上は問題ないから、明日の2便を再予約。

今日も2便を予約していたら・・・という「後の祭り」は、この際考えないこととしよう。

仕方がないから、今日はこれから走ってこよう。

2018-06-25

(大会サイト)

昨日、エントリーの封書がやってきた。

まあ、正直なところ、ハーフマラソンの部は、ここ2年10分以内に「タイムアップ」しているから、本当にエントリーを狙うならば、来週月曜日に11時から12時までの1時間休暇をとる必要がある。

一方で、大会当日は、かずまる宅へ出かけるという可能性が払しょくできないわけで、その意味で、今回の大会に「あまり乗り気でない」という状況にもなっている。

いっそ、抽選に持ち込んで「事態の先送り」をしようか?とさえ考える。

どうしようか・・・と、あと1週間悩むしかない。

088093f2


第32回今治シティマラソンは10月7日(日)という3連休のど真ん中に開催されるらしい。

一方、3連休といえば、9月に2週連続、そして1週飛んで10月の3連休となっている。

このあたりの3連休で、妻が「日光に行きたい」と言い始めたわけだが、今年は新しい職場ということもあり、9月は「正直危ない」ため、10月の3連休に敢行しようと考えていた矢先の「今治シティマラソンとのバッティング」となったわけだ。

ただ、よく考えたら、大学といえば、どうも「祝日に講義のある場合がある」ことだ。

事実、義甥の場合、GWの祝日は大学があったらしい。

それを考えたら、無理をして3連休に出かける必要もあるまいという考え方も出てきた。

さらに、後期の講義が前期と同様とは限らないが、かずまるの場合、月曜日は午前中休講になっているから、早朝日光を出れば、午前中に帰ってくることも可能であり、さらに私は成田空港から帰ることもできる。

だめなら、また別の場所を考えれば良いし。

というわけで、第32回今治シティマラソンの「あのエントリー合戦」に今回も参加する可能性が出できた。

2018-06-17 (1)

(大塚国際美術館サイト)

今年になって、妻が「徹底的に遊びモード」に入っている。

5月は、「箱根・岡田美術館」と「西武ライオンズ球場(正式名称は違うが)国際バラとガーデニングショウ」へ出かけた。

で、6月は22日(金)と23日(土)が休暇になったことで(日~火が通常3連休のため)5連休になったことで、「沖縄へ行こう」と言い出した。

それは、私の方が許されないことであるので、以前から妻が行きたいと言っていた「大塚国際美術館」へ行くことで決着。

まあ、金曜日に休暇をとって、1泊2日で出かけ、帰りに「今治の実母のお見舞い」をすれば、日曜日はランニングができるという「安易」な考え方もある。

まあ、今年度に関しては、「仕事のメインは来年度だから、職場の行事上で危ない日さえ外せば、休み放題」という「ありがたい職場」であるため、とりあえず、今年度はそれなりに遊ばせてもらおうと考えている。

ただ、ひとつ「気がかり」なのは、この付近へ行くのは23年5か月ぶり、つまり阪神淡路大震災の2日前以来となること。

20180521_140219

昨年12月26日の当ブログで、次のとおり書いてみた。

なんのへんてつもない「堀之内にあるマンホール」

ただ、昼休みにここを通ると、どうしても思い出すことがある。

それは、京成電鉄京成本線「臼井駅」。

それが、この画像である。

6425f79e

まあ、なんとも・・・というお話である。

↑このページのトップヘ