かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学3年)」の父(57歳)です。

カテゴリ: お出かけ・旅

20200215_092055

「東京オリ・パラ」が流動的ということはあるのだが、東京パラリンピックの行軍以外の令和2年度の東京方面行軍予定。(出張・旅行ともにまだ未確定)

・5月~6月に妻とかずまる宅行軍予定(下の出張に合わせる可能性あり)

・6月に2回東京出張(東京都内1回と東京の西の方の研修施設1回)

いずれにしても、かずまるの運転免許証書換で5月~7月初旬の間に一度帰省あり。

・8月29日~9月2日に東京パラリンピックでかずまる宅行軍(流動的であることは前述のとおり)

・10月下旬に東京の西の方の研修施設出張

・10月頃にかずまる宅行軍(あるいは10月出張に合わせる可能性あり)

・1月最終週又は2月第1週に東京都内出張(但し、万一2月第2週になったら職場の誰かを代わりに行かせる)

あと、11月末又は12月末に東京の西の方の研修施設出張も企んではいるが、こちらはまだ「研修のための大義名分が浮かばない」状態。

いずれにしても、東京の西の方の研修施設出張では、かつての同僚と再会したいものである・・・って、かなり仕事を「なめとる」なあ。

ぺろん!

20200209_150712

かずまるが明日下宿先へ帰る。

現在大学3年ということで、大学院に行くのか?それとも就職活動をするのか?現時点では解らないのだが、解っているのは、運転免許証書換えで、5月下旬から6月末までの間に一度は帰省することくらい。

あとは、年末は帰省するのだろうが、夏休み期間中も不明。

だから、こちらから、かずまる宅へ出かける回数を増やすことを考えている。

(例の問題で本当に開催できるのか?不明だが)8月末から9月上旬に「パラリンピック」見物に出かけることは(ほぼ)確定。

それから、私が(術直後は控えた方がよいから)再起動する直前頃と、11月上旬に出かけることも視野には入れている。

これで3回。

出張に関しては、(ないとは思うが)転勤がなければ、(確定しているのが)6月中旬と来年2月頃。(後者は次回愛媛マラソン2日前の場合は、私は係の誰かに行かせる予定。ただ、最悪(東京と大阪で)2つの出張が大会2日前に開催される可能性が「ゼロ」ではない。(今年は2つの会議がともに2月14日(金)だった!)もちろん、私が2つの会議に同時に出ることは不可能だが、その場合、2人に行かせることが可能なのかどうか?東京側は来年2月12日(金)ということはないと思うのだが・・・)

あと、例の東京の西の方の研修施設へは2回を予定。今年は、多分五輪期間中の研修は「ない」とは思っているのだが、さて?

いずれにしても、5月下旬から6月下旬にかけて、「かずまるの帰省」「6月の東京出張」「かずまる宅行軍」が交錯するのだろうが、いずれにしても、かずまる宅行軍については、まずは「ちょうど2か月後にある手術」が終わってからなのだろう。

20200215_092049

今のご時世、松山から東京へ出張するとき、新幹線を選択する者はほとんどいないとは思う。

そういう私は、昭和63年の初めての東京出張では往復とも寝台特急を利用して、上司に怒られたものだ。

で、現在の職場に「隙あらば、私事旅行制度を活用して、東京往復を新幹線移動する」後輩がいる。

具体的には、金曜日の午後に会議がある場合、前日午後休暇をとって、新幹線移動し、日曜日に帰ってくるわけだ。

もっとも、そういう私は、その私事旅行制度を活用して、しっかりとかずまる宅行軍をやっているわけだから、文句は言えまい。

ただ、私がさすがに新幹線を利用する気になれなくなったのは、やはり1年半前の「台風で航空機が欠航して、新幹線での帰路を余儀なくされたものの、東京→福山をB席移動は、さすがに疲れた」ことが大きいし、今の私は、「さすがに新幹線と航空機の時間の差があれば、その間運動をしたい」という「別の趣味」が出てきたこともある。

まあ、多分この「走」が一番大きいのだろうとは思う。

20200214_121948

先日の出張先は、例の国立感染症病院の近くだったわけだが、この場所は、更に別の「面」もある。

この場所は、新宿区にある「山手線内最高峰の場所」で、都内では有数の「いわくつきの場所」でもある。

20200214_121128

まあ、昨年の出張でも、昼休みにここへ何度か来たこともあるし、なによりも、この猫を見ていると、少なくとも昼間は特に問題はなかろう。

ちなみに、この猫は、カラスが苦手なようであった。

20200214_103925

秋葉原といえば、「パソコンパーツの物色」か「鉄道模型の物色」になるわけだが、どちらも終焉を迎えつつある。

というのも、「パソコンパーツの物色」については、我が家でメモリ等を増備できるパソコンがなくなってきたし、なによりもさすがに古い物件がなくなってきたこと。

特に、PC2-6400の2GBメモリが「根こそぎ」なくなっていたのが、ショックであった。これについては、現在も通販ならば、税・送料込み1300円程度での購入は可能ではあるが、そもそも、わざわざ購入して、増備先がかずまる宅ならば、その必要性についても「?」がつく。

さらに、今後はSSDへの転換が始まるのだろうが、SSD程度になると、通販で送料無料になることを考えると、わざわざ秋葉原で購入しなくても・・・ということになるわけだ。

確かに、以前HDDの物色をしていたころは、確かに秋葉原では容量と価格を考えると「格安」だったことはあるが、如何せん「爆星」の重量問題で購入を断念したこともある。

今のところ、SSDに関しては240GBで十分だと思っているから、かつてのHDDのような価格と容量で店頭販売と通販の差額を感じないわけだ。(そのうち、容量問題は出てくるのだろうが・・・)

一方の「鉄道模型の物色」については、旧国鉄車両のジャンク物件は「ほぼそろえた」こともあり、JR系への移行を考えると、ジャンク物件の価格と編成を考えると、まずは計画性を持ってM車を購入してから、ということになるから、今現在購入する物件がないわけである。(もっとも、今回3両購入はしたが・・・)

返す返すも、3年前に見つけた187系気動車1両を購入しておくべきだったかな、とは思う。

20200214_115522

国立感染症センターの近くへ。

だからと言って、感染するわけはないのだが、とりあえず、有名スポットへ。

で、先程、かずまると夕飯をとって、私は秋葉原近くのホテルへ宿泊。

明日、昼過ぎに帰ります。

20200208_085301

先般の愛媛マラソン逃避旅行では、2月8日(土)に久々の「鉄三昧」をやってきた。

まずは、朝7時30分頃から、早朝ジョグ。

総武本線幕張本郷駅裏手から幕張車両センター沿いに走っていると、E257系2000番台特急踊り子転用編成、そしてその前を成田エクスプレスが通過。

20200208_085503

幕張車両センターのE257系2000番台と同500番台。

500番台も内房線等の特急減によって余剰車両が2500番台として特急踊り子への転用が決まったらしい。

そうしてみると、185系電車の附属編成5両とE257系の5両というのは、なんとなく運命を感じるものがある。(もっとも、特急ではないが、211系車両も5両1編成だったなあ。)

20200208_090734

幕張車両センターのE217系。

これらも、山手線に投入されているE235系への置き換えが決まっている。

20200208_094317

新京成電鉄新津田沼駅へ戻って、津田沼一丁目公園にあるK12型蒸気機関車。

この公園にある134号は陸軍演習線(現在の新京成線 津田沼~松戸間)を実際に走っていらしい。

20200208_095011

新津田沼か駅から総武本線をアーバークロスし、京成津田沼へと向かう間の京成電鉄。

この京成津田沼駅、新津田沼駅、JR総武本線津田沼駅のあたりは、実に鉄道模型的な雰囲気満々である。

20200208_130524

そして、午後は、六本木ヒルズで開催されている「天空ノ鉄道物語展」へ。

なかなかマニアックだということだが、さて・・・

20200208_132222

これが、かつての寝台列車トワイライトエクスアプレスのダイナープレアデス。

かつて、大阪駅北西にある研修施設に何度か出かけたときには、昼休みに大阪駅へ出かけ、何回か見に行ったものだが、ついに一度も乗車することはできなかった。

20200208_132318

新幹線の鉄道模型。

我が家には、新幹線はE5系はやぶさ編成10両しかない。

20200208_135411

これは、なんと段ボールでできた機関車。

そういえば、段ボールでランボルギーニを作った方もおられましたな。

20200208_134157

JRの旅客6社とJR貨物の計7社協賛とあって、ずらりと並んでいるわけだが、JR四国からは、やはりアンパンマン列車の情報提供で、パネルや鉄道模型なども展示されており、これらは子ども達らは結構受けていた。

20200208_140951

こちらは、Nゲージでは全くお話がないが、プラレールにはあったJR四国8600系。

ちなみに、四国中央市の方がE257系500番台から改造しておられるらしい。

20200208_135027

六本木ヒルズから東京タワーを眺めてみると・・・

20200208_145058

おまけ。

かずまるとは、夕食会を予定していたため、あまり食べるわけにはいかなかったのだが、15時頃になって、やっぱりおなかが空いたため、軽食ということで。

↑このページのトップヘ