かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(56歳)です。

カテゴリ: お出かけ・旅

20181016_160258

昨年から年2回は妻と一緒にかずまる宅へ出かけようとしているわけだが、実は妻と一緒に航空機に乗ったのは、昨年来初めてだった。

理由は明確で、要するに妻が土曜日出勤で、日・月・火が休日で、私と休日が合わないからである。

●昨年2月のかずまる受験時・・・妻が月・火・水と泊まって、木曜日に帰宅、その日に私が最終便で東京へ行き、木・金・土・日と宿泊、ちなみに、キャリーバックは木曜日に東京→松山→東京と大旅行をしたものである。

●昨年3月末のかずまるの引っ越し・・・私が金曜日最終便でかずまると来て、私は日曜日に帰宅、妻は土曜日最終便で来て、火曜日に帰宅

●昨年6月、昨年10月、今年5月・・・私が金曜日最終便で来て、私は月曜日に帰宅、妻は土曜日最終便で来て、火曜日に帰宅

だから、成田空港第3ターミナルへ行く630メートルの通路を「ちんたら」歩いたのは初めてである。

なにしろ、毎回「成田ダッシュ」との闘いだったからなあ。

ちなみに、今回の「成田ダッシュ」なのだが、ちょいと様相が変わった。

成田空港到着はほぼ定刻の20時22分、そこからバスで成田空港第3ターミナルへ行ったわけだが、トイレに行って荷物を取りに行くと、既に荷物の受け渡しが始まっており、すぐに荷物がやってきた。

そうなると、当初はゆっくりと21時04分発の電車で行く予定だったのだが、そうなると、どうしても「本能」として、1本前の20時41分の電車に乗りたくなる。

結果、結局630メートルを4分弱を走り抜け、電車到着3分前にはしっかりとホームにいた。

ああ、「本能寺の変」というわけか?

ちなみに、次回の行軍は来年5月に出かけ、かずまる専用機等をWindows10バージョン1803から1903への1段飛ばしアップデートをしなければならないのだが、実は妻から「来年GW10連休にはかずまる宅へ(かずまるがいようといないと)そこを拠点にして、遊びまわる」というプランができている。

20180723_073723 - コピー

明日夕方、かずまると念願の「千葉ビール園」へ出かけることになっている。


ああ、過去2回蹴られただけに感慨深いものがある。


で、明日は西国分寺駅から新習志野駅まで移動するわけだが、ここでちょいと面白い現象がある。


普通に考えると、中央線は東京から千葉まで一直線で突っ切るイメージがある。なによりも、新宿を過ぎると八王子付近まで「日本で3番目の一直線区間」である。


だが、新習志野駅となると、ちょいと事情が異なる。


中央線快速で、西国分寺17時17分発の電車に乗って、東京から京葉線に乗り継ぐと新習志野19時01分着、対する武蔵野線直通は西国分寺17時16分発、新習志野18時43分着。


話にならん。


また、御茶ノ水乗り換え、津田沼をめざすと津田沼18時44分着、対する武蔵野線は西船橋乗換18時46着と前述の1本の違いで、正直乗換がないことと、先日の経験上、武蔵野線は半環状構造のため、乗客の出入りが激しく、途中で絶対に座れるという確信がある。

一方、中央快速は、乗客の流れを見ると経験上、三鷹までには絶対座れる確信があるが、お茶の水から再び立つことになるのは間違いないし、着席を期待するなら、三鷹乗換で津田沼18時56分着となる。(というより、絶対に座れるなら12分を犠牲にしますわ。)


いずれにしても、なんで、一直線の中央線よりも、半円を描く武蔵野線の方が早いのかなあ、という気がしないでもない。

2018-08-28

(米海軍天気予想)

来週月曜日から水曜日まで、三度東京の西方の研修施設に入る。

このため、またまたかずまる宅に今週末の土日、そして、来週9月5日(水)に泊まりに行く予定である。

今回も、「210日」の最も台風が来やすい時期だからなあ、と思っていたら、やっぱり「来たよ」。

ヨーロッパでは、9月6日に奄美大島の北側という予想もある。

まあ、今現在で「どうすることもできない」わけなのだが、それにしても、今年の3回の東京出張全てが「航空機が飛ぶかどうか?」という「いらぬ気を遣う」必要がありそうだ。

2018-07-29 (1)

昨日の東京から松山間の航空機欠航で、多大な労力を強いられたわけだが、さらに、「払い戻し」という作業が残っていた。

これらは、平時からそれなりの知識を持っていれば問題ないのだが、結局のところ、このようなバタバタしたときに電話をして「つながらない」ということになるのであろう。

で、昨日来、チケットの払い戻し方法についていろいろと模索したものの、昨夜の状況では、「払い戻し」の項目が出てこなかった。

それが、今朝になって「一度、松山空港へ行く必要があるのかなあ、台風近づいているし面倒だなあ」と思って、ふとサイトを見ると、なんと「払い戻し」の項目が出ている。

というわけで、無事「払い戻し」終了。

上図のとおり書かれているのだから、まさか、それ以上の引き落としがあるとも思えない。
ちなみに、過去の経験上、現時点で既に引き落とされている場合は、クレジット明細表ではなく、直接クレジット引き落とし通帳に入金されているようである。

これで、今後の「万一」の時も気が楽になる。

何しろ、次の出張は「210日」と言われ、台風が最もやってくることが多いと言われる「9月1日」だからなあ。

それにしても、7月のJALの欠航は2回3往復だと思うのだが、その2回とも「当事者」になったとは・・・

そして、次回が「210日」か。

今日午前のジェットスターが5時間遅れということだったが、それでも23時までに到着してくれれば何とかなるものの、今日の東京便は、その時刻だけ、JALもANAも霧のため到着できず、そのまま欠航。

ANAはとっとと東京へ引き返し、JALはしばらく旋回していたが、結局引き返し、ただ、同機と同じく旋回していた大阪便は、その後着陸したようだし、後続の後続便は着陸したから、結局私が乗ろうとした時間帯だけが、ダメだった。

さらに、後続便は全て満席。

まあ、今日、明日とかずまるはいないし、別に明日でも仕事上は問題ないから、明日の2便を再予約。

今日も2便を予約していたら・・・という「後の祭り」は、この際考えないこととしよう。

仕方がないから、今日はこれから走ってこよう。

2018-06-25

(大会サイト)

昨日、エントリーの封書がやってきた。

まあ、正直なところ、ハーフマラソンの部は、ここ2年10分以内に「タイムアップ」しているから、本当にエントリーを狙うならば、来週月曜日に11時から12時までの1時間休暇をとる必要がある。

一方で、大会当日は、かずまる宅へ出かけるという可能性が払しょくできないわけで、その意味で、今回の大会に「あまり乗り気でない」という状況にもなっている。

いっそ、抽選に持ち込んで「事態の先送り」をしようか?とさえ考える。

どうしようか・・・と、あと1週間悩むしかない。

↑このページのトップヘ