かずまるのblog

元々は「鉄」のブログでしたが、いつしか「ラン」のブログへ移行してしまった「かずまる(大学2年)」の父(56歳)です。

カテゴリ: 愛媛マラソン

TRUN02435

愛媛マラソン対策として、私は11月以降毎週愛媛マラソンコースを走っているのですが、「少なくとも37キロまではキロ4分55秒を基本としてフルフラットペースで走る」という特殊能力(?)があるので、その「特殊能力」に同行者歓迎をします。

(1)11月3日(土祝)から12月22日(土)まで、毎週土曜日に同行者あり試走を次のとおり予定しています。
但し、12月1日(土)は「坊っちゃんマラソン」のため中止、11月第4週は金~日の3連休のため、11月24日(土)は中止し代わりに11月23日(金祝)に実施。

(2)集合場所と集合時刻・・・松山市中央通り2丁目と西環状線の交差点(愛媛マラソン4キロ地点・元ブックマート)で、基本的に14時(30キロ試走の場合は13時30分)

(3)スタート・ゴール・・・(2)と同じ

(4)注意事項・・・一応、私の試走に任意で同行される形式をとっているため、自己責任でお願いします。(つまり、「●●会」の形式ではありません。)
また、天候や私の急用等で急きょ取りやめる可能性もあります。

(5)ペース・・・キロ4分55秒前後のフルフラットを予定。(私に体力がつけば、12月以降キロ4分50秒に上げる可能性もあります。)

(6)コース・・・愛媛マラソン4キロ地点をスタートし、同6・2キロを当日行軍6・2キロとなるよう調整。これにより、往路は6・2キロ以降折り返しまで、毎週愛媛マラソンをやっているのと同じになります。また、復路は愛媛マラソン38・2キロの大川まで同コースを走り、その後は調整してスタート地点まで戻ってきます。これにより「それまで走ってきた距離は違えど、残り距離が一緒」という体験ができます。(なお、後述のとおり復路1キロ減も可能です。)

また、復路の一番苦しい時期に、練習での折り返し地点が近づけば「ああ、戻ってきたんだ」という「勇気」が出てきます。

なお、距離は25キロを基本としますが、11月に1回、12月に1回は30キロ試走をしたいと考えます。この場合、その翌週が22キロに短縮する可能性もあります。(30キロ走る日はまだ決めていません。)

●30キロ試走の場合・・・往路16キロ、河野川折り返し(折り返し付近で若干の距離調整があります。)

●25キロ試走の場合・・・往路13・7キロ、粟井川折り返し

●22キロ試走の場合・・・光洋台折り返し

なお、いずれの場合も、復路1キロ減とする可能性があります。(前回愛媛マラソン前2回の同行者あり試走会は2回とも1キロ短縮コース)

それでは、みなさん頑張りましょう。

20180826_174146

今年6月22日の当ブログで「クスノキさんの最終調整であろう(3週間前の)10月20日(土)又は翌21日(日)に25キロ程度の試走会をしようかな?」と書いたのであるが、とりあえず、次のとおり(またまた)修正します。

「10月20日(土)午後に25キロ試走をしますので、同行される方を歓迎します。出撃時刻・場所はおってお知らせします。(集合場所は、中央通と松山西環状線の交差点の予定)」

土曜日又は日曜日から、土曜日一択した以外に、どう変わったか?なのだが、それは次のとおり。

実は、「エラい」ことに気がついたのである。

結論を先に言うと、「マラソンの試走会ではなく、私の個人的な試走に変更」である。

解りにくいかもしれないので、具体的に・・・

実は、10月第2週日曜日が「今治シティマラソン」だから、それまでは、ハーフマラソンの練習をしているはず。(これ、坊っちゃんマラソンの場合は、1週間前にたいてい30キロ試走をやったりしているのだが、さすがに今治シティの場合「例年の暑さ」もあって、20キロ程度しか走っていないわけです。)

そして、その翌週は、実は「かずまる宅へ妻とでかける」予定。

その翌週に、「恐れ多くも、マラソン練習のための25キロ又は30キロのペースメーカーをやれるはずがない」わけです。

つまり、10月20日(土)は、「一応、ハーフマラソンができる体力はあると思うものの、まだまだフルマラソンを走れる体力はない」わけで、私自身が今シーズン初めて25キロ試走をする「日」なのですわ。

ですから、「クスノキさん」には申し訳ないが、25キロのペースメーカーをする自信はないが、私としても25キロをしっかりと走りたい、というわけで、同行者がいらっしゃれば「ラッキー」と思うものです。

で、なぜ、「今更かたくなに土曜日?」というのは、当然ながら、土曜日が今シーズン最初の25キロ試走なので、翌日は例年どおり、15キロ程度を序盤ゆっくりと、終盤ペースアップの練習をしたいからですわ。(あるいは「こにしさん」とのキロ4分10秒のスピード走を希望してたりして・・・)

というわけで、私の「わがまま」についてこられる方がありましたら、ご連絡ください。

2018-08-06

今日の午前0時からエントリー開始であったのだが、昨夜非常に眠かったため、今朝、無事エントリー。

いよいよ、半年に及ぶ、愛媛マラソンへの練習が始まる。

それにしても、災害義援金を追加したとはいえ、ついに1万円を超えましたな。

20180719_194729

第57回愛媛マラソン「アスリートエントリー」の案内が昨夜届いた。

ここ数年は、この招待状を見るのが苦痛だったほど、自信がなかったわけだが、今回は「やってやる!」と思う自分がある。

今はまだ、ゆっくりとしたペースでしか走れないが、距離だけはつんでいるし、さらに走り方も自分のものにしつつあるわけで、涼しくなったら、きっと結果が出せると信じている。

そして、その自信が現実となったならば、自分の体力と、「こにしさん」に感謝しなければならない。

そして、すべての方々への感謝の気持ちをもって「走り込み」をしなければならないと思う。

DCIM0116

2016年12月に、愛媛マラソン用のシューズとして購入したのだが、インフルエンザでDNS。

このため、前回大会で初めて着用し、悪天候の中、自己記録を2分10秒更新した「功労者」のひとつが、このシューズである。

だが、筑波大学鍋倉教授は「大会用シューズは多大な損傷を受けるから、次の本命レースでの着用は無理」という旨のコラムがある。

しかも、シューズそのものが、購入後既に1年半経過しており、「使用していなくても経年劣化」という意味からは、次回愛媛マラソンは、新シューズで臨むことになると考えている。

ということで、明日の「リレーマラソン」での装着も予定しているが、その後は、「秋以降の主要な走り込みの時(いわゆる同行者ランの時)」と「秋以降のハーフマラソン」での装着ということになるのだろう。

これから夏場を迎えるから、記録が期待できる練習ができるようになるまでは、このシューズの装着は控えることになるが、現在使用している2足のシューズのうち、一方がそろそろ寿命が近づいている。

そうなると、寿命が近づいている方のシューズを重点的に履きつぶし、夏場に新シューズを購入し、もう一方のシューズを(上図シューズと新シューズとの併用で)12月頃まで延命させ、12月頃に次回愛媛マラソン用のシューズを購入という「図式」ができそうだ。

今日、同サイトが更新されましたな。

-------------------------------------------------------------------
本日「第57回愛媛マラソン」の実行委員会が行われ、大会概要が決まりました。
2月10日(日)朝10時スタート 定員は1万人、制限時間は6時間です。
なんと!!2年ぶりに高橋尚子さんが愛媛マラソンに来てくれます!!

57回大会のホームページは6月末に更新される予定です。
-------------------------------------------------------------------

高橋尚子さんは、要するに「冬の五輪」と被らなければ来ていただけるわけだ。

元々、高橋尚子さんは、当初「同じ大会には出ない」という都市伝説だったにも関わらず、こうして何度も来ていただける「意味」を考えて、大会に参加させていただかなければならない。

そして、またまた、半年に及ぶ「苦楽」が始まる。

某所からの情報。

明後日に、次回愛媛マラソンの理事会が開催されるらしい。

時期的にみても、まあ、妥当なところか。(昨年は6月15日頃に発表されている。)

というわけで、6月13日(水)夜に、次回愛媛マラソンの詳細が発表される見込み。

↑このページのトップヘ