かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学3年)」の父(57歳)です。

カテゴリ: お出かけ・旅

20190418_202010

第58回愛媛マラソン逃避旅行で2月7日(金)から9日(日)の東京旅行が決まっているのだが、それとは別に翌週2月14日(金)に東京出張が入り、後泊することが確定した。

宿泊場所は、羽田空港直通便のある都営浅草線がよかろうと、昨年の同出張では東銀座駅近くのホテルに宿泊したものだが、今回は浅草橋駅周辺のホテルの予定。

当然ながら(多分前週に引き続き)かずまると夕食会ということになりそうだ。

で、秋葉原周辺のレストランを物色していたら、次のような店を見つけた。

■飲み放題 ※2時間制、30分前ラストオーダー
<自社直輸入 厳選樽生ビール>
 ・ホフブロイヴァイスビア(ドイツ)
 ・シェンコビニペール10(チェコ)
 ・キリン一番搾り(日本)

※+1000円で樽生ビール3種→10種へアップグレードが可能です。

多分、3種で十分だと思う。(他の酒類もあるし)

20191226_151523 - コピー

次回愛媛マラソンDNSということで、悔しいから2月7日(金)と9日(日)に「爆星」を予約している。(キャンセルはできないが変更のみ可能)

で、更に2日間東京のホテルも予約している。(現在のところキャンセル可能)

そのうえで、当然ながら、かずまると会う予定でもある。

というわけで、今のところ「電気毛布」を持ち込んで、かずまる宅へ泊るという選択肢もある。

そして、宿泊代相当額を夕食へ割り振ろうではないか。

その場合の予定。

2月7日(金)18時半頃かずまる宅最寄駅到着予定だから、その日はその界隈で夕食。

2月8日(土)は午前中ジョグの後、午後「六本木ヒルズの例の鉄道展」に出かけて、夕食をとって帰宅。

2月9日(日)は未定だが、帰宅予定。

さらに、2月14日(金)の東京出張の後泊で、かずまるを東京に呼んで夕食会。(私は東京泊)

そして、かずまるは2月下旬に帰省してくる予定らしい。

DCIM0138

「爆星」のおかげで、かずまる宅へ出かける場合は、例えば、来年2月の「愛媛マラソン逃避旅行」の場合、14000円で往復できる。

というわけで、例年5~6月と10月頃に妻とかずまる宅へ出かけているわけだ。

ところが、来年は現時点で確認した結果、5月のGW以降「火、水、木」の運行がなくなっている。

これは困った。

通常、妻と出かける場合、仕事の都合で、「私が金曜最終→月曜最終」「妻が土曜最終→火曜最終」なのだが、つまり復路便がなくなってしまった。

これは、ある程度早めに対応していれば、羽田空港経由の「ウルトラ早割」を使えば、10990円程度で移動はできるが、いずれにしても、価格は上がる。

これが、大変困ったことになるのが、実は「東京パラリンピック」である。

私は、現時点では8月29日(土)から9月2日(水)の行軍を予定しているが、これまた復路便がないということになる。

こちらは、9月2日(水)ということが確定しているから、羽田空港経由の「ウルトラ早割」を今から予約する方法もあるわけだが、それにしても・・・という状況だ。

DCIM0020

来年2月14日(金)に今年度最後の東京出張がある。

ちなみに、旅費が先方持ちだから、「最終便がある限り当日帰れ」という奴である。

ただ、「松山便は羽田空港の一番奥から出発するから、時間がぎりぎりになる」「今回は、当該出張の内容が佳境を迎えるから、会議の後に質問をさせんつもりかい?」に追加して、「私は現在心臓疾患で2か月後に心臓手術する予定だから、万一交通機関に遅れが発生しても走れない」という屁理屈を並べてやるつもりである。

だが、多分切り札は次の内容だろう。

●日帰りの場合、往路13690円、復路19190円で、合計32880円。

●総武本線浅草橋付近にあるホテルのパックツアーならば、現在28800円と、泊付きの方が安い。

しかも、この浅草橋の場合、羽田空港から(便によっては)乗り換えなしで移動できるし、出張会場も1回乗り継ぎで行ける。

さらに、かずまるを夕食に呼んだ場合でも、御徒町あたりで食事をすれば、秋葉原から同じ電車に乗って帰れる。

というわけで、「至れり尽くせり」になりそうな予感である。

DCIM0020

次回愛媛マラソンDNSということで、大会前々日の金曜日から大会当日まで、松山~東京成田空港間ジェットスターを予約している。

当然ながら、宿はかずまる宅を予定しているのだが、万一かずまるが不在のときはどうしようか?という不安はあった。

ところが、そうこうしているうちに、妻が「大会エントリー料は?」と言い、当然ながら「ムダになった」というと、「工面してあげようか?」という大変ありがたいお言葉をいただいた。

ちなみに、愛媛マラソンと坊っちゃんマラソンを入れると、1万5000円程度の「ムダ」になるわけだ。

一方、そのころの東京といえば、当然ながら「受験シーズン」でもあり、「金土」という、東京では当初1泊1万円は下らない宿泊料金のホテルしかなかったものだ。

だから、1泊はカプセルホテルででも・・・と思っていたら、ここへきて1泊7000円(食事なし又は1泊朝食付)のホテルがいくつか見つかった。

というより、多分、神田付近のいつもの出張時のホテルを考えるから高くなるわけで、ちょいと離れれば、いくらでも(過去宿泊した同系列ホテルも含めて、まだ)ありそうだ。

それどころか、なんだか見覚えのあるホテルだと思ったら、3年前にかずまる受験の時に宿泊したホテルだったし・・・もっとも、これは、帰宅翌日インフルエンザ発症したというオマケがあるが。

さて、そうなると、かずまるは東京にいないわけで、完璧な「私だけの時間」となるから、当然ながら(天気にもよるが)1日好きにゆっくりとジョギングするのもよかろう。

と思ったら、やんやんさんのブログにおもしろそうなコースがあった。

2019-12-04

隅田川テラスを行軍するのは3年ぶりになるが、当時は「工事」の真っ最中だったし、あれから変わったのだろうかねえ。

万一、天候が悪ければ、例のランステを拠点にして、シューズを借りれば良い。

ちなみに、翌週の2月13~14日には東京出張がある。

こちらは、先方が旅費を支出するため、「可能な限り最終便で帰れ」という制度だが、前回は「松山行は最も遠いところから出発するため、ぎりぎりであること」「パックツアーで宿泊した方が安くなる」という屁理屈で宿泊を認めさせたが、今回はそれに加え「私は心臓疾患で、その2か月後に心臓手術をする予定なので、万一交通機関に遅れが出ても、急ぐことができない」という屁理屈を並べる予定。

いずれにしても、色々な選択がありそうだ。

99918

東京へ行くたびに、結構秋葉原の牛かつの店に出かけるのだが、牛かつそのものの味も、今年5月に出かけた際は「店舗名には飽きたから、別の店に行きたかったが、行ったら味が良く、満足した」状態で、結局今年7月に東京出張の際もかずまると出かけたものだ。

で、解らないのは、その店のビールの価格。

初めて行ったときは、「最初の1杯が290円で、2杯目からは550円(位)」だったのが、その後出かけたら、 2杯目以降も290円で、店員さんに確認したら、「私が働き始めたときからこの価格です」と言われたものだ。

それが、今年3月の「宇宙戦艦ヤマト2202最終章」上映前にこの店に来たときは、ビールが1杯目から550円になっていたが、「今までが安すぎるわ い!」と妙に納得したのだが、今年のGWの東京・千葉行軍と7月の出張の際はなんと、再び何杯飲んでも(1杯)290円になっていた。

これほど、(料理も旨いのだが)ビールだけで、これだけ話のネタができる店というのも珍しいものだ。第一、3杯飲んでも1,000円を超えない店って?し かも、東京のど真ん中で・・・

20181014_164743

六本木ヒルズで開催されているらしい。

「タビリス」では、「国鉄時代や民営化初期を知る「おとなの鉄道ファン」には刺さりそうです。」と書かれている。

この手のイベントは、あんまり関係ないしなあ、と思っていたら、会期が「12月3日から2020年3月22日の約3カ月半」ということで、愛媛マラソン逃避旅行で「行くことは可能」らしい。

うーん、行ってみたい。

↑このページのトップヘ