かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学3年)」の父(57歳)です。

カテゴリ: スポーツ

20191122_122538

今月の走行距離は173キロで、できれば今月あと39キロは走っておきたいところである。

理由は、来年3000キロが絶望で、今年の11年連続をもって記録が途絶えることもあり、今年は年間走行距離3000キロ超に乗せておきたいからで、そのためには、あと39キロで2800キロになるから。

だが、今日は天気がよさそうだが、明日は「雨」ということで、最悪ランニングマシンで10キロ程度にランという可能性があるから、できれば今日25キロ程度走っておきたい気もする。

ただ、自分の体調を考えれば、最近の21キロ試走程度が限界かな?という気がしないでもない。

一応、来週土曜日も11月なのだが、来週の平日は仕事の都合上最悪ノーランも考えられるところで、明日日曜日の「雨」は最悪の事態でもある。

ちなみに、昨年の11月~12月の25キロ以上走った日は次のとおり。

2018.11.03(土) (25・0キロ)粟井川:2時間02分13秒(1300晴:20・2℃)
2018.11.10(土) (25・0キロ)粟井川:2時間02分13秒(1400晴:20・0℃)
2018.11.17(土) (30・0キロ)河野川:2時間26分01秒(1400晴:20・2℃)
2018.11.23(金) (30・0キロ)北条:2時間27分22秒(1330晴:11・8℃)
2018.12.08(土) (30・0キロ)河野川:2時間23分15秒(1400晴:6・9℃)
2018.12.15(土) (25・0キロ)粟井川:1時間59分28秒(1400晴:11・4℃)
2018.12.22(土) (25・0キロ)粟井川:2時間00分01秒(1400曇:15・5℃)
2018.12.29(土) (25・0キロ)粟井川:1時間59分44秒(1400晴:5・5℃)

12月1日が坊っちゃんマラソン(ハーフマラソン)だから、それにしてもよく走ったものだ。

まあ、今は単に体重維持だけを考えれば良いわけで、一方で、先日の帰宅後ランでは、キロ5分30秒で走れたことを考えると、「焦る必要はない」と言い聞かせながらも「焦る自分がいる」ことも事実である。

20191121_123449

なんとなく、平日に1日くらいは地面を試走しないと「禁断症状」が起こりそうなので、昨夜は帰宅後ラン。

とりあえず、自宅周辺をゆっくりと、ぐーるぐーるのはずだったのだが、なんとなくキロ5分30秒くらいで走ってしまった。

  15:360:05,37
  25:230:11,01
  35:260:16,27
  45:440:22,11
  55:300:27,410:27:41
  65:290:33,10
  75:360:38,46
  85:240:44,11

うーん、特に体調不良もないようだし、これだったら、サブ4狙えるのでは?と思いながらの行軍ではあったが、これは、多分「万一の時でも、すぐにでも帰宅できる」という「保険」があったからなのだろうなあ、とは解っている。

まあ、次回愛媛マラソンは「我慢」して、第59回愛媛マラソンで、「サブ3・5が狙えない状態だったとしても、そのときにサブ4を狙いに行けば、第60回愛媛マラソンの当選確率が上がる」と言い聞かせるしかないのだろう。

それよりも、次回「坊っちゃんマラソン」をどうするか?今日現在も決めかねている。

多分、大会当日朝まで悩むのだろう。

20191120_122354

昨夜はジムトレ。

「1セット当たり20回で」腹筋を6セット、胸を6セットした後、ランニングマシンで5キロ30分。

さて、最近頻拍はほぼなくなったものの、心臓からの信号はあいかわらず。

ときおり、信号の後、頻拍へ行きかけて、そのまま収まることもあるのが、気になるところ。

ともかく、あと5か月少々先というのが、どうにもいらいらするところ。

79562

【第8回】27キロから始まる「意外な盲点となる復路北条一直線コース」

重複区間が終わり、2回左折して、再び国道196号に戻り、いよいよ後半を迎える。

風の問題については、第5回に述べたとおり。

ここからは、天井川等の微妙なアップダウンで、ボディブロウにならない走りが必要となる。

いずれも大した標高ではないし、勾配も緩やかではあるが、30キロ前後になると、これが結構「坂」を感じるようになる。

要するに、この微妙なアップダウンをボディブロウと思うか?変化があって良いと思えるか?が終盤に控える「復路平田の坂」が攻略できるかどうか?ともなる。

なお、以下の標高は地図上でのものであり、道路上の標高かどうかは(平田の坂がそうであるように)不明。

・28・4キロの河野川(約6メートルの上り)大した坂ではないが、なにぶん28キロを過ぎたあたりから、徐々に迫ってくるから気になる。ちなみに、私の場合30キロ試走をしたら、この河野川で折り返しをすることになるから、みの坂を見ると「ああ、戻ってきた」と思える。

・29・2キロの高山川(約5メートルの上り)

・30・2キロの扇状地の岬のような上り(約4メートルの上り)たいしたことのない坂なのだが、なにぶん道路が若干高架になっていることから、視覚的に「坂」に見える。

・31・6キロの粟井川(約3メートルの上り)復路はたいした上りではないが、往路は結構のぼった記憶があるはず。できれば、その記憶は忘却していた方が良い。ただ、川を過ぎると、かなり(往路と逆なので)下る。

そして、いよいよ31キロを過ぎると、前方に「復路山岳区間である粟井坂」が見えてくる。

そして、その手前が32キロであり、フルマラソンは当然ながら「ラスト10キロ」を迎える。

だが、愛媛マラソンは、そこから「5キロにわたる佳境」を迎えるわけである。

20191115_123544

昨夜はジムトレ。

本当は通院のため、午後から休暇をとって、その後帰宅後試走をする予定だったのだが、あいにく雨が降り始めたため、ジムトレに変更。

「1セット当たり20回で」腹筋を6セット、胸を6セットした後、ランニングマシンで10キロ65分。

キロ6分27秒とはいえ、ランニングマシンで1時間以上走るのは、想像以上に精神的なダメージを受ける。

ま、要するに「単純作業」に耐えられないということだ。

ただ、あるいは、来年の夏場長距離試走の練習をする際は、早朝行軍か?あるいはランニングマシンで2時間ということも選択肢としてあり得るのだろう。

20191113_122809

第58回愛媛マラソンのDNSは確定しており、第59回大会に全てを賭けることになりそうだ。

そこで、実は先日来「やんやん氏」のブログが役に立っている。

というのも、氏は私よりも3歳年下、術日は氏の2年後の2日前、フルマラソンベストはネットタイムで1秒差、ハーフマラソンベストはグロスタイムで8秒差。

これ、運命的な出会いを感じましたわ。(もっとも、氏は多分短い距離だとスピードがありそう。)

その氏のサイトを見れば、自分の術後の運動開始状況などが「ほとんどリアル」に確認することができる。

そのうえでの不安材料。

それは、スピードは比較的早い時期に回復しているようだが、やはり距離耐性に問題がありそうだということ。

つまり、昨年11月のフルマラソン3時間45分はともかくとして、今年2月のフルマラソンで、ぎりぎりネットタイム3時間30分を数秒切った状態であることだ。

実際、昨シーズンは、なかなか本来の力を出せず、今シーズンになってようやく「術を忘れた」状態らしい。

そのような中で「一発勝負」をすることになるわけだ。

そうなると、来シーズンこそは、中途半端な練習はできない。

つまり、短い距離でのスピード練習と、ペースを落としての距離走をきっちりとしなければならない。

来年も今年と同じ職場環境だとすれば、練習再開の7月頃は日没が遅いから、平日はスピード練習をして、8月末にはなんとか5キロ22分30秒を切れるようになりたいものだ。

そして、暑い時期にどうやって距離走をするべきか?これは、あるいは、早朝、高浜(東側に山がある)あたりを走るということも考えられる。

東京五輪のマラソン騒動よろしく、土曜日の早朝にゆっくりと距離走をして、こちらも9月には、キロ5分30秒以内で20キロを走れる体力をつけたいものである。

という皮算用をしているわけだが、そうなりますように!と信じるしかない。

20191117_153240

2019/11/17予讃線三津浜~伊予和気間24M

今月の走行距離150キロ到達。

実際には、走ったのか?早歩き程度なのか?それはともかくとして、今は体重増加阻止という意味では重要な「行軍」であると信じている。

まずは、朝8時過ぎからジムトレ。

「1セット当たり20回で」腹筋を12セット、胸を12セット、背中を6セット、お尻を6セットした後、一旦帰宅し、15時過ぎから試走。

  16:200:06,21
  26:110:12,32
  36:090:18,42
  46:270:25,09
  56:210:31,300:31:30
  66:350:38,05
  76:290:44,35
  86:320:51,08
  96:300:57,39
  106:261:04,060:32:35
  116:331:10,39
  126:291:17,09
  136:361:23,45
  146:301:30,16
  156:271:36,430:32:38
  166:081:42,52
  176:151:49,08
  186:161:55,24

さて、しばらくは、このような行軍になるのだろうが、心配なのは「モチベーションが切れること」。

あと1年3か月先のことを考えて準備をし続けることができるのか?

というわけで、明日は午後通院。

主治医には、「歩いています」と屁理屈を言おう。

↑このページのトップヘ